禁煙所はこちら2013年02月

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/02/22(金)
1に運動、

2に食事、

しっかり禁煙、

最後にくすり。


これは平成20年に、厚労省が健康日本21の一環、

すこやか生活習慣国民運動で掲げたスローガンです。



このスローガンにおいても、

日頃の運動は、健康の第一項目として挙げらていますが、

改めて言われなくても、運動が体にいいのは、

みんさんも、ご存知のことでしょう。



そして、運動は、喫煙衝動の抑止禁断症状の緩和

または、禁煙太りの予防など。。。

禁煙においても、大変有効とされています。


もちろん、その効果に個人差はあるのでしょうが、

今回は、そのメカニズムを少し考えてみましょう。




>> 「動かすと禁煙は楽になる」 の続きを読む

tag : 離脱症状 禁煙の方法 禁煙でいいこと

2013/02/20(水)
個性的と言われたことはありますか?


日本昔から、世界に比べて、個性が育ちにくいと言われます。

おそらく、それは周囲から飛びぬけて、

自分だけが目立つことに不安を覚えてしまう民族性。


そして更には、

個性ある才能を、評価したり、育て上げる土壌がない。

ということに尽きる気がします。


要するに元来、日本人ひがみっぽいというマイナス面も、

持ち合わせているということになるでしょうか?



しかし一方で、面白いことに大多数の方は、

あなたって個性的ねと言われるのを好みますよね?

目立ちたくないわりには不思議なものです。

とても、うらはらです。



さて、あまり知られていませんが、

江戸時代のたばこは、店頭での購入の際、

自分だけのオリジナルブレンドを作ることが可能だったそうです。

つまりは『10人いたら、10人違うブレンドのたばこ』を、

愛用していたのかもしれません。


それって、ちょっとした個性ですよね?



>> 「グルメが生んだ極細たばこ」 の続きを読む

tag : 歴史もの

2013/02/16(土)
α波とは、

人がリラックスしている時の脳波であり、

喫煙開始直後、喫煙者の脳ではα波が発生している

とうのは、前回、お話したと思います。


覚えていますでしょうか?


そして、禁煙後、数週の間

長年の喫煙によって、体が変化してしまったことにより、

本来、リラックス時に発生するはずのα波が、

禁煙者の脳では派生しないそうです。


このことは、禁煙者を一時的に、

自律神経失調症のような症状に導いてしまいます。


そこで、今回はこの症状を緩和するのに効果があるとされる、

自律訓練法筋弛緩法といったエクササイズを

紹介したいと思います。


昨今のストレス社会

ひょっとしたら、身につけておくと、

禁煙時に限らず、役立つことがあるかもしれません。



>> 「リラックスの訓練方法」 の続きを読む

tag : 禁煙の方法 科学的なたばこの検証 健康情報エトセトラ

2013/02/12(火)
メリハリのある生活を送っていますか?



メリハリとは、そもそもメリカリという言葉が語源だそうです。


日本の古い音楽用語で、

低い音を『メリ(減り)』

高い音を『カリ(上り)』

合わせて『メリカリ


それが転じてメリ(減り)ハリ(張り)となったそうです。


ご存知の通り、メリハリは、

物や意識の高い低いを表現するのに使われ、

メリハリのある生活というと、

活動的な時間と、リラックスの時間を、上手に使い分けてますか?

という問いかけになりますね。




このうち、リラックスした人間の脳波は、α波と呼ばれます。

この脳波が確認される時、人は安息の状態ということになるわけです。


しかし、煙草に慣れ親しんできた喫煙者は、禁煙後しばらく、

自前でこのリラックス脳波α波を、発生させることが出来ないそうです。


そりゃ、禁煙てイライラするわけですよね。

何か改善策はないのでしょうか?



>> 「リラックスのα波が止まったまま?」 の続きを読む

tag : 禁煙の方法 禁煙でいいこと 煙草の有害性

2013/02/08(金)
ストレスと好奇心


一般的には、完全に禁煙を開始してから3~5日くらいで、

ニコチンは、体内から全て排出される

と言われています。



禁煙による身体的な離脱症状は、

実は、この時期が1番強烈で、

これを越えると、のたうち回る程のものはなく、

ある程度、緩やかになります。



しかし、もちろんのこと、

完全に喫煙願望がなくなるまでの道のりは、

これよりもはるか長く、

ともすれば『永遠に続くんじゃねーの?。。。』

とすら感じるほどの時間がかかるわけです。


個人差はありますが、3ヶ月から半年ほどでしょうか?


そして、このように時折むくむくと顔を出す、

冬眠から目覚める亀さんのような喫煙願望は、


たいがい、通称『一本だけお化け』と言われる好奇心か、

日々の生活で、感じざるを得ないストレスに由来する場合が多いです。


そこで今回、そのストレス分析について考えてみたいと思います。

禁煙にも行かせると思うのですが、どうでしょう?




>> 「ストレスVS禁煙中」 の続きを読む

tag : 禁煙の方法 離脱症状 健康情報エトセトラ

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド