ステキに百面相!

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2012/05/04(金)
『喜怒哀楽』。。。


気持ちを自分の内面へと向けずに、心のアンテナをピンと立てて、

見なれた街を、いつもより少し大きな歩幅で歩いたなら、

匂い温度光と闇。。。そして、行き交う人々


きっと、周囲の様々ものが、

私たちの感性をツンツンと刺激してくると思います。


そして、その一つ一つの出来事に、

私たちは、常に何かを感じ、そして、瞬時に忘れ去っていきます。


しかし、そこで生まれた、小さな心の波紋は、

喜怒哀楽という形で、その度に表情として表れていたりするでしょう。


たばこがもし、その波紋の広がりに影響を与えていたとしたら。。。


ある仮説を立ててみましたが、みなさんはどう思いますか?


 
*表情がコロコロと猫の目のように変わるタイプ。

いつもクールで、どんな状況でも顔色一つ変えないタイプ。


それが恋愛の対象だったとしたら、それぞれ好みが分かれるでしょう。


しかし、人間という大きな大きな枠組みで捉えた場合、

おそらく、前者のように喜怒哀楽が、はっきりと表情に表れる人の方が、

他人から見ても、信頼がおけ、更には、活き活きと映るものです。


そしてそれを、自分自身に置き換えてみても、

感情の起伏を感じる時というのは、

とても人生を謳歌しているように感じます。


みなさんは、そんなことを感じたことがあるでしょうか?



つい先日、私は禁煙9か月目の日を、無意識のうちに通過していたわけですが、

そういえば、禁煙してからのこの幾月、

以前に比べて、感受性や表情が豊かになったような気がします。


これって、とても嬉しいことですよね。


一説によると『たばこ』は、一種の覚醒作用があるということは、

広く認知されている所でしょう。


事実、愛煙家の間では、たばことは、

『仕事を能率的に行うための潤滑油』みたいなイメージを

抱いている方もおられるようで、

確かに、禁煙前の私もそのように感じていました。


しかし、医学的に見ると、一体どうなのでしょうか?

そこで関連する神経伝達物質を以下にまとめみました。




【ニコチンの影響で遊離すると考えられる神経伝達物質】


※遊離 … 単体または原子団が、他の物質と結合せずに存在していること。

つまり、体内で正常に作用できていない状態。


○ドーパミン(ドパミン)… 快楽、楽しみ

○セロトニン … 気分調整

○ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)… 覚醒、気分高揚

○アセチルコリン(Ach) … 覚醒、認識増強

○グリシン … 安眠

○β-エンドルフィン … 不安軽減、緊張緩和

○バソプレシン … 記憶改善 

○カテコラミン … 強心作用

○グルタミン酸化合物 … 学習能力増強

○γ-アミノ酪酸 … 鎮静


〔参考:5日間でタバコをやめる本/佐々木温子/日東書院〕


どうでしょうか?


浮き沈みする、日々の感情の起伏を全てたばこのせいにするのも、

もちろん、良くないとは思います。


しかし、少なからず、喫煙という行為が、人間的な感情の部分にも、

影響を及ぼしているだろう、というのが見てとれるでしょうか?



さて、上記の神経伝達物質の感情への作用を踏まえて、

もう少し分かり易く解説してみましょう。


例えば、ドーパミン(快楽、楽しみ)を例にとってみたとします。


非喫煙者であれば、

日常において『楽しい』と思う出来事があったとしたら、

当たり前のように、このドーパミンという物質が分泌され、

脳に届くことで楽しいという感情が生まれます。


お分かりでしょうか?

すると、以下の仮説が成り立つことになります。


煙草の常用者というのは、

ニコチンが、脳内の受容体と結合することにより、ドーパミンを遊離する。

つまり、ドーパミンの代わりに、ニコチンが快楽を脳に与え、

その結果、必要なないドーパミンの伝達を遮断(遊離)し、

体内におけるドーパミンの分泌自体を減らしてしまいます。



しかし、普段の生活の中で、ニコチンが途切れたとしても、

その間に、すぐドーパミンの分泌する機能が戻ることはないわけです。



ということは、ドーパミンの分泌量が

非喫煙者に比べて、少くなくなってしまっている喫煙者の皆さんは、

普段から『楽しい』という感情が、脳に届きにくくなっている。

ということになります。


そして、その事は当然、感情が顔に表れないことにも繋がるでしょうし、

他の伝達物質に関しても、同じ現象が起きているわけですから、
 

結果として、喫煙は、活き活きとした多彩な感情に包まれた、

日々の生活を感じることができない。


ということに、なってしまうのではないでしょうか?


事実、私も喫煙中の方が、気持ちのイライラが強かった気がしますし、

禁煙の場所では、常に頭の片隅で、

たばこの事を考えていて、周囲への注意力。

言いかえるなら、アンテナが鈍っていた気がします。


もし、この仮説に説得力があるのだとしたら、

禁煙後の私の気持ちの充実感は、とても説明しやすくなるわけです。


しかし、この事は、聞く人によっては、

とても小さな変化に感じるのかもしれません。

けれど、私は、この感受性や気持ちの変化は、

何ごとにも代えがたい財産のような気がします。


そして、私自身が、

素直に喜んで、怒って、哀しんで、楽んで。。。

正に喜怒哀楽を表現できる人を、魅力的に感じるように、

そういう人間でありたいなぁと感じるわけです。


さて、みなさんは、

このたばこに関する、私的な仮説を、どう判断しますでしょうか?


↓あなたにとって魅力的な禁煙方法は?☆
人気ブログランキングへ


 
関連記事

tag : 禁煙でいいこと やっぴえろのポツリと

この記事へのコメント:
自分は他との関係ではなく“自分のため”だけにやめたので、あまり深く考えたことなかったなぁ
2012/05/04(金) 23:43 | URL | ロン #z8Ev11P6[ 編集]
はじめまして、ロンさん!
(ですよね?)

そうですね、
禁煙の基本は自分のためでしょう。
確かに仰る通り、
その気持ちがないと達成は難しいとは思います^^

すみません、難しかったですか?^^;

要するに今回は、
禁煙して感性が研ぎ澄まされた気がする
ということを話してみました。

コメントありがとうございます^^
2012/05/05(土) 03:04 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんにちは~

煙草が感情・感性を抑制する…。
そうかもしれませんね~。
今は煙草は減って、おかげさまで次の禁煙所は?と探さないで、お花見たりできますから。

まあ、私に限ればセロトニンさんがもうちょっとがんばってくれるとさらにいいのかなぁと。

それでは
2012/05/05(土) 16:04 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

そうなんだよね~
喫煙所探しとか、
そういったことでもイライラしなくなったというか~^^

まぁ、感覚的なものなので、
そういった変化は、
感じる感じないはあるのかもしれないけど。

セロトニンに関しては、
記事まとめて、メルマガ発行はしたので、
順調なら、再来週あたりに、
ブログにUP出来ると思うよ^^

しょしょお待ちを~(もう中学生)
2012/05/06(日) 02:48 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんわ*

非常に興味深く記事を読ませていただきました。
以前、メンソール系の煙草を吸っていましたが メンソールはあくまでも香りとしてブレンドされたものでニコチン・タールの含有量には何ら無関係なもので体への影響はそれがあるなしにかかわらず変わりない
ということを考え 煙草とは縁を切りました。
感情の振幅が やめる前と以前とではたしかに違うなって感じるところはありますね。
 
2012/05/06(日) 04:37 | URL | 諸星輝々 #Wgi4adpQ[ 編集]
うんうん
そう言えば 吸ってた時の方が
イライラが多かったような
気がするなあ
そういう事だったのね
2012/05/06(日) 05:47 | URL | みゆぴよん #SFo5/nok[ 編集]
はじめまして!諸星輝々さん!

コメントありがとうございます。

確かどこかで、メンソールの方が、
口当たり良い分、深く仕込んだり、
喉への爽快感は、
マヒに近いものがあるので
結果として、害が大きくなるなんていう記事を
読んだことがあります。

立証はされていないようですが。。。^^;


感情の振幅、
なるほど、そういう表現の仕方もありますね^^

いずれにしろ、禁煙後の方が、
本来の自分自身の姿なのだろうと感じます。

あら?
ちょっと、哲学入っちゃいましたね^^
2012/05/06(日) 23:10 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、みゆぴよんさん!

喫煙中は、ニコチンがないと、
イライラが抑えられない体になっているのだから、

どうしても、イライラの時間が長い気がしますよね。

それがなくなるって
元は自業自得なんですが、幸せことですよね~^^
2012/05/06(日) 23:17 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは。

気持ちのいい書き出しですね...
感受性や表情が豊かになったとか
どおりで、
私から見るとやっぴえろさん前向きでキラキラしてますよ、
眩しいです!^^
2012/05/07(月) 18:46 | URL | 小桜 #-[ 編集]
喜怒哀楽を表現できているかは
分かりませんが、私は何かあると
すぐに顔に出るタイプです(^▽^;)
2012/05/07(月) 20:28 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、小桜さん!

お褒め頂き、ありがとうございます^^
そうですね、
禁煙は、感受性だけでなく、
とてつもない強敵を倒したような自信も身に付きますよ。

でも眩しいは褒めすぎかな?
僕は欠点もかなり多い人間ですよ^^
2012/05/07(月) 22:26 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですか~
感情が分かりやすい人って、周りに安心感を与えますよね。

なるべくなら、喜と楽の割合が高いといいですね^^
2012/05/07(月) 22:31 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは~

セロトニンについて、自分で調べる気力がなくって、ありがとうございます。
アップされる日を気長に、楽しみに待ってます!
↑プレッシャーかけてますか?(苦笑)

感覚的に、ですが減煙効果、感じてますよ(o^―^o)

それではまた
2012/05/07(月) 23:30 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

セロトニン増加に関して、
簡潔にいうのなら、

バランスの良い食事と、
早寝早起きの規則正しい生活です。

当たり前のことかもしれないけど、
意外に祐希ちゃんの前職だと、
難しかったことかもしれないですね^^

詳しいことに関しては、
記事をお楽しみに!^^
2012/05/08(火) 00:05 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド