たばこ恋愛バイブルぱーと2

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2012/12/19(水)
あなたの愛しい人たちは、煙草を吸いますか?

あなたの愛しい人たちは、あたなたに禁煙をすすめますか?



たとえば、自分の恋人や配偶者に、

改めてねぇ、明日からタバコを吸い始めたいんだけどいいかな?

と聞かれたら、ごく少数を除き、

いいよと快く答える方は、少ないのではないかと思います。


もし愛おしい人に、禁煙を勧められた場合、

その言葉の裏には、愛情が潜んでいる気がしますがどうでしょうか?


今回も前回の続き、ファイザー製薬のアンケートデータを元に、

今度は、禁煙をすすめる恋人や配偶者の気持ちにポイントを絞って、

考えてみたいと思います。



 
*おそらく大多数の喫煙者さんは、

たばこ止めたら?』と、人に禁煙を勧められるのを嫌うはずです。

例え、それは自分自身が『禁煙』を考えていたとしてもです。


場合によっては、そのアドバイスに腹を立てて、

ケンカに発展することすらあるでしょう。


それって、非喫煙者さんから見ると、とても不思議に感じるでしょうね。


しかし、その不思議な気持ちを代弁するなら、

おそらく、喫煙者さん自身は、気持ちのどこかこに、

後ろめたさや罪悪感を感じて喫煙している場合が多く、

それを責められたことで、腹を立てるのではないでしょうか?



子供の頃『宿題やらなきゃなぁ~』と思っていて、

親に『宿題やりなさい!』と言われると、

何となく、イライラしませんでしたか?

多分、あの心境に近いのではないかと思います。



しかし、客観的に見てみれば、

恋人や配偶者の『禁煙したら』も、親の『宿題しなさい!』も、

相手の健康や将来を考えての発言だと思います。


それは、ある意味、

愛情という種類の感情だと思うのですが、いかがでしょうか?



さて、そこで、喫煙者を促す場合の感情を探るため、

今回も2011年1月に、ネットアンケートの形で、

禁煙薬の会社、ファイザー製薬が行った、

男女の恋愛・結婚における喫煙意識調査の中から、

今回は、恋人や配偶者が、パートナーに禁煙をすすめるケースに、

ポイントを絞ってまとめてみました。


あなたの恋愛バイブルもう1つページを加えることが出来るでしょうか?

早速、そのアンケートデータを示し、

考察を加えながら、進めてみましょう。




【男女の恋愛・結婚における喫煙意識調査】



問1、 喫煙する恋人に禁煙を勧めたことがありますか?(回答N=812人)


男性(N=310人)

はい  109人(35.2%)

いいえ 201人(64.8%)



女性(N=502人)

はい  176人(35.1%)

いいえ 326人(64.9%)



面白いことにこの質問によると、

男女ともに『実際に恋人に禁煙を勧めた割合』は、

ほぼ同じと言っていい数字のようです。



前回、掲載したアンケートでは、男性の方が女性に比べて、

恋人の喫煙を好ましくないとしていたことから考えると、

意外に、男性の方が『恋人に禁煙してほしい』と思っていても、

言わないか、言えない、という方が多いというわけですね。


こういった所も、草食系男子という証明なのでしょうか

結果はどうであれ、思いは伝えた方がいいのではないかと思いますが。




問2、なぜ禁煙を勧めたのですか?あてはまるものを全て選んでください。

(問1で、禁煙を勧めたことがあると回答した285人の回答)



○タバコを吸って体を悪くしてしまうことが心配だったから

男性 77.1%(84人) 女性 68.8%(121人)


○タバコの煙でご自身を含め、まわりの人が体を悪くしてしまうことが

心配だったから

男性 25.7%(28人) 女性 44.9%(79人)


○タバコのニオイが気になったから

男性 33.9%(37人) 女性 50.0%(88人)


○タバコの煙が煙たかったから

男性 25.7%(28人) 女性 36.9%(65人)


○タバコの灰が気になったから

男性 9.2%(10人)  女性 15.3%(27人)


○お金がもったいなかったから

男性 17.4%(19人) 女性 46.6%(82人)


○その他

男性 11.9%(13人) 女性6.3%(11人)



さて、どでしょう?何となく、この数字から見てとれるのは、

男性は、喫煙者自体が吸い込む主流煙の害。

女性は、他者が吸い込む副流煙の害や匂い、

更には、金銭の浪費が気になるということでしょうか?


一方、ここでは具体的な数字は示しませんが、

逆に禁煙を勧めなかった理由の多くは、男女ともに、


1位は、自分もタバコを吸っていたから。

2位は、特に気にならなかった。

3位は、相手の嗜好に口を挟みたくなかった。


だそうです。

確かに、自分が喫煙者の場合、

相手に禁煙求めるのは、少し横暴な気がしますよね。




問3、どのように状況が変化したらその方に禁煙を勧める、

または勧めていたと思いますか?あてはまるものを全て選んでください。

(問1で、禁煙を勧めたことがないと回答した527人の回答)


○相手または自分が、健康を損ねたら

男性 59.2%(119人) 女性 69.0%(225人)


○更にタバコの価格が上がったら

男性 21.4%(43人)  女性 31.0%(101人)


○医師から禁煙を勧められたら

男性 28.4%(57人)  女性 35.6%(116人)


○子供を妊娠したら(妻・恋人が妊娠したら)

男性 64.7%(130人) 女性 36.5%(119人)


○喫煙できる場所が減ったら

男性 2.5%(5人)   女性 4.3%(14人)


○相手が、就職・転職など仕事上の節目があったら

男性 1.5%(3人)   女性 2.8%(9人)


○家族や友人から禁煙を勧められたら

男性 1.5%(3人)   女性 3.7%(12人)


○その他

男性 1.0%(2人)   女性 1.2%(4人)


○何があっても禁煙を勧めない

男性 10.0%(20人)  女性 8.9%(29人)



問4、喫煙者の恋人との交際から結婚生活を考えた際に、

禁煙を促す一番のきっかけは何だと思いますか?

(恋人、結婚相手に禁煙してほしいと回答した704人の回答)


          男性(391人)   女性(313人)

結婚        20.5% (80人)   15.0% (47人)

妊娠・出産     59.6%(233人)   65.5%(205人)

就職・転職     0.0% (0人)    0.3% (1人)

誕生日        0.5% (2人)   0.3% (1人)

二人の記念日     1.3% (5人)   0.5% (2人)

元旦         0.0% (0人)    0.0% (0人)  

タバコの増税     6.4% (25人)    7.0% (22人)

病気をしたとき    8.7% (34人)   10.5% (33人)

その他        3.1%(12人)  0.6% (2人)




問3、問4は似ているよう、微妙に質問のバランスが違います。

問3は恋人関係、問4は結婚を考えた場合

更には、問3は複数回答可問4は複数回答不可

という部分です。


これによって、何が見えるかというと、

やはり、双方ともで、妊娠・出産が禁煙のタイミングと考えている方の、

比率が高いということ。


そして、複数回答が可能な場合、

自身と恋人の健康への数値が上がるということは、

やはりどのカップルにおいても、

自分たちよりも、子供の健康が優先と考える方が多いということですね。



総合的に見ると、パートナーに禁煙を勧める場合、

仕事や金銭的な問題よりも、健康を気遣ったような回答が多いようです。



つまり『禁煙すすめる心』は、

相手や家族の体を気づかう愛情に由来することが多い。

ということが言えるのではないでしょうか?



もし、喫煙者の方が、恋人や配偶者に禁煙を勧められた場合、

どんな言い方、どんな表情であれ、

その根元にある気持ちを一度、見つめてみてはいかがでしょうか?


そうしたら、意外にその言葉を、

すんなり受け入れることが出来るかもしれません。




《ファイザー製薬『男女の恋愛・結婚における喫煙意識調査』より、一部改訂》


↓禁煙ブログランキングをじっくり見つめてみませんか?☆
人気ブログランキングへ



関連:たばこ恋愛バイブル



 
関連記事

tag : たばこの雑学 禁煙でいいこと 副流煙

この記事へのコメント:
やっぴえろさん、こんばんは。

今回の記事を読んで言い出せない、言えないという文に胸が痛みました。

私のパートナーの女性はタバコの煙を吸いこむと、冗談抜きで息が出来なくなるアレルギーに最近なりました。

でも、「吸わないほうがいいよ」とは言っても、「タバコやめて」とは言ったことがありません。

ちょっと、まじめに禁煙方法を考えてみようかと思います。
2012/12/20(木) 00:36 | URL | ヘイジ #-[ 編集]
愛の反対は無関心ですしね‥

禁煙を進めてくれる方には愛情を受けているのを感じます。

後ろめたさはあるでしょうね。特に現代では…

昔なら男に逆らわないのが女、だとか男は良いけど女はダメだとか、男のする事に女が文句を言うなと言う風潮でしたが、女はそのころからシビアで現実的な感情、思考だったと思うんですよね~

お見合い結婚がメインだった時代に、上記のような風潮の中では、勿論そうでないパターンもあったでしょうが、例えば旦那さんに対し深い愛情は少なかったかもしれません。
禁煙を進める場合の動機は、子供への影響タバコの匂いなどが多かったんではないかなと…

何か逸れまくりスイマセンm(_ _)m
しかも女性視点ばかりですね。

勢いで女性視点の体験ですが、昔若い頃、ある喫煙者の男性に
「女はタバコなんて吸うな」
って言われた事があるんです。
タバコ吸いながら…

すごく腹が立ったの思い出しましたf^_^;
愛情からくる禁煙の進めには申し訳なさが沸くばかりです…

逆にその男性が非喫煙者だったら腹も立たなかったと思うんですが…

師匠の記事には、二重の問いかけあると勝手に解釈しています。

師匠は卒煙者という、喫煙者の気持ちを分かる立場の上で、やはり禁煙を進めてくれ(サイトの趣旨から当たり前ですが…)ながら、それぞれの解釈に任せるメッセージ。
そんなんは、当たり前かもしれませんが、師匠の文章の好きな所の一つです!

後はSなのに優しい。
(アメとムチ!?嘘です。)

うーん全く違う方向に話が来ました。

スイマセン!
2012/12/20(木) 00:42 | URL | えんきんりょうよう #-[ 編集]
こんばんは、ヘイジさん!

煙草の煙で、呼吸困難ですか。
それは、冗談抜きで、禁煙をオススメします。

COPDかな?
化学物質過敏症かな?
もう、されているかもしれませんが、
一度、診察を受けた方がいいと思います。

やはり、愛する人には、
いつまでも元気でいて欲しいですものね。

禁煙しなさいと言うのではなく、
あなたの体が心配です。
と、伝えてあげるといいかもしれません。
その気持ちに嘘はないのでしょうから^^
2012/12/20(木) 09:53 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、えんきんりょうようさん!

いいと思いますよ。
女性なのだから、女性の視点で^^

僕はそもそも、男と女は別の考えをもった生き物だと思っています。
どちらが、優れているとかでなく、
それぞれ特性があるのだと思います。

例えば、運動能力は男性のが上。
周囲に対する気配りや母性本能などは、
女性の方が上だと考えます。

もちろん、例外はありますけどね^^;

そうですね。
僕は、決して嫌煙者ではないので、
喫煙者を毛嫌いしているわけではありません。
元喫煙者というスタンスで、
ブログを続けたいと思っています。

まぁ、それが正直な自分ですしね^^

優しいS?
愛のムチ!ってところですかね?^^

いつも褒めて頂いて、
ありがとうございます^^
2012/12/20(木) 10:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

「煙草やめたほうがいい」その一言の裏に大きな愛情があるんですね。言われると少し嫌な言葉ですが、言う方も愛情があるからいう、というところでしょうか?
お叱りを受けられる内が華と思って真摯に受け入れることにします。

いつもながら統計の分析が素敵ですね(^.^)荒っぽく「だから禁煙じゃー!」にならないところが。
2012/12/20(木) 16:45 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんわ~

喫煙の意識や禁煙のきっかけってそれぞれなのですね(^-^)
禁煙する何か月前くらいから、セブンスターなど強い煙草吸うと咳が
止まらなくなることが多くなりました。
でも、マイルドセブンだと咳が出ないんですね。
元々、アレルギーがあるので、体が
禁煙しなさいって警告だったのかも?(;^_^A
あと、知り合いは煙草の吸い過ぎで・・
と言っていましたが、
酸素タンク背負って生活しています(´_`。)
2012/12/20(木) 21:26 | URL | あめしすと       #-[ 編集]
こんばんは(*^_^*)。
実際に私も勧めましたよ。
禁煙までいかないけれど、本数は減ったといってくれました。
頭ごなしはだめですが、
話してみる価値はありますね。
ぶつかってみなければ、何も始まらないし・・・。

いつもありがとうございます。
2012/12/20(木) 22:36 | URL | 真由子 #MJLNzMZ2[ 編集]
かなかな、こんばんはかな?やっぴーさん♪こんばんは、かな?

ひーちゃんは、人それぞれ、個性大事派なので、

好きにしなさい・好きにしますなのだぁ~

お酒とたばこは、「カッコよければ」だけどなッ!!

カッコよくないのに、カッコ付けて吸っていたらぁ~

零距離鉄山靠だなッ!!

お命頂戴なのだッ!!
2012/12/21(金) 00:06 | URL | ひーちゃんなのだぁ~♪ん?、なのかな?かな? #-[ 編集]
こんにちは、祐希ちゃん!

そうですね、
僕は『おせっかい』って、そもそも、
愛情のなぜるワザなのではないかと思うんです。

もちろん、押し付けの強すぎない範囲ですけどね。

全てではないけど、
選択は、それぞれがするのを前提で、
『私はこう思う』を伝えてあげると、
言われた側も、ある種、安心する部分もある気がします。

つまり、叱られているうちが、花ということです。
でも、言いなりになるのでなく、判断は自分でするようにね^^

素敵ですか?
ありがとうございます^^
2012/12/21(金) 11:15 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんにちは、あめしすとさん!

生活環境や条件が違うので、
禁煙の理由は人それぞれでしょうね。

でも、個人的には、ドクターストップがかかる前に、
止めた方がいいとは思っています。

お友達、酸素ボンベですか。
おそらく肺気腫(COPD)が原因でしょうね。
煙草の吸い過ぎで起こりうる、
症状ですよね。

きっとご苦労が多いのでしょうね。
お大事になさって欲しいです。
2012/12/21(金) 11:23 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんにちは、真由子さん!

そうですか、
お夫婦なら、尚更、機を見ての話し合いは、
大切なのしょうね。
家族って、そういうものですものね。

自分の提言に、
出来る範囲で答えようとしてくれるのも、
何となく愛情を感じますし^^

対話は、大事なコミュニケーションですよね^^
2012/12/21(金) 11:31 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんにちは、ひーちゃん!

こんにちはです。
いつまでも持つか分からないけど、
朝型に変えてみました^^

そうだね、個性は大事だね。
だからこそ、人と人の関わりは、
面白いのだよね^^

同じ人間など、世の中に二人とはいない。

ひーちゃんはひーちゃん。
やっぴさんはやっぴさんしかいないさぁ~

それで、みんなが調和していけたら、
世の中、きっと平和だね^^
2012/12/21(金) 11:40 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
夫婦2人とも喫煙者だったら、お互いに
何も言わないかも知れませんね。
でも、どちらか一方が喫煙者の場合は、
やっぱりあまり良くは思わないのかも・・・
私の周りの夫婦はみんなそんな感じで、
禁煙させられてました(^▽^;)
2012/12/21(金) 23:08 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんにちは、mifaさん!

そうですね、
喫煙の有無は、やはりパートナーの影響も大きいのでしょうね^^

僕も喫煙者時代は、
当時の恋人にチクチク、禁煙を言われ続けました。

パートナーの愛情に感服ですね^^
2012/12/22(土) 10:16 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド