禁煙所はこちら2015年04月

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2015/04/28(火)
みなさんは、気分転換したい時は何をしていますか?


カラオケ、散歩、買い物、お喋り、散髪、読書、料理。。。

何か一つくらい思いつくことがあるのではないでしょうか?



ご存知の方も多いでしょうが、

禁煙時ってイライラすることがとても多いわけです。


そんな事から、何か一つでも、

自分にあった気分転換の方法を持つことは、

それ自体が禁煙成功のカギを握っていると言っても、

過言ではありません。


前回はその一つの可能性として、

アロマセラピーの有効性を考えてみたわけですが、

今回はそこから更に掘り下げて、

巷で有効とされる禁煙アロマのレシピを、まとめてみたいと思います。


みなさんが気になる香り

何か見つかるでしょうか?



>> 「禁煙アロマのレ・シ・ピ♪」 の続きを読む

tag : 禁煙の方法 離脱症状 美容と健康

2015/04/24(金)
私はわりと洗濯に使う洗剤の匂いが好きで、

あの香りがどこかからか漂ってくると、何だかホッとした気持ちになります。


あとはカレーの匂い

あれも夕方に出会ったりすると、たまらなくお腹がすきますよね。


みなさんも不意に嗅ぐと、思わずココロ踊ってしまうような、

そんな大好きな香りってあるのではないでしょうか?



匂いと言うのはやはり、そんな風に私たちの気持ちを、

揺るがすパワーを秘めているわけで。


そんな香りを利用して、気分をコントロールする、

アロマテラピーというものは、皆さんもご存知でしょう。



そして、このアロマテラピー』。

禁煙時のイライラ対策に応用できるのでは?と言われていますが

実は、まだ科学的根拠はないとされています。


継続的に、各所で研究も行われているようですが。。。

一体それらは、どんな答えを弾き出しているのでしょうか?

禁煙への応用は可能なのでしょうかね?


今回は、ある研究例を報告してみたいと思います。




>> 「伝統療法の香りを禁煙に?!」 の続きを読む

tag : 禁煙の方法 科学的なたばこの検証 美容と健康 離脱症状

2015/04/21(火)
ねえ、常識って何!?普通って何!?


え~何となく、世に言う中二病みたいな入り方をしましたが、

みなさんだったら、この質問にどう答えます?



私なりに、大人として答えるなら、

良い悪いという判断基準ではなく、

世の中の賛成が多数で、なおかつ暗黙の了解となっていること。。。

常識の意味だと思うのですが、みなさんはいかがでしょう?



そして更に、

最近、状況の変化を見せつつある飲食店での喫煙の可否を、

この常識とい基準で考えてみた場合、

みなさんにとってのスタンダードは一体どんな形でしょうか?


店内全面喫煙可能

空間分煙・時間分煙

はたまた店内全面禁煙



ご存知の通り、2020年には東京にオリンピック開催で、

世界が日本にやって来ます。

これに伴い、都内はもちろん全国展開のチェーン店などでも、

店内全面禁煙に踏み切る店舗が増えてきているようです。


今後飲食店における喫煙スタンダードは、

どう変化して行くのでしょうか?

予測も交えて、少し考察してみましょう。



>> 「店内完全禁煙はいずれ常識に?」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き やっぴえろのポツリと

2015/04/16(木)
革命、革新、維新


時代が急激な変化を遂げる時、

その根幹には、揺るぎない信念とそれを体現する指導者が、

必ず存在します。


織田信長、坂本竜馬、ロベスピエール、クロムウェル、

ジョージ・ワシントン、レーニン、孫文、ゴルバチョフ。



その思想が正解か否かは、

おそらくは、後の歴史が判決を下すのでしょうが、

意志の潮流が、大きく歴史を動かしたのは事実でしょう。



そんな多くの歴史上の革命指導者の中で、


フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルをして、

20世紀で最も完璧な人間』。

ミュージシャンであり平和活動家でもあった、あのジョン・レノンにも、

世界で一番格好良い男

と言わしめた革命家がいます。



チェ・ゲバラ

フィデル・カストロに従って、キューバ革命を成功に導いた立役者です。

ご存知でしょうか?


その信念や振る舞いは、どんな局面においても清廉で強固。

カストロですら彼を道徳の巨人と尊敬の念を表しました。


しかし、そんなゲバラも煙草には魅了され、

漆黒のベレー帽、戦闘服と共に、

キューバ産の葉巻がトレードマーク。


さて、そんなゲバラの煙草に対する思いとは

どんなものだったのでしょう?


>> 「革命家チェ・ゲバラのたった一点の矛盾」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学

2015/04/14(火)
不眠』と眠気』。

これって、同じ眠りに対する反応なのですが、

眠れない眠くて仕方がないと表現すると、

全く逆の状況のように感じますよね?



仕事柄そうでない方もいらっしゃるでしょうが、

本来の人間の体内時計からすると、

朝目覚めて日沈で眠くなるのが正常。


そんなことからも人は、昼は昼用夜は夜用ホルモンを分泌して、

『眠り』という活動をコントロールしているそうです。



メラトニンという名のホルモンはご存知ですか?

一般的に睡眠を司る、夜のホルモンと言われています。


煙草は、今まで再三お伝えしている通り、昼のホルモンである、

セロトニンの分泌バランスを崩してしまうのですが、

こちらのメラトニンに関しても同様のことが言えるようで、


禁煙時は離脱症状として、

昼の『眠気』と夜の『不眠』というアンバランスな状態を、

同時に引き起こしてしまうそうです。


生理作用としては逆なのに、何だか不思議ではないですか?



>> 「メラトニン不足で不眠の離脱症状」 の続きを読む

tag : 離脱症状 煙草の有害性 科学的なたばこの検証 美容と健康

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド