禁煙所はこちら2017年08月

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/08/25(金)

残暑お見舞い申しあげます!!


いつもご愛読、ご訪問ありがとうございます!

八月も終わりに近づいて暑さが戻ってきた感じですね。

みなさんいかがお過ごしですか?

体調を崩していないでしょうか。

今週は遅めの夏休みで更新お休みさせて頂きます。


また来週をお楽しみ

やっぴえろ



 

tag : やっぴえろのポツリと

2017/08/18(金)
私は両親から心の広い人になるようにという名前を貰いました。

名は体を表すといいますが、

それと同じように文字による表現というのは、

言葉の選び方で大きくその印象が変わります。



煙草やお酒、コーヒーなどは嗜好品と表現されることがあります。

嗜好品という言葉はという字を含むせいか、

どこか味わいがあり、受け手に好印象を与えることが多いです。



しかし、一部の嗜好品依存物質を含んでいるため、

使用の度が過ぎると悪習となり

その状態を嗜癖(Addiction)と表現することがあります。

古い言葉であるため日本ではあまり馴染がないですが、

強い依存状態を示す医療用語です。



嗜癖の定義に目を通してみても、多くの喫煙者はこの状態にあり、

ニコチンに囚われた状態なのではないかと思うのですが。。。




>> 「喫煙者の70%は嗜癖という病ということ?」 の続きを読む

tag : 3つの依存 煙草の有害性 離脱症状

2017/08/12(土)
常識

この言葉って好む人と嫌う人が顕著に分かれると思います。


ウィキペディアによれば、意味は、

社会の構成員が有していて当たり前のものとしている

社会的な価値観、知識、判断力のこと。

対義語は『非常識』。



これは新たな技術、多数派の変化、条例や法律などのルールによっても、

その時々で大きく変化するわけで、いわば流動的なものなのかもしれません。



歩きたばこ

今ではほとんど見なくなった悪習ですが、

昭和の時代は当たり前のように毎日路上で目にする光景でした。


歩きたばこ禁止が常識となる流れを作ったのは、

みなさんもまだ記憶に新しい、

東京千代田区による過料(罰金)付きの路上喫煙禁止条例でしょう。


当時は賛否両論であったこの条例。

その制定の裏側、効力、民意の変化

どんなものなのでしょうか。




>> 「常識を変えた路上喫煙禁止条例」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き 禁煙でいいこと やっぴえろのポツリと

2017/08/04(金)
無駄遣い防止


煙草の代金が上昇する度に、

必ず数%の喫煙者は禁煙を試みると言いますが、

みなさん中にも、金銭的な負担が大きく感じて、

煙草を止めた方も多いのではないでしょうか?



江戸時代中期

困窮を極めた藩の財政から、

いっそのこと所領を江戸幕府に返上しようと画策した藩がありました。

出羽国の米沢藩

かの越後の虎上杉謙信公の流れをくむ家です。



しかし、この時質素倹約を自ら体現した名君が出現。

今のお金にして200億という莫大な借金を返済に成功し、

なお且つ日本一豊かな藩へと大きな発展を遂げさせる
というドラマがありました。


名君の名は上杉鷹山

同藩の名家老直江兼続と並び評され、地元に愛される人物です。



しかし、質素倹約を旨とするこの鷹山も、

一説によると愛煙家であった。。。という話があります。


節約』と喫煙』。

正反対のイメージがありますがその真意やいかに?




>> 「上杉鷹山の埋み火(うずみび)」 の続きを読む

tag : 歴史もの

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド