社会運動・規制などの動き

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/09/15(金)
煙草は体にとって害になる


たまに愛煙家さんなどの間では懐疑的な意見もありますが、

様々な研究や状況を見ていると、

やはり確実であると思っていいのではないかと思っています。



あまり知られていませんが、去年の2016年8月末日には、

厚生労働省が15年ぶりとなるたばこ白書を発表。

その中で22の病は煙草が原因であることが確実としました。


更に国立がんセンターも足並みを揃えて、

受動喫煙による肺がんのリスクは、

受動喫煙を受けない人に比べて約1.3倍上昇

肺がんに対する受動喫煙のリスク評価を、

従来のほぼ確実から確実に格上げしたようで。。。



一体、どんな病が確実』となったのか。

たばこ白書などを参考にまとめてみます。




>> 「たばこの煙で確実にリスクが上がる病気」 の続きを読む

tag : 煙草の有害性 社会運動・規制などの動き 副流煙

2017/08/12(土)
常識

この言葉って好む人と嫌う人が顕著に分かれると思います。


ウィキペディアによれば、意味は、

社会の構成員が有していて当たり前のものとしている

社会的な価値観、知識、判断力のこと。

対義語は『非常識』。



これは新たな技術、多数派の変化、条例や法律などのルールによっても、

その時々で大きく変化するわけで、いわば流動的なものなのかもしれません。



歩きたばこ

今ではほとんど見なくなった悪習ですが、

昭和の時代は当たり前のように毎日路上で目にする光景でした。


歩きたばこ禁止が常識となる流れを作ったのは、

みなさんもまだ記憶に新しい、

東京千代田区による過料(罰金)付きの路上喫煙禁止条例でしょう。


当時は賛否両論であったこの条例。

その制定の裏側、効力、民意の変化

どんなものなのでしょうか。




>> 「常識を変えた路上喫煙禁止条例」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き 禁煙でいいこと やっぴえろのポツリと

2017/06/16(金)
煙のない社会を、ここ日本で


こんなスローガンを聞いたことがありますか?



これを掲げたのは、どこかの嫌煙団体でも、

はたまた、オリンピック招致を任された実行委員会でもありません。

実は世界シェア第2位を誇るタバコ会社。

あのフィリップモリス社です。



というのも、みなさんもご存じかもしれませんが、

フィリップモリス社といえば、

加熱式たばこIQOS(アイコス)

メーカーであったりもします。


そのIQOSの売り上げが好調なことから、

いずれ日本で販売するたばこ製品を加熱式たばこに絞り、

現在主流となっている紙巻きたばこ(シガレット)販売から

撤退する
ことを表明したのだそうです。


この動きは、市場や煙草に関する法律にも

大きな影響を与えると見られるのですが。。。

果たしてその展望とは?



>> 「『煙のない社会へ。。。』とあるタバコ会社主張」 の続きを読む

tag : やっぴえろのポツリと 社会運動・規制などの動き たばこの雑学

2017/06/10(土)
天皇陛下の生前退位が議論されていますが、

もし認められれば、即位と共に元号も変わることになります。



平成生まれ昭和生まれなどという表現もありますが、

元号からイメージする時代背景ってそれぞれ特徴がありますよね。



昭和は喫煙天国

平成は喫煙弾圧

やはり、煙草をめぐる環境も大きく様変わりしたように思います。


実はその急流とも言えるような流れを作った動きとして、

昭和50年代に起こった嫌煙権起訴という民事訴訟があります。


結果的に裁判では嫌煙権こそ認められなかったものの、

嫌煙を主張した側は事実上勝利

一体、どんな風に時代の流れを変えたのでしょうか?



>> 「紫煙の流れる方向を変えた裁判」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き 歴史もの たばこの雑学

2017/05/12(金)
少し前にWBCもありましたが、

野球やサッカーなどの国際試合を見ていると、

だとか大和魂のようなナショナリズムめいたものを

感じずにはいられませんよね。


私もテレビの前で思わず興奮していました。



これって、つまりはイデオロギー

少し難しい言い方になりますが、

歴史を重ねて積み上げた民衆の意識

が根底にあったりします。



祭などの催し物も、同じように子々孫々へと受け継がれながら

信仰心や地元魂がその中核にあることが多いのですが、

前回触れた秦野たばこ祭という

インパクトのある名のお祭りもやはり例外ではないようです。



かつて秦野が、日本タバコ農業の中心だったことから起こり、

この地で受け継がれてきた秦野たばこ祭』。

その成り立ちや変遷は一体どんなものなんでしょうか?




>> 「タバコ農業の中心地で引き継がれた祭り」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 歴史もの 社会運動・規制などの動き

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド