禁煙所はこちら2013年07月

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/07/27(土)
私は身勝手です


煙草を吸っていた時は、禁煙車での移動が苦痛でした。

しかし、禁煙した今は、同乗者が喫煙するのに腹を立てたりします。


良かれ悪かれ、

煙草って人を身勝手にするのでしょうか?


ちなみに我が家の愛車デミオは、最近、煙草臭くありません

私が禁煙に成功したからです。


とかく愛車を禁煙車にする方の心うちは、

こびりつく煙草の臭いが嫌!だからでしょう。


しかし、実は車や部屋に残るものは、臭いだけはありません

とても危険な有害物質も存在するのだそうです。


そこで生まれた言葉が三次喫煙』。

みんさんは聞いたことありますか?



>> 「三次喫煙の害」 の続きを読む

tag : 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 社会運動・規制などの動き

2013/07/24(水)
いやぁ~、めでたいです^^



1年目ほどの高揚感はないものの、

私、先日7月21日で、禁煙丸2年を達成致しました!


めでたいです。


日数にすると730日


数字にすると、大したことにないようにも感じますが、

千里の道も一歩から

ローマは一日にして成らず


禁煙一時一時の喫煙衝動を、

どうにか、こうにか、あの手、この手、ああしたり、こうしたりで、

抑え込むことの連続で、達成されるもの。


やはり、日々の積み重ねの大切さを、実感しますね。



そんなわけで、記念日はいつものように、

ノープランエッセイで、自らをお祝いしてみたいと思います。

題してそんで、禁煙2年目どうなのよです。


よければ、お付き合い下さい。


>> 「禁煙2年達成!イマノオモイ。」 の続きを読む

tag : やっぴえろのポツリと 禁煙でいいこと

2013/07/20(土)
1日、1箱から2箱くらいかな?


その日の体調やスケジュールにもよりますが、

喫煙者時代、私は1日平均そのくらいの本数の煙草を、

ケロリと平らげていました。


低く見積もって、たばこが現在、1箱400円程度だとして、

30日だと単純計算で、おおよそ12,000円。

1日2箱だと、倍の24,000円となります。


喫煙者さんの中の、おおよそ6割は、

本音は禁煙したいというアンケート結果があったりしますが、

実は、禁煙をするのに一番有効と言われる方法が、

24,000円以下で出来たりします。



なんだか、お分かりになりますか?


その方法はズバリ、禁煙外来への通院です。



>> 「禁煙外来の費用と治療の流れ」 の続きを読む

tag : 禁煙外来関連 禁煙の方法 禁煙開始

2013/07/16(火)
たばこ増税や公共の場での規制により、

わが国日本の喫煙率は、

以前に比べて、かなり低下しました。



でも、ご存知でした?

実はJTの業績って、2012年も販売本数を伸ばして、

とても好調なのだそうです。


何故かと言えば、答えは簡単

国内の販売総数は減少しているものの、

海外での販売総数は増加傾向にあるからです。



実は、そのJTの大きなお得先の1つが大国ロシア

現在、世界第1位の喫煙率を誇る国です。


しかし、この現状に対して、懸念を抱えた国のトップは、

とうとう、本格的なたばこ規制を打ち出しました。


遂に、ロシアも国内のたばこ規制に、

重い腰を上げたわけです。



 
>> 「大国ロシアの憂鬱」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き たばこの雑学

2013/07/13(土)
今現在、世界で第一のたばこの生産、消費国といえば、

どこだかご存知でしょうか?


以前もお伝えした通り、お隣の国、中国です。


中国の人口は世界一。

たばこ産業においても、群を抜いてトップです。


では、第二位はどこだかご存知ですか?


人口二位のインド?

世界的な煙草販売を展開するアメリカ?イギリス?

それとも、我らが日本?


いずれも違います。


これは、あまりクローズアップされませんが、

世界第二位のたばこ消費国は、

世界一広大な国土を持つ国

実は、ロシアなんです。


そして、実はロシアには、

今では見られなくなりましたが、

他国と一線を画した、

独自の伝統的な煙草が存在していたそうです。




>> 「ロシア煙草マホルカとパピロシ」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド