犠牲者

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2012/05/25(金)
あなたが今一番欲しい物は何ですか?



人の欲しがるもの市場に投入されるのは、経済活動の基本ですよね?

つまり、人が欲しがらないものは、

少しづつ、商店の陳列棚やショーケースなどから姿を消していくわけです。


私たちの暮らす日本は元より、欧米各国においても、

健康問題の観点から、急速に禁煙の波が広がっています。


すると当然『たばこ製品』の消費量は、各国で軒並み落ちこむわけで、

この打撃を受けた、たばこ販売各社は、

新たなる市場の開発を求めて、動きだすことになるわけです。


さて、彼らが次に狙った獲物とは?


*およそ数百年前の江戸時代から、我が国、日本においても、

『たばこ』に税を付与することで、国の税収の一部を賄ってきました。


それと同じように、先進各国においても、

たばこは、経済の発展には、欠かせない存在であったことは言うまでもなく、

同時に経済発展の象徴かのようなイメージを、持たれることがあるようです。


現に国民所得が上がると喫煙率が上がるというパターンは、

世界の歴史において、何度も何度も繰り返されている現象でもあります。



そんな中、現在、アフリカの各国は、

ここ十年あまりで、商品の価格が高騰し、

急速な経済発展を遂げているようです。


そうなると、高度経済成長期の日本がそうだったように、

生活に変化が生じ、暮らしが豊かになる一方、

溢れるものに対する、法的な規制が追い付かず、

結果として、矛盾やひずみを生み出すという結果が起こるわけです。


おそらく、現在のアフリカは、

その状況に近いのではないかと考えらるわけです。



実は、世界的な禁煙の波により、

利益体制にマイナスの変化が生じた先進各国の大手たばこ会社は、

今後の会社の発展と安定の確保のため、

数年前から、現存する市場から、新たな市場への転換を模索しているようです。


ちなみに、先だってJT(日本たばこ産業)から発売された、

1箱1000円の高級たばこも、おそらく、その戦略の一環なのでしょう。



経済成長という観点で見れば、

現在は、お隣、中国に目が行きがちですが、

実は、世界NO1のたばこ消費量を誇る同国のシェアは、

ほぼ、中国専売が独占していて、ここへの参入は難しいというのが、

各たばこ会社の一般的な見方のようです。



そこで、大手たばこ会社が、次のマーケットとして目をつけたのが、

たばこの害に対する一般教育や、

前述したように、比較的に法の整備が遅れている、

アフリカなのだそうです。


2009年の『アメリカ・タイム誌』の記事によりますと、

例えば、

ガーナの男性の喫煙率は8%、コンゴ14%、ナイジェリア12%


他地域の、

インド31%、マレーシアの56%、中国の61%、(日本20%弱)

に比べると、やはり、その喫煙率は際立って低く、

たばこ会社は、ここに、市場開拓の余地があるとみているそうです。



現に、JTも、スーダンと南スーダンの2カ国でシェアを持つ、

現地のたばこが会社、

ハガー・シガレット・アンド・タバコ・ファクトリー・リミテッド

(HCTF)社
を、約350億円で買収しており、


米、フィリップモリス社や英、BAT社などの大手たばこ会社は、

企業の社会的責任(CSR)という名目で、

飲料水、医療サービス、ワクチンなどを提供する慈善事業を行い、


企業のイメージアップと足場固めを、アフリカの各地で行っているそうで、


世界の経済評論家たちも『先を見据えた、よい投資となる』と、

この一連の動きを評価しているそうです。



しかし、このたばこ会社の動きに対して、

ナイジェリアなどいくつかの国々では、たばこ反対運度も起こっているようですが、


実は、これと袂を分かつように、

ザンビア、ジンバブエ、タンザニア、モザンビーク、マラウイ、ウガンダ、

マダガスカル、スワジランド、コートジボワール、エチオピア
などの国々では、


葉タバコ農業が、産業として根付いており、

貧しい地域などでは、タバコ以上に利益を生む代替の作物はないとして、

生活が破たんをみせるのであれば、たばこ産業を容認する、

という構えを見せているそうです。



しかし、これは、たばこに限った事ではないのですが、

便利であるから、体に悪いけれども効率的だからなどの、

利益主導型のものの考え方は、


もちろん今後、短いスパンは大丈夫でしょうが、

どう誤魔化したとしても、

いずれ、その産業が先細りになるのは、目に見えていると思うわけで、



更に、禁煙に苦しみ、長年、たばこを買い続けた身からすると、

これ以上、依存者を増やすべきでないと考えるのが私の意見です。


どうして、そう思うかというと、その理由はもちろん明白。


たばこが、健康と精神活動に悪影響を及ぼすものであり、

一旦、依存すると、止めるのが困難な製品であるからです。




しかし、原発問題や、基地問題ごみ処理問題と同じように、

誘致されて煙たがられる産業だったとしても、

見る角度を変えると、現地に暮らす人々の大切な収入源となっている場合が多く、


このまま見過ごせば、おそらくギブ&テイクの形で、

現地の生活ステージに、草の根のよう絡まりついていくわけです。


ですから、もし、たばこ産業を規制するのであれば、

ひょっとしたら、現地の人々の生活基盤にまで目を向け、

同時にそれらに配慮する公的な動きが、必要なのかもしれません。


そこにも、ギブ&テイクが必要なきがしますが、

みなさんは、如何お考えでしょうか?



人気ブログランキングへ



関連記事

tag : やっぴえろのポツリと 社会運動・規制などの動き

この記事へのコメント:
やっぴえろさん、こんばんは!

4回ほど読み返してわかってきたような気がします(;^ω^)

ギブ&テイク。
煙草の需要が減る、ことは健康の視点からいいこと。
良い反面、煙草を規制し需要がなくなれば、今まで供給していた煙草生産者はダメージですよね。煙草生産で生計を立ててる人に何かしらの経済的支援が必要でしょうね。

うーん、まとまりのないコメント失礼しました。
2012/05/26(土) 19:17 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

ごめんね、
ちょっと表現が難しかったかな?
次回は気をつけます^^;

言いたいことは、
祐希ちゃんのコメントの通りです。

少し補足すると、

産業としては、問題があっても、
一度、誘致してしましうと、
地元の人は、そこで仕事や給料を、
貰う人が増えるので、

『いざ、やめよう』とした時に、
なかなかスムーズにいかない。
ということです。

そういった意味では、
『煙草』そのものと同じかもしれませんね^^
2012/05/26(土) 22:56 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
市場発掘しての繰り返し
神代の昔から
繰り返されている
パターンなのでしょうね


1個1000円の煙草は
知りませんでしたねー
2012/05/27(日) 05:36 | URL | みゆぴよん #SFo5/nok[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは~

↑いえいえ、私の文章読解力がたりないだけです。はい。

一度誘致するとやめられない産業、一度吸い始めるとやめられないタバコ、理由は違っても似た者同士、でしょうか。
1000円のタバコ。「おいしい」と吸ってる人は見かけましたが、興味はわかなかったです。
煙草への興味が少しずつ失われた、ということかなと勝手にいい方に解釈してます(汗)

それでは
2012/05/27(日) 20:08 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、みゆぴよんさん!

そうですね~^^
でも、たばこに関しては、
世界的に見ても、すでに、
その健康被害が問題視されているわけですから、
これ以上、市場開拓しても、
いずれは先ぼそりな産業な気がするんですよね~

かといって、
今のままで、たばこ会社は。。。
ですよね。
一体どうなっていくのでしょうね^^;
2012/05/27(日) 23:02 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

いえいえ、
別のいいのですよ。

祐希ちゃんは、当ブログの読者さんなんだから、
貴重なご意見感謝ですよ。

このブログは真面目に書かせてもらってるので、
多少、文章が堅くなってしまうのだけど、

なるべく分かり易く。。。

というのは、常に心掛けています^^

今後も何かあったら、
遠慮なくご意見ください^o^/
2012/05/27(日) 23:09 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは

海のように広いお心で許容してくださって感謝です(^.^)
2012/05/28(月) 21:46 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

というか、
最初から怒ってないよん^^

大丈夫!
2012/05/28(月) 21:58 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
1箱1,000円のタバコが
日本でもあるんですね?
知らなかったです。
昔行ったオーストラリアでは
1箱1,000円でしたけど、
日本のタバコがこんなに値上がり
するとは思ってませんでした。
2012/05/28(月) 22:57 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね、
日本の煙草も大分高くなりましたが、
世界的に見ると、まだ低価格なようで、

外人さんが日本を訪れると、
その安さに逆に驚くそうです。

なので、そのうち、
また値上がりするのではないかと思っています^^
2012/05/29(火) 00:17 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
豊かになれば喫煙率が上がるというのは知りませんでした。
2012/05/29(火) 14:57 | URL | うちでのこづち #7OvCLxQw[ 編集]
こんばんは、うちでのこづちさん!

経済的な余裕が出来ると、
嗜好品や贅沢品を購入するということでしょうね。

コメントありがとうございます。
2012/05/30(水) 03:14 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんにちは。
最新記事じゃない方にコメントごめんなさい^^;
市場考察が素晴らしかったもので。

約20年前ですがワタクシカナダにおりまして
その当時のレイトは90円前後。
吸わないので正確な価格は分かりませんが
確かたばこが800円程していたはずです。
日本のたばこは安いんだなぁって思った記憶がありますので。
きっと日本ではたばこが安すぎて普及、
不景気の今は反して値上がりしたたばこが
妙に高く感じるのでしょうね。
それでも吸う人は吸うので産業として無くなる事はないのかも。
企業は規模は小さくても
投資する価値ありと判断すれば強引に進んでいきますよね。
商品は違いますが赤ちゃんの紙おむつだってそう。
30年前は紙おむつを使うと赤ちゃんの情緒成長に
悪影響を与えると言われたんですよ(笑)
今ではすっかり当たり前になってますよね。
戦略戦略で消費者を手懐ける日本企業は
転んでもただで起きないみたいです。
そのお蔭で日本経済は瀕死の状態ならが
まだ息をしていると言った感じですから
第三国への参入に対して、その恩恵を少なからず
受けている私達は”何もいえねぇ”^^;って
感じになるのでしょうね~
考えさせられる難しいお話です。
2012/05/30(水) 10:28 | URL | すぴまま #uvrEXygI[ 編集]
こんばんは、すぴままさん!

へ~っカナダ。
帰国子女なんですか、すぴままさん。
オーロラなんて見ました?^^

そうですね、
『たばこ産業』は、
儲かる産業だから、ここまで普及したのでしょう。

それに、お酒もそうですが、
麻薬などに比べて、精神毒性(幻覚や幻聴など)の発生が低いので、
規制が難しいところがありますよね。

ただ、個人としては薬理的な依存性のあるもので、利益を出す。
という商法がどうかなぁ?
と思うわけです。

それと、仰る通り、その利益の恩恵に預かってしまうと、
なかなか、批判もしにくくなるでしょうしね^^;
今回、僕が最も主張したい所はそこなので、ご理解頂き感謝です^^

せめて、正確で情報開示を行って、
消費者側に使用、不使用の選択を
きちっと委ねられるようにするべきな気がします。

そういった意味では、
まだまだ、情報開示は不十分な気がするんですよね。

特にコメントは、最新記事でなくてもOKですよ。
過去記事でも、何かの琴線に触れたのなら嬉しいです^^
2012/05/30(水) 22:36 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド