煙草の有害性

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/02/11(土)
うちの亡き祖母は編み物が趣味なのですが、

よくその手を止めては、関節が痛い

とこぼしていたことを覚えています。



関節の痛みを伴う病と言えば、

代表的なものに関節リウマチ(RA)という病があります。

後から聞いてみたら、やはり祖母もその病気だったそうです。



患者数は全国で約70万人

全人口の0.6%前後。毎年、1万5、000人程度患者数が増加している、

日本ではとても一般的な病。



関節リウマチと言えば、

その名の通り患部が手足の関節であることから、

どうしても煙草とは無関係に思われてしまいますが、実はこれは逆。


喫煙は発症にも治療にも深刻な影響を及ぼすのだそうです。


一体何故なのでしょうか?

医療現場で言われるリウマチ対策には、まず禁煙』。

その理由をひも解いてみたいと思います。




>> 「意外ですか?リウマチと煙草の因果関係」 の続きを読む

tag : 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 禁煙でいいこと

2016/12/23(金)
つい先日の2016年8月31日

国立がんセンターは、非喫煙者が受動喫煙によって、

肺がんとなるリスクを今までの「ほぼ確実」から、

確実という評価に引き上げました。


ニュースをご覧になった方もいらっしゃるでしょうか?



オリンピック招致を前にしてのこの発表。

何だか政治的な思惑も見え隠れするのですが、

我が国唯一のたばこ製造販売会社JTは

当然のようにこれに反発しました。



しかし、国立がんセンターは、

このJTのコメントを完全に論破。一蹴。

一部で、この一連の流れで、

「国立がんセンターは大人の良い切れ方をした」

と称賛を浴びたそうです。


では、一蹴の後ろ盾。

評価引き上げの根拠となったメタアナリシス(メタ解析)とは、

一体どんなものだったのでしょうか。




>> 「受動喫煙による肺がんのリスクは「確実」と判断」 の続きを読む

tag : 副流煙 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 社会運動・規制などの動き

2016/12/16(金)
健康増進法、別名受動喫煙防止法の施行により、

近年、特に屋内では著しく喫煙場所が減りつつあります。



そこで、喫煙者全体の意識が変化したのか、

ある新型タバコが人気を博し、

発売と同時に品薄の状態となっているようです。


IQOS』とPloom TECH』。

従来のタバコ葉を火で燃やして吸う紙巻きたばこと違い、

電気でタバコ葉などを加熱して、ニコチンを摂取する、

いわゆる加熱式タバコです。


興味ある方も多いのではないですか?



こちら、メーカーやユーザーの間では、

健康的な害の少ないたばこと言われていますが、

実際のところどうなのでしょうか。


今回は、その概要と可能性についてレポートしてみたいと思います。




>> 「加熱式たばこ『IQOS』や『Ploom TECH』で禁煙は成立する?」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 煙草の有害性 やっぴえろのポツリと

2016/12/02(金)
先日、仕事が早く切り上がったのでポケモンGOをしていたら、

『帰りにスーパーでスキムミルクを買って来て』

なんて連絡が母からありました。



うちの母上は、毎朝スキムミルクをお湯に溶かして飲んでいます。


スキムミルクとは、牛乳から脂肪分を除き粉末状にしたもの。

牛乳と比べて、ビタミン類はやや少なめですが、

タンパク質、カルシウムは同程度含むと言われています。


骨粗しょう症対策なのだそうです。



骨粗しょう症対策はご存知の通り、

骨密度が低下してスカスカになり、骨折しやすくなる症状。


年齢を重ねる度に注意が必要になりますが、

実は喫煙もその症状を悪化させると言います。


さて、どのように蝕むのでしょうか。




>> 「ニコチンで依存で骨までスカスカに」 の続きを読む

tag : 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 禁煙でいいこと

2016/11/19(土)
例えば駅までに向う道とか、公園で休憩などをしていると、

必ずと言っていいほど犬や猫に出会います


2003年の時点で、何らかのペットを自宅で飼っている人の割合は、

全体の36.6%

おおよそ3人に1人が動物と共に暮らしていることになります。



空前のペットブームなどと言われる裏で、

実はペットの総数は年々減少傾向にあるそうなのですが、

我が家にも猫ちゃんと亀さんがいたりします。


大切な家族の一員なので、いつまでも長生きして欲しいわけで、

私も喫煙者時代には、彼らの側での喫煙には気をつけていたのですが、

一説によると、受動喫煙の被害は、

人間よりも彼らペットの方が深刻という話もあったりします。


少し心配になりますよね?



>> 「犬猫受動喫煙の今」 の続きを読む

tag : 煙草の有害性 やっぴえろのポツリと たばこの雑学 科学的なたばこの検証

Before  | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド