禁煙所はこちら2011年12月

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2011/12/30(金)
2011年も残るところあと僅か、


突然のお知らせですが、今回をもちまして、

年内の当ブログ『禁煙所はこちら』の更新を、

休止させて頂きたいと思います。


お陰さまで、本年9月に開設しました、

当ブログ『禁煙所はこちら』も、

日を追うごとに、お客様の数が延びているようです。



更に、私『やっぴえろ』が、発行させて頂いています、

メルマガ『禁煙第一出張所はこちら!』の方も、

購読者数が一度も減少することなく、順調に連載させて頂いております。



これも日頃より、

仲良くして頂いている皆さま

応援して頂いている皆さま


のお陰だと思っています。



微力ながら、今後とも皆さまの力となれますように、

誠意、努力いたしますので、

来年もどうぞ変わらぬご支持を、よろしくお願い致します。



さて、今年の当ブログのフィナーレを飾る記事ですが、

2011年のまとめ』として、

現時点で思う、私なりの禁煙方法の要点を、極力簡潔にまとめてみました。


 
>> 「まとめ」 の続きを読む
2011/12/28(水)
喫煙とは病である』という認識は、

世界中で常識となりつつあるようです。


ということは、形式的に、病と認定されるためには、

医師の診断書が必要となるわけですよね。



先週あたり、禁煙外来において、

どういった条件をクリア(?)すれば『保険診療』を受けることが出来るか?

について言及しましたが、



今度は、病院や診療所側の番です。


もちろんのこと診療側も、『禁煙外来』という看板を掲げるためには、

国の認定が必要になるわけで、

そこまで辿り着く道のりには、

紆余曲折、色々と障害が見受けられるようです。


 
>> 「禁煙外来の看板」 の続きを読む
2011/12/26(月)
今月に入ったばかりの頃の出来事でした。

再喫煙への用心のためと、引出しの奥深くへとしまい込んでいた、

TASPOの存在をふと思い出し、

おもむろに取り出すと、遂にハサミを入れて処分しました。



カード導入間際になって、あれほど焦って申し込んだ『TASPO』

たばこ同様、無くさないようにと、肌身離さず持っていた『TASPO』


ニコチン依存の魔力が解けた証拠でしょうか?


プリペイド方式の電子マネー『ピデル (Pidel)』を、

登載したこのカード。

未成年の喫煙防止のために、導入されたわけですが、


それでは手ぬるいと考えたのか、

東北地方のある町では以前、

たばこの自動販売機全てを、撤去する条例を定めました。


 
>> 「たばこ自販機撤去の真相」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き やっぴえろのポツリと

2011/12/23(金)
『結局、たばこ税ってどの程度上げるの?それとも上げないの?』


昨今、メディア上を賑わす、たばこ税の話題を目にして、

このように気を揉んでいる方も多いことでしょう。



私個人の見解としては、

『暴動が起きない程度(笑)に、少しづつ上がっていくんだろうなぁ』

と予想しています。


しかし実は、この程度の税率UPは可愛いもの…


世界の歴史においては、

自らの煙草嫌い?…もしくは、生い立ちから生じた遺恨から、

たばこの関税を、一気に40倍も引き上げた、国王がいました。



はたして彼は、

賞賛されべき『名君』だったのでしょうか?

単なる『はだかの王様』だったのでしょうか?


 
>> 「国王陛下のたばこ排撃論」 の続きを読む

tag : 歴史もの

2011/12/21(水)
禁煙は気合だ!

おそらく10年前までは、そう考えるのが一般的でした。



そういえば、私も禁煙に失敗するたびに、

『気合が足らない』とか

『我慢が足らない』とか

周囲に言われていた気がします。



その頃から、禁煙を望んでいたのかと思うと、

本気になるまで、とんでもなく長い時間を要してしまいました。


しかし、何時からだったでしょうか?

舘ひろしさんのCM』をテレビで目にするようになったのは…


そこで多くの方々が『禁煙外来』という言葉を耳にし、

現在は、社会的にも広く認知されていますよね。



しかし、周囲の友人などを見渡してみると、

『俺(私)禁煙外来に通院しているよ!』

という方は、意外に少ない気がします。


 
>> 「ニコチン依存症患者になるための条件?」 の続きを読む

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド