売れ筋!健康志向な煙草たち

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/04/23(火)
強いものが生き残るのではない。

 賢いものが生き残るのではない。

 変化に対応したものだけが生き残ったのだ

                    


これは、世界的に有名なイギリスの自然科学者ダーウィンが、

自身の著書種の起源に記したと、

言われている言葉です。


。。。といっても、実を言うと、

種の起源の中には、上記のような文言が、

見つかっているとか、いないとか。。。

真相は定かではないようです。


しかし、おおよそ現代における

会社経営、商品開発における基本理念として、

もっともらしく定着しているのは間違いないようです。


なにせ説得力がありますものね。



そして、この理念

もちろん、たばこ製品の開発においても例外ではありません。


近代のたばこ開発におけるキーワードは、

おそらく『健康志向への対応』という、

どう考えても、矛盾したものだったと思われます。



*これまで、当ブログをご愛読頂いている方には、お馴染みですが、


煙草という不可思議な植物は、

かのコロンブス新大陸発見により、

南アメリカからヨーロッパに持ち帰って以来、

数多の歴史上の人物たちが、

その効能や害を研究し、論じてきました。


エリザベス女王、詩人で、更に有名なイギリスの政治家ローリー卿

たばこ排撃論のジェームス1世ナポレオンヒトラー

はたまた、江戸幕府初代将軍、徳川家康、八代、徳川吉宗

などなど、などなど、などなど、などなど、などなど。




そして、近年になっては、

アメリカを中心とした世界における、たばこ裁判により、

公の場でも、たばこの害が認められるよりました。


つまり、大方、害が証明されつつあるということです。


そこに折からの健康ブームが拍車をかけて、

現在、たばこという存在は、

文字通り煙たがられる存在になり、


そんな中、たばこ会社は、

今よりも軽く、健康に害が少ないたばこという、

消費者へのイメージ戦略を念頭に置きながら、

新製品を開発してきているような気がします。


少し前にマイルドセブン』『セブンスターがヒットした秘密について、

記事にしましたが、これらも例に漏れずそのパターンでしょう。



マイルドセブン』『セブンスターは、

フィルターに工夫を加えることで、

その味をマイルドに吸いやすくしてヒット商品となりました。



しかし、煙草にフィルターが装着されて、販売されたのは、

これよりも、はるか100年以上も前の1850年頃

ロシアにおいて、ドイツ人貴族の手によるものが初とされています。


もちろん当時も、フィルターにより、煙はマイルドになったそうですが、

まだまだ味のキツイ両切り煙草が好まれる時代、

喫煙者の間では、全く相手にされなかったそうです。




しかし、1950年代に入ると、

人々の意識にある変化が生まれます。

副流煙を含む、たばこの煙は健康を損なうという認識です。


これにより、ダイレクトに健康に不安を感じた喫煙者をターゲットとして、

1952年にアメリカのたばこ会社、P・ロリラード社が、販売開始したのが、

フィルター付きタバコのケントでした。



それより前に、現在でもお馴染みの銘柄としては、

1931年に、現在、フィリップモリス社が製造する、

パーラメントが発売されていたようですが、

そちらは、発売当初は、あまり売れ行きはよくなかったようで、


これよりもケントの方が、

タイミングを上手く捉え、世界的なヒットを飛ばしたため、

世界初のフィルター付きたばこといえば、

この『ケント』を指して言うことが多いようです。



正に健康志向が生んだ産物です。



そして、この流れに乗るように、

その後、続けざまにアメリカの大手たばこ会社の中では、

リゲット&マイヤーズ社が、1953年に『L&M』を、

R.J.レイノルズ社が、1954年に『ウインストン』を、

フィリップモリス社が、1955年に『マールボロ』を発売。


これを機に、フィルター付きのシガレットが、

世界の主流という流れになります。




一般的に、フィルター付きのたばこは両切り煙草に比べて、


・有害物質を濾過する。

・味わいがマイルドになる。

・たばこの煙が熱くならない。

・たばこの葉が口に入らない。


などの特徴が挙げられますが、


実は、1952年~1956年当時に発売された

ケントのフィルターには、この特徴を強調をするためか、

クロシドライトという、極めて強い毒性を持つアスベストが、

使用されていたという事実があったようで、

最近になって、大きな問題となったようです。



そして一方、健康志向ブームは、

1970年代に更にヒートアップし、

この流れをくんだ製品が、

先ほどあげたセブンスター』『マイルドセブンということになるわけです。


つまり当時の日本も、

この世界的健康志向の波に乗ったわけですね。



しかし更に一方で、みんさんは、こんな話を聞いたことがあるでしょうか?


理論上、たばこ会社が、ニコチンを含んだ、体に害の少ない、

『もっと安全なたばこ』を作ることは可能なのだそうです。


これは1977年に、アメリカのリゲット社というたばこ会社が、

たばこ製品にパラジウムというレアメタルの一種を混ぜると、

発がんを性を劇的に低下させる
という研究結果を得たことからきています。


世に言われる、モールド博士とそのチームによる

『エックスエー・プロジェクト』です。



しかし、このプロジェクトに基づく、新たな煙草の製品化は、

それまでのたばこ製品の安全性を否定してまうことに繋がります。


すると、たばこ産業自体の有り方自体を問われることになり、

更には、多額の賠償問題に発展しかねない恐れがあることからか、

他のたばこ会社からの妨害にあい、

半永久的に凍結されてしまったそうです。



つまり、このことから、どういうことが言えるかというと、

たばこ会社は、消費者により安全な製品を提供する気がない

ということになってしまします。


健康志向にのった新製品開発も、なんだか虚しさを帯びてきます。



そして、この考えを証明するかのように、

リゲット社エックスエー・プロジェクトで、研究成果を得たの同年に、


アメリカの大手たばこ会社BAT社では、

タバコは無害だと喫煙者を錯覚させる事が大切だ。

 低タールだと宣伝したり、タールだと誤認させたり、

 マイルドな印象を与えるなど、色々な手段が考えられる


という耳を疑いたくなるような、

マーケティング報告が、あがっているという話もあります。



こうなると、何となく軽いたばこという表現自体が、

まんまと、戦略に乗せられてるような気がしなくもないですね。



やはり、そもそも健康を考えるなら、

『軽さ』とか『健康志向の煙草』などと考えずに、

喫煙を止めるのが、正解なのでしょう。



感覚の麻痺は、早急に戻すべきなのかもしれません。


↓そして、早急にランキングにご投票ください。。。おねがい☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : やっぴえろのポツリと 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
知識不足なのか
広告やなんかの キャッチコピーに
惑わされること 多いです
そんなのに 踊らされないで
ちゃんと そのものを 知ることが 大事ですね
2013/04/24(水) 10:46 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんわ^^

昔は煙草のフィルターにアスベストを使用されて
いたのですね
もしかしたら、ケントに限らずほかの煙草フィルターにも
使用されていたりして・・・?(;^_^A

何だかいろいろとごまかされていそうな気がしましたね(;^_^A
ホントは吸わないのが1番なのでしょうけどね・・・
2013/04/24(水) 19:59 | URL | あめしすと #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

煙草が安全であるかのように認識させる‘刷り込み’にまんまとはまっていた自分です。
低タールならいいのでは?と

消費者自身の喫煙行動を続けていること自体をたださないとと思いますが、真実を知らせない?かのような企業戦略も見直してほしいかなと。

追伸
昼休みの一服ナシは平気になりました
2013/04/24(水) 20:08 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

広告やキャッチコピーも、
ある種のルールの上で作成されているので、
虚偽でない限り、信用出来るとは思いますよ。

しかし、たばこ製品に関しては、
依存や体への影響が強いのに、
ルール自体が甘いような気がします。

個人に使用の是非の判断させるなら、
情報開示、ルールの見直しは常に行うべきな気がしますね^^
2013/04/24(水) 21:21 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

僕の見る限りでは、
今のところ、往年のケント以外に、
アスベストを使用したという情報は見当たりませんでした^^;

もちろん、閉鎖的な部分のあるたばこ業界。
表面化してないだけかもしれないので、
何とも言えませんが。。。

煙草に関しては、
イメージ戦略で誤魔化されている部分は、
多いと思いますよ。
仰る通り、吸わないのがベターなのでしょうね^^
2013/04/24(水) 21:26 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

両切りより、フィルター付き。
ニコチン・タールの高いものより、低いもの。

もちろん、比較論から言えば、
理論的に害は少なくはなっているのだと思います。

しかし、これはあくまでも比較論で、
たばこ製品である以上、
体に害のないということはない。
というのは、
WHOなどの見解からも、言えるのでしょうね。

昼休みの一服がなくなったの?
すごいですね~。
とても、大きな進歩だと思いますよ^^

その調子でね~^^
2013/04/24(水) 21:32 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、やっぴーさん♪

そうッ!!生き残ったのだッ!!

そうッ!!正しいから死なないッ!!

そうッ!!散が言ってたなッ!!

そうッ!!たまには、禁煙の事を書かないとなッ!!

あ~、鳥皮食べたい~

勿論、タレで~

あ~、この前・・・、今度記事で書きますYO~♪
2013/04/25(木) 00:12 | URL | あ~、焼き鳥食べたい #-[ 編集]
こんばんは、ひーちゃん!

どうだろう?
ひーちゃんは、変化に適応しそうで、
意外にしない気もするな~

意外にまじめ?^^

いいね~鳥皮。
焼き鳥食いたいね。
そういえば、肉の中では、
鶏肉が結構好きかも^^
2013/04/25(木) 02:29 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
フィルターって、
そんな効果があったんですね!
フィルターが付いてる物しか
知らなかったので・・・
そういえば、マイルドセブンって
名前変わったんでしたよね?
名前は忘れちゃいましたか・・・
2013/04/25(木) 20:24 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね~
フィルターの一番大きな役割と言えば、
有害物質を少しだけ濾過するということでしょうね。

もちろん、だからと言って、
有害なことには、変わりないですけど^^;

マイルドセブンは、
今は『メビウス』という名前にリニューアルされました。

といっても、今のところ、
変わったのはパッケージと名前だけのようですよ^^
2013/04/26(金) 00:56 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
初めまして!
お邪魔して閲覧させて頂きました (^O^)
2013/05/06(月) 22:23 | URL | 匿名さん #-[ 編集]
こんばんは、匿名さん!
はじめまして^^

ご訪問ありがとうごいます。
また、遊びに来て下さいね^^
2013/05/07(火) 03:23 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド