罪深き可憐な花

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2012/04/30(月)
たばこの原産地は、

南アメリカのアンデス辺りだと言われています。


私たちが住むこの蒼き星、地球。

タバコもまた、その母なる大地に生を受けた植物なわけです。


え~自分でも驚くくらい。。。

なんとも壮大な出だしとなってしまいました。


と言うのも、

今回は、久々の歴史ものなのですが、

たまには人物や国々の文化をフューチャーするのではなく、

植物としてのタバコ

そのものに焦点を当ててみたいと思います。


*◎ナス科タバコ属タバコ種

学名 : ニコティアナ・タバカム(Nicotiana Tabacum)



これが『タバコ』を植物として表記する際の正式名称となります。


煙草、たばこ、タバコ。。。


私も、煙草についてお話をする際、

よく、その表記をこの三つのうちどれにするか迷うのですが、

植物としての煙草には、カタカナの『タバコ』。

製品としての煙草には、ひらがな、漢字の『たばこ、煙草』が、

用いられるのが一般的だそうです。

みなさんは、ご存じだったでしょうか?



さて話は変わりますが、

現在、世界中には、様々な『たばこ』製品が販売されていますが、

では、植物としての『タバコ』は、一体、何種類あるかご存じでしょうか?



実は、世界中を見渡すと、タバコの種類というのは意外と少なく、


野生で生息しているのものが、64種。

人の手で栽培されているものが、2種。

そして、園芸用に栽培されているものが、1種。



現在まで、世界で確認されているものは、全部で僅か67種。

となるそうです。


一般的に言われる世界の全植物の種類が、20万~30万種だと考えると、

『タバコ』という植物は、

とてつもなく希少な種であるということが言えるそうです。



そして、人が育てることのない野生種の生息地も、大きな偏っており、

南アメリカに35種、北アメリカに8種、

オーストラリアやその周辺諸島に20種、アフリカに1種。

そして、アフリカの1種は、今や絶滅寸前なのだそうです。


そして、これらの生息分布は、タバコが地上に誕生してから、

おおよそ10万年前と推測されているわけですが、

無論その頃、タバコが空を飛んで移動することはないわけで、


この野生種の分布そのものが、

大昔、パンゲア大陸という大きな1つの大陸が分裂し、

やがては、現在の世界の大陸図を形成したという、

ドイツのアルフレット・ウェゲナーの『大陸移動説』を証明するものだと、

発言している学者も各地にいるようです。



しかし、このタバコの生態で一番、驚いたのは、その分布よりも、

人の手で栽培されているのが、たった2種であるということです。


なぜなら、世界中には、

かなり多くの銘柄のたばこ製品が存在するわけなのですから。


みなさんは、ここまでのお話で、疑問には感じなかったでしょうか?


しかし、この答えは案外、簡単でした。

というよりは、私の植物に対する学識のなさが原因でした。


端的に言いますと、現在、流通しているたばこ製品は、

人間がこの2種を、それぞれ、気候や風土などの栽培環境に合わせ、

品種改良した結果、黄色種とバ─レ─種に大別される、

約100の種類以上の『品種』を生みだし、


そして更に、それらをブレンドし、香料などを加えることによって、

現在のような多彩な、たばこ銘柄を作り出しているのだそうです。


つまり、たばこの銘柄一つ一つに歴史があると言うことになりますよね。



そして、全体的な補足をするならば、

現在のタバコの祖先は、全てこの栽培種の2種に絞られるわけですが、


実は、日本をはじめとする、世界中の国々で好まれているのは、

冒頭で述べた、ニコティニア・タバカム

いわゆる、可憐なピンクの花を咲かせる、別名『タバコ』で


もう1つの、黄色い花を咲かせることが特徴の、

ルスティカ・タバコ(和名マルバタバコ)は、

ニコチンの含有量が多く、味わいも、クセが強い事から、

中国、ロシア、インドなど一部で、栽培されているに過ぎないそうです。


要するに、現在、日本で販売されている、たばこは、

ほぼ、ニコティニア・タバカムである。

ということになります。



しかし、タバコは、渡来した当初のヨーロッパでも、

観賞用として、広く愛された通り、

実は、星型の可愛らしいピンクの花を咲かせる、香り高い植物です。


こんなことからも『綺麗なバラにはトゲある』。


私は、ひょっとしたら『タバコ』という植物の運命は、

『バラ』と同じ部類に、カテゴライズされるのかもしれないと思うわけです。


なぜならタバコは、その可憐な少女のような印象とは裏腹に、

体の中には『ニコチン』という麻薬にも似た、を宿しているのですから。


そして一度、その魅力に取りつかれ、接吻したら最後、

私たち人間は、その魔性の虜となり、離れらるのが難しくなってしまうわけです。


しかし、この妖しくも、ひときわ可憐な少女の胸のうちには、

果たして、人を惑わし、死へと誘う願望が存在するのでしょうか?


本当は、ただ、この蒼き星の片隅で、

ひっそりと咲いていたかっただけなのかも。。。しれません。


。。。私も、その魅力に惑わされているのでしょうか?


↓花を見に行く前にポチっとね☆
人気ブログランキングへ


※↓花を見たいというご意見が多かったので、リンクを貼ってみました。

ピンクのタバコの花


 
関連記事

tag : 歴史もの

この記事へのコメント:
もとは 2種類から 1000種類以上にもなるまで 人間が 改良を重ねて 作ってくなんて
煙草って それだけ 必要とされてたのですね
でも また これから だんだんと その種類も 少なくなってくのでしょーかね!?
2012/04/30(月) 23:37 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

流石kotoneさん、鋭い突っ込みででね。
実は、それは、そのうち記事にしようと思っていました^^;

少しネタばらししますと、
日本でも、江戸時代は各地の産業として発展した
葉タバコ農業も、
現在は、激減してるみたいです。

さらにタバコの増税は、
現在の農家の方にも
更なる打撃を与えているそうです。

当然、タバコの銘柄は減少していますね。
いつになるか分かりませんが、
その時、詳しくお話しますね^^
ぜひ、お楽しみに!^^
2012/05/01(火) 01:55 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんにちは~
ニコティアナ・タバカム・・・
どんな花が咲くのかと、調べてみました。
あら~~^^
私が通っていた高校の裏にたばこの畑があって、葉っぱは見たことがありましたが、花が咲くとは思っていませんでした。
庭に一本あったら、毎日、アニメのように、グン!グン!って伸びて行きそうで楽しそう~♪
2012/05/01(火) 12:45 | URL | アメリカン・ブルー #-[ 編集]
こんばんわ
ご無沙汰ですみません

タバコ
ナス科なんですねー

その綺麗な花を
是非見てみたいものです
どんな香りがするのかしら・・
2012/05/01(火) 20:54 | URL | みゆぴよん #SFo5/nok[ 編集]
タバコにも色んな種類が
あるんですね!
知りませんでした。
綺麗なお花が咲くっていうのも
意外でした(⌒∇⌒)
2012/05/01(火) 21:36 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、アメリカン・ブルーさん!

おっ、早速調べましたかぁ
ガーデニングマスター・ブルーさんらしいですね。

でも、お庭に植えると、
ルナちゃんが食べちゃうかも。。。^^;

どうやら、人間がタバコの効能を知ったのは、
野生のシカがタバコを食べて、
興奮しているのを目撃したという
南米の神話が残っているそうです。

ルナちゃんが小躍りしちゃううかも^^
2012/05/01(火) 22:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、みゆぴよんさん!

いえ、忙しいのは何よりです。
気候も変わりましたので、体調には気をつけて下さい^^

そうですね、
みゆぴよんさんも、お花好きですものね。

ご希望にお応えしまして、
タバコjの花の写真へのリンクを
記事の最下部に貼っておきました。

よろしかったらご覧くださいね^^
2012/05/01(火) 22:11 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

確かに、煙草の匂いや、
ニコチン&タールなどの毒々しいイメージからは
想像しにくいですね。

しかも、可愛らしいピンクの花です。

僕も、はじめて知った時は意外な気がして、
今回の記事をイメージしました。

写真のリンクを記事の最下部に追加したので、
宜しければ、ご覧ください!^^
2012/05/01(火) 22:16 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
わたくし、可憐な花の誘惑に勝ち、一年になります。パパが、4回も、誘惑に負けてしまっているので、ゆっくりと読まさせていただき、説教??の題材としめすワン。また、遊びに来ます1
2012/05/02(水) 08:36 | URL | ひなたおかん #-[ 編集]
今日のお話しはいつもとちょっと違うんですね
でもこういうお話しも好きです

可憐な少女の胸の内は
やっぱり可憐なんだと思いますよ

私たち人間がむりやり接吻をかわなさなければ
少女は少女のままでいたはずなんだものね

お互いに支えあえるはずだったのに

運命のいたずらで
こうなっちゃったんでしょうね


やっぴえろさんって
ちょっとロマンチスト?
いつものリアリストらしからぬ記事にドキッとしましたよ
2012/05/02(水) 21:19 | URL | フェイクAKE #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは

へぇ~。2種類から種類豊富なたばこがつくられてるんですね。
元は2つでも、たばことして製品になれば喫煙者にとって好き嫌いにわかれるタバコさん。製造過程での努力が偲ばれるような…。
いつも「へぇ~」「ほ~」しか言葉が出てこないくらいしらないことばっかりで勉強になります。

それではまた
2012/05/02(水) 21:33 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
はじめまして、ひなたおかんさん!

ブログお邪魔させて頂きました。
旦那さんと共同で運営されているのですね^^

そうですか、禁煙は僕よりちょっぴり先輩ですね。

是非ブログのネタは、
夫婦の楽しいコミュニケーション(?)にお使い下さい^^

旦那さんも、禁煙成功するといいですね^o^/
応援してます。

また、お邪魔しますね!
2012/05/02(水) 22:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、フェイクAKEさん!

お褒め頂きありがとうございます。
『歴史もの』は当ブログでは、
シリーズものとしてご好評頂いています^^

まだまだ、引き出しがありますので、
禁煙のはし休めに提供していく予定です。

どうぞお楽しみに!

それと、僕の作家としての出自は
ドラマシナリオのコンクールなので、
こういった表現も手法の一つですかね~^^

喜んで頂ければ光栄です。

井上陽水さんの言葉で
こんな言葉があります。
『人間て、汚いものを知っていないと
綺麗なものは描けない』

ロマンティスト?
はて?僕はどっちでしょうか?^^
2012/05/02(水) 22:57 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、歴女・祐希ちゃん!

どうですか?
こういった切り口もたまには面白いでしょう?^^

そうですね~
何においても、上を目指して、技術を向上させていく。
もちろん、これは民主(資本)主義の長所なのだろうね。

たばこの発展にも歴史あり!
です^^
2012/05/02(水) 23:04 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド