たばこの雑学

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/06/16(金)
煙のない社会を、ここ日本で


こんなスローガンを聞いたことがありますか?



これを掲げたのは、どこかの嫌煙団体でも、

はたまた、オリンピック招致を任された実行委員会でもありません。

実は世界シェア第2位を誇るタバコ会社。

あのフィリップモリス社です。



というのも、みなさんもご存じかもしれませんが、

フィリップモリス社といえば、

加熱式たばこIQOS(アイコス)

メーカーであったりもします。


そのIQOSの売り上げが好調なことから、

いずれ日本で販売するたばこ製品を加熱式たばこに絞り、

現在主流となっている紙巻きたばこ(シガレット)販売から

撤退する
ことを表明したのだそうです。


この動きは、市場や煙草に関する法律にも

大きな影響を与えると見られるのですが。。。

果たしてその展望とは?



>> 「『煙のない社会へ。。。』とあるタバコ会社主張」 の続きを読む

tag : やっぴえろのポツリと 社会運動・規制などの動き たばこの雑学

2017/06/10(土)
天皇陛下の生前退位が議論されていますが、

もし認められれば、即位と共に元号も変わることになります。



平成生まれ昭和生まれなどという表現もありますが、

元号からイメージする時代背景ってそれぞれ特徴がありますよね。



昭和は喫煙天国

平成は喫煙弾圧

やはり、煙草をめぐる環境も大きく様変わりしたように思います。


実はその急流とも言えるような流れを作った動きとして、

昭和50年代に起こった嫌煙権起訴という民事訴訟があります。


結果的に裁判では嫌煙権こそ認められなかったものの、

嫌煙を主張した側は事実上勝利

一体、どんな風に時代の流れを変えたのでしょうか?



>> 「紫煙の流れる方向を変えた裁判」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き 歴史もの たばこの雑学

2017/05/12(金)
少し前にWBCもありましたが、

野球やサッカーなどの国際試合を見ていると、

だとか大和魂のようなナショナリズムめいたものを

感じずにはいられませんよね。


私もテレビの前で思わず興奮していました。



これって、つまりはイデオロギー

少し難しい言い方になりますが、

歴史を重ねて積み上げた民衆の意識

が根底にあったりします。



祭などの催し物も、同じように子々孫々へと受け継がれながら

信仰心や地元魂がその中核にあることが多いのですが、

前回触れた秦野たばこ祭という

インパクトのある名のお祭りもやはり例外ではないようです。



かつて秦野が、日本タバコ農業の中心だったことから起こり、

この地で受け継がれてきた秦野たばこ祭』。

その成り立ちや変遷は一体どんなものなんでしょうか?




>> 「タバコ農業の中心地で引き継がれた祭り」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 歴史もの 社会運動・規制などの動き

2017/04/28(金)
海外の方から見ると日本人はお祭り好きなんて言われます。

私の住む町でもそうですが、言われてみれば春夏秋冬、津々浦々。

いくつものお祭りが、人々を楽しませているように思います。



その中のお祭りの一つに、

秦野たばこ祭というのがあるのはご存知ですか?

暑さの和らいだ9月の終わり頃、年に一度、

神奈川県の南西部に位置する秦野市で盛大に開催されるお祭りです。



祭りの起源は、

秦野の地がかつて日本有数のタバコの産地であったことからで、

同時にこの地で育てられたタバコ葉は、

日本三大銘葉の一つにも数えられました。


今回はその秦野におけるタバコ産業の盛衰のお話となります。




>> 「日本三大銘葉『秦野葉』の盛衰」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学

2017/03/31(金)
近年ではアイコス」「プルーム・テック

そして新たにグローといった加熱式たばこが登場したことにより、

また喫煙の形が多様化されつつあります。



世界各地で独自の発展を遂げ、

地域に根付くことの多い煙草文化ですが、

そんな中の一つとして挙げられるクレテック煙草という形式。

どこかで聞いたことがあるでしょうか?



形状や使用方法は、

一般的なシガレット(紙巻きたばこ)と変わりませんが、

製造過程において、タバコ葉の中に

香辛料の一種であるグローブ(チョウジ)を混ぜることで、

独特の甘い香りと味わいのある煙草で、

主にインドネシアを中心に愛されています。



クレテックは今のところ、日本でも煙草専門店に行けば手に入るのですが、

例えば、ブランドの一つであるガラムという名前を例に挙げた方が、

ピンと来る方もいるでしょうか。



今回はそんなクレテック煙草

今も煙草天国と言わるインドネシアのお話です。




>> 「クレテック煙草とインドネシア」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学 社会運動・規制などの動き

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド