極寒のチュクチ、たばこ世界一周の終着点

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/01/10(木)
煙と自分の吐き出す息の白さが、

混じり合って、区別がつかない。


寒い中の一服といえば、そんな記憶があります。


段々と分煙が進み、喫煙所が屋外というケースが増えた昨今では、

喫煙者のみなさんにとって、

一段とその吐息のイメージが強くなっているのかしれません。


日本の北東、ユーラシア大陸の最東部に位置する

チュコトカ半島という場所をご存知でしょうか?

こちら、ロシア連邦所属の自治管区で、東のベーリング海峡を挟み、

アメリカ大陸と隣接した場所にある極寒の地です。


そもそも、たばこは、

アメリカ大陸から大西洋を渡り、ヨーロッパに持ち込まれたのですが、

そこから、東へとはるばる大陸を横断し、この地へと伝わったことで、

おおよそ世界を1周したことになるわけです。


さて、今回は、そのたばこ伝播終着点チュクチのお話です。


*ツンドラ地帯と言うと、

みなさんは、どういったイメージをお持ちになるでしょうか?


そもそもツンドラまたはタンドラとは、

ロシア語で、地中深くに永久凍土が広がって寒冷な地域で、

更に雨の少ないという特徴を持った地域を言うのだそうです。


そういえば、中学校で習った気がします。


永久凍土なんて単語を聞かされると、

基本、寒がりな私は、その字面だけでも何となく身震いしてしまいますが、

ちょっと想像力が、たくまし過ぎますかね?



チュコトカ半島は、

このツンドラ地帯に所在する、ユーラシア大陸の最東端の半島で、

現在では、都市部を中心にロシア人が移り住んでいます。


しかし、この地にも、

アメリカのインディアンや、オセアニアのアボリジニと同じように、

ロシア人が訪れるより先に、先住民が生活を営んでおり、

それが、この地の名に由来するチュクチと呼ばれる民族です。


現在、先住民『チュクチの人口は1万5千~6千ほどと言われており、


その生活形態から、

トナカイを多く持つ人』を意味する遊牧民のチュクチ』。


海岸近くに定住し、セイウチ、アザラシ、クジラなどの海獣類の漁を営む、

別名アンカルエンと呼ばれる海岸チャクチに、

大きく二分されるのだそうです。


チュクチは、

周辺地域に在住する、コリャークシベリア・エスキモーなどの他民族に比べ、

比較的、人口が多いことで知られ、

言語や文化など面で、周辺への影響力が強いとされてきたそうです。


犬ぞりでお馴染みの犬種シベリアン・ハスキーの祖先はこの地に由来し、

極北の生活では必要不可欠なことからも、

その事実を見て取ることも出来るでしょうか?



たばこの伝来については、

18世紀のはじめ頃には、すでにチュクチの人々は、

男女問わず、たばこを嗜んでいたと言われることから推測するに、

おおよそ、17世紀頃と見るのが妥当で、

時期としては、日本への伝来とさほどの差はないと思われます。


この地へのたばこ伝播のルートも、

前述した通り、東のアメリカ大陸からではなく、

西南のロシアや中国から、伝わったものと見られており、


コロンブスの新大陸発見が、約16世紀くらいという事から、

おおよそ100年くらいかけて、

地球を一周、遠回りでもたらされたことになるようです。



伝統的なたばこの楽しみ方は、中国から伝わったと思われる煙管

木や鉄、または、この地方らしいマンモスの骨を使ったパイプなども、

用いることがあったようです。


永久凍土から姿を現したマンモスの骨のパイプで作るなんて、

なんとも、ロマンのある当地らしいエピソードとも言えるでしょうか。



しかし、その反面、永久凍土の地であるがために、

もちろん、この地では、たばこの栽培をすることは出来ず、


海岸チュクチなどは、アメリカとの交易もしていたようですが、

トナカイチュクチは、

18世紀くらいまでは、ロシア人によって作られた、

アニュイなどの交易所で物々交換するのが、一般的だったようです。



ちなみに、この頃の詳しい記録によりますと、

チャクチが、交易に使用する一般的な品は、

シベリアキツネ、トナカイの皮やその他毛皮、セイウチの牙


ロシア人が持ち込んだのは、

煙草の他、ナイフや銅製のヤカン
などが一般的だったそうで、


相場に直すと、

たばこ18kgに対して、赤キツネの毛皮10枚、またはセイウチの牙40本。

同じく、銅製のヤカン18kgも、赤キツネの毛皮10枚だったそうです。


更に、キツネの毛色によっても、価値が違ったようで、

参考に示しておきますと、



黒キツネの毛皮1枚 = 赤キツネの毛皮20枚

銀ギツネの毛皮1枚 = 赤キツネの毛皮2枚

ビーバーの毛皮1枚 = 赤キツネの毛皮2枚

カワウソの毛皮1枚 = 赤キツネの毛皮2枚

赤キツネの毛皮1枚 = 北極キツネの毛皮4枚

赤キツネの毛皮1枚 = セイウチの牙4本

北極キツネの毛皮1枚 = セイウチの牙1本



ここから想像するに、やはりたばこはやや高級品だったように思うのですが、

みなさんは、どう感じるでしょうか?



しかし、煙草の入手は、物々交換に頼っていたため、

あまり在庫が安定せず、品薄な状態も多々あったようです。


そんな時は、木のパイプを割り、

内部に付着したヤニをそのまま取り出して、噛みたばことして使用。

また少量のたばこを巡り、殺人が起きたという話まで残っているようですが、


いずれにしろ、20世紀のはじめには、

チャクチの人々にとって、たばこは、生活に欠かせない品となっていたそうです。


さて、極寒の地の人々は今でも、

多くのトナカイたちを誘導しながら。

白い息と共にたばこの煙を宙へと吐き出しているのでしょうか。


そして、禁煙余波も最後に訪れるのでしょうか?



↓そして、最後の最後にあなたはポチっと押すのでしょうか?☆
人気ブログランキングへ


 
関連記事

tag : 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
こんにちわ(^-^)

黒キツネの毛皮1枚が赤キツネの毛皮20枚、凄いですね
それだけ黒キツネの毛皮は珍しいものだったのでしょうね
こないだテレビで、新聞紙で作る煙草をやっていました(^-^)
新聞紙を細かくちぎって、あとは普通の紙で巻いて
現地の人たちには好評のようでした(^。^)
体に害のない手作り煙草、いいかもですね♪
2013/01/10(木) 16:19 | URL | あめしすと       #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

息が白いのか煙で白いのかわからない今日この頃です^_^;部屋の中でも寒くって。。。

歴史についてまた勉強になりました。後ほどゆっくりと読ませてください。
2013/01/10(木) 17:20 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

そうですね、
この相場だと、最高級品は黒キツネの毛皮となりますね。

調べてみると、
やはり黒い毛をもつキツネは今でも、
希少種らしいです。

新聞紙を吸うんですか?
オセアニアの方で、煙草の巻紙に新聞紙を使う習慣があるようですが、
それと一緒なのかな?

体に害がないのはいいかもしれませんね^^
2013/01/10(木) 22:27 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

そうだよね、
祐希ちゃんのブログを読んでいると、
そちらは寒そうだものね。

息なの?煙なの?状態でしょうね^^

暖かくして、風邪などひかぬようにね^^
2013/01/10(木) 22:33 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/10(木) 22:56 | | #[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

そっか、可哀そうに。
ちょっと頻繁すぎるね。
僕の方は全然平気だよ。

元気出してね^o^/

2013/01/10(木) 23:29 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

ゆっくり読ませてもらいました。
すごく高価なものだったのだと感じます。品薄状態?も手伝ったのでしょうか。

永久凍土は聞いただけで震えがきます。行きたいな程度の意欲もわかなくなるくらい^_^;
2013/01/11(金) 19:34 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
黒キツネの毛皮は希少なんですね。
見た事がないけど、数が少ないのかな?
シルバーフォックスはよく聞きますが・・・
北極キツネも見た事ないかも。
北極~って事はやっぱり白いのかな?
2013/01/11(金) 21:55 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

そうですね、
現地で生産や調達出来ないとなると、
やはり品薄状態があり、
希少価値が高まったと考えられますね。

あらま、祐希ちゃんも、
寒いのは苦手なのね^^
2013/01/11(金) 23:57 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

黒い毛皮のキツネは、
とても珍しいようです。

更に北極キツネは、仰る通り、
毛の白いキツネなんだそうですよ^^

シルバーフォックスやプラチナフォックスは、
毛皮でもよく耳にするので、
ひょっとしたら、黒や北極の方が、
希少価値が高いのかもしれませんね^^
2013/01/12(土) 00:03 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド