たばこ一本、火事のもと?

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/01/19(土)
火の用心!


冬の夜回りといえば、拍子木をカンカンと打ち鳴らし、

火災への注意を呼び掛けながら、町内を練り歩く、

言わずと知れた、日本の冬を彩る風物詩の一つですよね。


ところがどっこい、時が流れ生活様式の変化とともに、

この風情のある風習も、だんだんと今や記憶の断片へと、

その姿を変えつつあるようです。


何故、この夜回りが、

寒い寒い冬の夜に、敢行されるかと言えば、

冬は空気が乾燥して、火事が起こりやすい状態なこと。

更には、暖房器具を使う機会が多く

特に、火の気に注意が必要だというのが主な理由でしょう。


しかしそんな中、煙草と火事とが、

ただならぬ関係であることは、みなさんご存知の通り。


そこで、ここは冬色の便せんに乗せて、

煙草と火事について、みなさんに便りを認めてみようと思います。



*火事と喧嘩は江戸の花と言わるように、

江戸の時代の東京は、大変、火事が多かったこととで有名です。


どの位、多かったかと言いますと、

徳川幕府が開かれ、大政奉還が行われるまでの267年の間で、

おおよそ100名以上の死者を出したされる大火と呼ばれる火事が、

実に49回、発生したのだそうです。


ピンとこない方のために、同時期の他の大都市と比較しますと、

京都が9回、大阪が6回、金沢が3回。


もちろん、江戸の町では、

この他にも、規模の小さな火事は、頻繁に発生していたようで、

ここからも、江戸の庶民が、いかに常時、火事の危険にさらされていたか、

窺い知ることが出来るでしょうか?



江戸の大火の原因は、

人口密度の高さや長屋などに代表される密集した建築形式のためと言われ、


火種となったのは、調理器具や行燈や提灯などの照明器具からの失火、

または、盗賊などの引き起こす放火などが挙げられるそうです。


しかし以前も記事にもしましたが、江戸の町の喫煙率は約97%

ここから想像しても、煙草の不始末が火種となった火事も、

多かったのでないか?と推測することが出来ます。



こんな事から事態を重く見た幕府は、慶安元年(1648)には、


町中の者は交代で夜番すべし。月行事はときどき夜番を見回るべし。

店子たちは各々火の用心を厳重にすべし



というお触れを出し、

これがどうやら、火の用心』の夜回りの原点になったようです。


そして更には、放火などの犯罪対策には、火付盗賊改役を設置。

ちなみにお馴染み、池波正太郎の小説鬼兵犯科帳長谷川平蔵は、

父、宣雄の後を継いで、この役目についた実在の人物です。



そして、時は流れた現在でも、放火が殺人と並び、

死刑まで適用されることがある重罪なのは、

この時代の、火事に対する強力な取り締まりの名残とも言われています。


しかしもちろん、名残とういう意味だけなく、

火災は、不特定多数の人の命だけでなく他、財産なども灰にすることから、

放火が重く裁かれることへの違和感は、みなさんもさほど感じないでしょう。




さてでは、ここで一つ質問ですが、

今現在の日本の、火災の原因ワースト1に挙げられるのは、

何だと思いますか?


煙草と思った方は残念でした。

正解は、やはり放火』または『放火と思われる不審火なのだそうです。

今も昔も、人心はそう変わりがないということでしょうか?



しかし、消防白書などの統計を見ますと、

煙草の不始末が原因による火災は、放火に次ぐワースト3。

ちなみに、ワースト2は、コンロによるもの。


しかし中でも、煙草による火災で深刻な問題となっているのは、

実は、火災による死亡者数との関係なのだそうです。



ちなみに、平成17年~21年までの統計データを示しますと、


年度    総死亡者数  たばこ火災による死亡者

H17      1,220人    233人

H18      1,187人    226人

H19      1,148人    229人

H20      1,123人    206人

H21      1,023人    193人


これ以前の10年を見ましても、死亡者数で見ると、

例年、常にたばこ火災が1位で、

全体の約2割弱、5人に1人が犠牲となっているわけです。



更にこの場合の、たばこを発火源とする火災の着火物を見ると、

ふとんがダントツの1位で、

以下、ゴミ、カーテンやじゅうたん、衣類、繊維類、紙類、

内装・建具類、ガスなどが挙げられます。



これも、例年、同じ傾向が見られることから、

『煙草×ふとん』を発火原因とすると火災は、

他の火災よりも、死亡率が断然、高くなるということが言えると思います。




つまり、あえて強く警告するなら

寝たばこ禁止!

ふとん上の喫煙禁止!です。


もちろん、禁煙してしまえば、

これらの心配からは解放されるわけですが。。。




さて、ここから、たばこ火災の特徴を。。。

と思いましたが、長くなってしまったので、

また次回に持ち越しとしたいと思います。

どうぞ、お待ちくださいね。




人気ブログランキングへ



 
関連記事

tag : たばこの雑学 社会運動・規制などの動き 禁煙でいいこと

この記事へのコメント:
寝たばこ? とんでもないですよ、絶対にダメ。
布団の近くという意味ではこたつでも禁止した方が良いくらいです。

火事は家まで持って行かれるので、泥棒より始末が悪いと言いますよね。
この寒空に焼け出される、考えただけで背筋が凍ります。

続きのたばこ火災の特徴、よろしくお願いします。
(楽しみにする、という表現が何となく変に思えたので)
2013/01/19(土) 10:20 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

江戸時代で放火の罪が重かったというのも納得のいく話ですね。。。
そしてホテルには必ず書いてある「寝たばこ禁止」も理解がいきます。寝具は記事にあるとうり燃えやすいものですし^_^;

寝たばこはしたことないですが気をつけたいと思います。
2013/01/19(土) 20:05 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんわ~

そういえば、子供の頃、家の畳が
よく焦げました(;^_^A
親がよく寝煙草もしてましたね
灰の捨て方が雑だと火種が飛んでいくんですよね
よくないですよね(^-^)

年末の夜になると必ず拍子木叩いて
夜回りされていますね
拍子木の音は良いですね
2013/01/19(土) 23:09 | URL | あめしすと #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

そうですよね、寝たばこが原因の火事は、
物や家だけでなく、命ももってかれる確率が高い。
ということになりますよね。

僕も、喫煙者時代は、
寝たばこだけはしなかったです。
それとなく、危険だと感じていたのでしょうね。

こちらも記事の『楽しみに』という文言を訂正しておきました。
では次回!^^
2013/01/20(日) 02:42 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

江戸時代は、見ての通り、
火事が頻発したので、
その発端が重罪となったのは、理に適っているのでしょうね。

寝たばこは、
やはり十分気を使った方がいいと思いますよ。
もっとも、経験がないなら、現状通りでOKでしょうが^^
2013/01/20(日) 02:55 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

火種がポンと。。。
僕もそんな経験があります。
おかげで、絨毯や座布団を何度焦がしたか。。。^^;

禁煙した今はもう心配はなですけど、
今でも、その名残が僕の部屋にあります。

拍子木の音は冬の風物詩ですよね。
でも、最近はやはり、取りやめる地区も増えているそうです。
何でも、夜回りで家を留守にするのが、
不用心だとかで。
こんなところにも、核家族の波ですかね?^^;
2013/01/20(日) 04:33 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

行事やら用事で忙しかったり、体調不良だったりネットで何やかんやマニアックな(笑)歴史調べたりしてました!
覗き見はしていたんですが、スイマセン~

寝煙草は怖いですね。
むかーしむかししていた時代があります( ̄∇ ̄;)今ではようやっていたもんだと怖いです(*_*)

帰省すると、義父義弟たちみんな屋内や寝煙草未だ普通なんでビビります!

田舎住まいの私は冬の夜、記事のような

ひのーよーじん!カンカン!

が聞こえていたのですがここ2、3年は聞こえません。地域でする方が居なくなったようです…
ちょいと寂しい(苦笑)

冬場に限らず、タバコの火の始末はこれでもかってくらい気を付けねばなりませんね~
2013/01/20(日) 14:24 | URL | えんきんりょうよう #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

火事と喧嘩は江戸の華。なんて聞きますが、華は華でも違いますね。
年末に忙しくなる「火の用心」今の時期になると懐かしいです(^.^)
2013/01/20(日) 17:13 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、やっぴーさん♪

定期的にブログ書かないと、やっぱり二度と書かなくなりそ~

って、事で予定通りに参上っス!!

ズバッと、解決します(何を?)

最近、拍子木の音を聞かなくなりましたねぇ~

ちょっと、さみしいぃ~

拍子木と言えば、必殺だよねぇ~

あぁ~、だめだめ、禁煙禁煙!!禁煙記事のコメントッ!!

では、次回に持ち越しって事で~

お後がよろしいようでぇ~♪

2013/01/20(日) 21:42 | URL | ひーひーひーひーひーひーひー #-[ 編集]
こんばんは、えんきんりょうようさん!

おっ、ご無沙汰です^^
お元気でした?
しばらく、コメント等拝見しなかったので、
アメーバからでも、メッセージしようか迷っていたところです。

体調優れないのかな?と思ってましたが、
どちらにせよ、連絡あってよかったです。
少しだけ安心しました^^

マニアックな歴史って何ですか?
えんきんさんの場合、とんでもないところ、
調べてそうだからなぁ~

そうですね、喫煙所は理想は屋外ですが、
無理ならば、ふとん上喫煙は避けて欲しいものですね。
2013/01/21(月) 00:20 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

火事と喧嘩は江戸の花は、
実は、祐希ちゃんのイメージで正解な側面もあります。

というのも、『火事』も『喧嘩』も、
江戸っ子たちは、どこか楽しんでいた感じもあるのだそうです。

野次馬根性みたいのものでしょうか?^^;
どちらも日常、たまにある派手な出来事だったのでしょうね^^
2013/01/21(月) 00:26 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、ひー×7ちゃん!

おかえり~ひーちゃん。
少しパワー溜まったかな?かな?

文章ってクセにならないと、書き続けるのは大変だよね。
でも、ひーちゃんの場合は、
訪問者さんとの交流を楽しんでる感じだから、続いてるのもね^^

今後も疲れたら休む。
気楽でOKだよ!

あっ、いいよ。
ひーちゃんは、禁煙コメントでなくてもいいよ。
特別に許す^^
でも、関係ないリンクとか貼らないでね。
貼らないか^^
2013/01/21(月) 00:46 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
ご心配おかけしすいません!体調不良もですがちょっと忙しくバタバタしていました(>_<)

とんでもないこと(笑)
そんな事は調べてないですよー
多分…?( ̄∇ ̄;)

古代遺跡第一発見者の記録や、古代文明の宗教とか…

古代エジプトの神さんたちの繋がりや、壁画の意味とか…ミイラの作り方爆、、
かと思えば、嵯峨浩さんの事とか(笑)

君主論のマキャベリくんから、チェザーレボルシアくんからフィレンツェ辺り、そいでまた遡り、紀元前後のキリスト関連からローマ関連の辺りから飛んで、戦時中戦後、更につめて原爆投下を一部の日本人は傍受していたことやら、色々まさぐってました( ̄∀ ̄)

マニアックなのはまたいつか紹介しますです(`▽´)
まだまだまだまあだ!古代 中世 近代 網羅する予定です♪
2013/01/21(月) 01:34 | URL | えんきんりょうよう #-[ 編集]
こんばんは、えんきんりょうようさん!

ははは、
相当マニアックですね。

歴史ブログでも書いてみたらどうですか?
何か読むと、ものすごーく勉強になるような気がします。

エジプトの神々の繋がりなんて、
気なりますね。
面白そう。
僕は意外に子供の頃、ギリシア神話とかも好きでした。

そこまで遡ると、
完全に架空のファンタジーとして読めるのもいいですよね。

いずれにしろ、ちょいちょい息抜きが出来ているのなら何よりです。
何でも適度にね^^
2013/01/21(月) 20:53 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
小さな火種も大きくなると恐ろしいですね。時々サイレンが聞こえるととっても不安になりますよね。
2013/01/21(月) 22:07 | URL | まも #-[ 編集]
こんばんは、まもさん!

火事は本当に怖いと思います。
火種は小さくても、
燃え広がれば、劫火となり、
あらゆるものを焼き尽くしますものね。

やはり注意が肝心ですね^^
2013/01/22(火) 03:40 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド