社会運動・規制などの動き

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/05/12(金)
少し前にWBCもありましたが、

野球やサッカーなどの国際試合を見ていると、

だとか大和魂のようなナショナリズムめいたものを

感じずにはいられませんよね。


私もテレビの前で思わず興奮していました。



これって、つまりはイデオロギー

少し難しい言い方になりますが、

歴史を重ねて積み上げた民衆の意識

が根底にあったりします。



祭などの催し物も、同じように子々孫々へと受け継がれながら

信仰心や地元魂がその中核にあることが多いのですが、

前回触れた秦野たばこ祭という

インパクトのある名のお祭りもやはり例外ではないようです。



かつて秦野が、日本タバコ農業の中心だったことから起こり、

この地で受け継がれてきた秦野たばこ祭』。

その成り立ちや変遷は一体どんなものなんでしょうか?




>> 「タバコ農業の中心地で引き継がれた祭り」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 歴史もの 社会運動・規制などの動き

2017/03/31(金)
近年ではアイコス」「プルーム・テック

そして新たにグローといった加熱式たばこが登場したことにより、

また喫煙の形が多様化されつつあります。



世界各地で独自の発展を遂げ、

地域に根付くことの多い煙草文化ですが、

そんな中の一つとして挙げられるクレテック煙草という形式。

どこかで聞いたことがあるでしょうか?



形状や使用方法は、

一般的なシガレット(紙巻きたばこ)と変わりませんが、

製造過程において、タバコ葉の中に

香辛料の一種であるグローブ(チョウジ)を混ぜることで、

独特の甘い香りと味わいのある煙草で、

主にインドネシアを中心に愛されています。



クレテックは今のところ、日本でも煙草専門店に行けば手に入るのですが、

例えば、ブランドの一つであるガラムという名前を例に挙げた方が、

ピンと来る方もいるでしょうか。



今回はそんなクレテック煙草

今も煙草天国と言わるインドネシアのお話です。




>> 「クレテック煙草とインドネシア」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学 社会運動・規制などの動き

2017/03/10(金)
基本的人権の尊重


煙草を吸う権利『喫煙権』VS煙草の煙を拒否する権利『嫌煙権』

煙草を規制する論争は、常にそこが争点となってきました。



軍国主義の時代には、度重なる戦争の費用捻出のため、

税収UPを期待して、国は喫煙を奨励


そのため、日本は世界的に見ても高い喫煙率を誇り

長い間、喫煙環境は優遇されてきました。



しかし、喫煙天国と言われてきたわが国も、

嫌煙権が見直され、オリンピックを前に、

その辺りのルールがだんだんと整備されつつあります。


賛否両論ありますが、

喫煙権嫌煙権』。

戦いの歴史とともに整理してましょう。


>> 「ここに極まれり?嫌煙運動」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き 副流煙 歴史もの やっぴえろのポツリと

2016/12/23(金)
つい先日の2016年8月31日

国立がんセンターは、非喫煙者が受動喫煙によって、

肺がんとなるリスクを今までの「ほぼ確実」から、

確実という評価に引き上げました。


ニュースをご覧になった方もいらっしゃるでしょうか?



オリンピック招致を前にしてのこの発表。

何だか政治的な思惑も見え隠れするのですが、

我が国唯一のたばこ製造販売会社JTは

当然のようにこれに反発しました。



しかし、国立がんセンターは、

このJTのコメントを完全に論破。一蹴。

一部で、この一連の流れで、

「国立がんセンターは大人の良い切れ方をした」

と称賛を浴びたそうです。


では、一蹴の後ろ盾。

評価引き上げの根拠となったメタアナリシス(メタ解析)とは、

一体どんなものだったのでしょうか。




>> 「受動喫煙による肺がんのリスクは「確実」と判断」 の続きを読む

tag : 副流煙 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 社会運動・規制などの動き

2016/09/30(金)
チューリップ・風車・木靴

オランダと言ったら、こんなイメージでしょうか。



今でこそ、あまり縁がないような気がしますが、

日本がオランダの影響を強く受けていることは、

歴史に詳しい方なら、ご存知かと思います。



15世紀中ばから17世紀頃までと言われる、

ヨーロッパ列強がアフリカ・アジア・アメリカなど、

未開の大陸へ向けて探索航海をした大航海時代



結果的に、オランダイギリスと並び海の覇者の一角を成します。

このことは同時に、コロンブスかヨーロッパに持ち帰った煙草を、

世界に広める一翼を担っていたことになるのですが。



煙草とオランダ、日本の関わりとは?


>> 「大航海の覇者オランダ」 の続きを読む

tag : 歴史もの 社会運動・規制などの動き

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド