チャコールフィルター王国の建国

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/03/16(土)
利き酒セットって、

居酒屋さんなんかで、よく見かけますよね?


私、酒の席では、ただただ、ひたすら酒を喰らうのではなく、

こういった余興めいたことが好きだったりします。

つまり、見かければおーい、店員さん!

すぐさまオーダーなわけです。


しかしながら、この手のセットで遊んだ場合、

ほとんどと言ってほど、正解を出したことがありません。

通っぽく思われることが多いのですが、

どうやら、見かけ倒しな感は否めないようです。


セブンスターといえば、

煙草好きの通な銘柄として、現在でも根強い人気があるのですが、

実はそれには、ある明確な理由があります。


今回は、禁煙所はこちらオブザーバー

自己満足で行こう!もふもふ903さんからのご質問に答えて、

セブンスターの秘密に迫ってみたいと思います。



 
*さて、まずは国産商品

この言葉にみなさんは、どんなイメージを持ちますでしょうか?


セブンスターを語る場合、

おそらく、この国産という言葉がキーワードとなるでしょう。


ご存知の通り、今の日本では、

価格製造段階でのコストの安さからか、

多数の外国産の製品が、市場を賑わせています。



しかし、そんな中、個人的には、

国産という看板を掲げている商品は、

品質がよく、信頼でき。

更には、価格的にも少しお高いというイメージを持ちます。


これも、同族の好なのかもしれませんが、

みんさんはいかがでしょうか?



セブンスターと言えば、

シガレットの中でも、ドメスティックブレンドというブレンド方法

代表選手として知られています。


このドメスティックブレンドは、現在ではマイナーですが、

日本では古くから用いられていた、煙草の葉のブレンド方法で、


一般的には、国産のタバコの葉を中心に、

バーレー種オリエンタル種などを配合

そこに香料を加えて味を調え、

銘柄それぞれの個性を出すのが特徴です。


マイルドセブンの時に、少しお話しましたが、

現在はドメスティックブレンドよりも、

多量に香料を加香するアメリカンブレンドが主流となっており、


イメージとしてはエコーゴールデンバットなど、

比較的、歴史の深い銘柄に、この製法が多いように思われます。


ピースなどに代表されるバージニアブレンドほどではないですが、

加香が比較的に少ないため、

アメリカンブレンドより、燃焼時の煙の量が少なく、

また、本来のタバコの味に近い
とされているようです。


そういえば、私もセブンスターに関しては、

通常より、味が濃く、キツく煙草っぽい印象を持っていました。


ひょとしたら、このことがセブンスターは、

たばこ好きのたばこというイメージを生んだのかもしれませんね。



ちなみにドメスティックという言葉は、

一般的に家庭的な自国の国内のという意味で知られ、

ドメスティックバイオレンス』は、ご存知の通り家庭内暴力』。

ドメスティックプロダクツ』は国産品』。

ドメスティックブランド』は国内ブランドを表します。



セブンスターで言えば、

国産葉を使って、国内独自のブレンド方法で、

日本人向けに作られた製品
ということになり、

どうやら、海外では、少しだけ手に入りにくい存在なようです。



そして、ドメスティックブレンドという呼称について言えば、

これは、特に日本限定の呼び名ではなくて、

世界の国々が、自国生産のタバコの葉を使って、ブレンドすれば、

それはその国の『ドメスティックブレンド』ということになるわけで、


つまり、煙草を自国で生産製造販売してる国の数だけ、

『ドメスティックブレンド』は存在する
ということになります。


そこからも分かるように、ドメスティックブレンドとは、

世界的に見ても、特に珍しいブレンド方法ではありません。


つまり、セブンスターのヒットの理由は、

もっと別のところにありました。




そもそもセブンスターは、

昭和44年2月に、東京、大阪で限定発売。

その後、同4月には、全国で一斉販売しました。


そして、昭和50年から、マイルドセブンが発売される昭和52年まで、

売り上げNO1の座に君臨

この売り上げNO1の記録を生みだしたのは、実は、

日本ではじめて投入されたチャコールフィルターだと言われています。


このチャコールフィルター』、

フィルターに活性炭を加えることで、ニコチン、タールを軽減するのですが、

ヒットしすぎて、このチャコールフィルターが品薄になり、

一時はセブンスター』は、品切れになったことがあるそうです。


つまり当時のセブンスターの売りは、

軽さだったということです。

なんだか、煙草臭いたばこのイメージとは少し違います。



そしてセブンスターの場合には、このフィルターが、

加香された、桃に近い味と言われる

グリーンスパイス系の香料を濾過し、

独特の味わいを生み出しているとも言われています。


マイルドセブン米の味も意外ですが、

キツイはずのセブンスター桃の味も、何だか意外です。


桃の味のたばこ。。。

『格好いい』より『カワイイ』気もしますが、

みんさんはどうでしょう?



そして、この後チャコールフィルターは、

セブンスターのヒットにより、

日本では、商品開発の度、多数の製品で実装されるようになりますが、

世界的に見ると、実は、ほとんど使用されていないのだそうです。



言い方を変えれば、現在の所、ブレンド方法よりも、

このチャコールフィルターというフィルターの方が、

実は極めてドメスティックで『より日本だ』と言うことになりますね。



そして、そんな日本人の好みを知ってか、

海外製品のたばこも、日本での商品販売の際は、

日本人向けにわざわざチャコールフィルターへフィルターを付け替え、

販売しているようで、


そのためか、同じ銘柄が、海外で販売されている場合は、

現地のものと、多少、味が異なるという現象も起こっているそうです。



ちなみに、先日、国内販売を停止したキャメルなども、

日本での販売のために、本来のフィルターから、チャコールに変更。

結果として、キャメル独特の味わいがなくなってしまい、

販売低迷に繋がったという見方もあるのだそうです。



しかしセブンスターの未来で最も懸念されるのは、

そんな島国的なフィルター問題よりも、

国内のタバコ農家の減少でしょう。


タバコ農家の減少は、おのずと、ドメスティックブレンドで使われる、

国産葉の絶対数が少なくなり

そのことは、質も総体的に劣化していくことは、

容易に想像が出来ます。


JTも国内の喫煙率の低下からか、

どうやら、今後の市場開拓を、海外に求めているようなので、

今後、国内のタバコ農業にテコ入れしていくとも考えにくいです。


そうなると、日本初のチャコールフィルターを使った製品として、

革命を起こした、時代の寵児セブンスターも、

いずれ消えゆく運命なのかもしれません。


盛者必衰

なんとなく、平家物語の一節を思い出してしまいました。


↓このブログのランキング上昇にポチっとテコ入れお願い☆
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


関連記事

tag : たばこの雑学 歴史もの

この記事へのコメント:
おはようございます~

チャコールフィルター、思い出しました♪
ありましたね~
活性炭入っていたのですね
セブンスター 桃の味だったとは・・・
気が付かなかったです(;^_^A

甘い香りのする煙草、名前はわからないのだけど
あれはバニラの香料?なのかしらね
気になります(^-^)
2013/03/16(土) 03:20 | URL | あめしすと #-[ 編集]
私の疑問にお答え頂き、さらに自己満足ブログをご紹介して下さり、ありがとうございます。オブザーバーですか・・、何もしてません。^^;

昭和44年というと1969年、大阪万博の直前ですよね。やっぴーさんはご誕生前ですが、あの頃はホントに高度経済成長真っ只中、今の日常と比べると、ちょっと異常だった気がします。私の年齢的なモノもあるかもしれないですが。

セブンスターはそんな日本と共に歩いてきたんですね。まさか、こんなに禁煙の波が来て、喫煙所ならぬ禁煙所が開設される時が来るとは、思いもよらなかったでしょうね。^^)
2013/03/16(土) 09:28 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

セブンスターの桃の味。
僕もそうですね~
事実を知っても、あまりピンときません^^;

甘い強烈な香りはガラムかな?
バニラは、確かピースやキャスターがそうだった気がします。

なんとなく調べてみますね^^
記事になりそうだったら、お知らせします^^
2013/03/16(土) 21:32 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

以前も言いましたが、
もふもふさんには、ブログの開設当時から見守って頂いていますし、
とても、感謝していますよ^^

出入りの激しいブログの世界では、
大変ありがたいことだと思います^^

そうですね、
今は、僕も昭和生まれですが、
そこからでも、時代の風潮は、
目まぐるしく変わっている気がします。

禁煙所が開設は、
流れの中の必然だったのかもしれないですね。
なんつって^^
2013/03/16(土) 21:41 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

国産たばこ・・・人気の裏には‘国産’の安心感のようなものがあったのかと。。。

マイルドセブンはまだしもセブンスターは煙草好きの煙草というようなイメージがあり桃の味は意外でした。
2013/03/16(土) 21:49 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

そうですね~
国産という言葉も、日本製という言葉も、
何となく信頼感のある言葉ですよね^^

僕が喫煙をはじめた頃は、
もっと軽い煙草があったせいか、
セブンスターって、キツくて硬派なイメージですよね。
そこから、考えると『桃の味なんだぁ~』
という気もしちゃいますよね^^
2013/03/16(土) 23:55 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/18(月) 20:40 | | #[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

そうですね。
焦っても仕方ないので、
時間は有効に楽しんで使ってください^^

復帰を首を長くして待ってます^^
2013/03/18(月) 23:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド