芥川龍之介と悪魔の置き土産

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/05/22(水)
作家、芥川龍之介を知らない方は、

おそらく、あまりいないでしょう。


芥川賞という、その名を冠した、

純文学の新人に与えられる文学賞は、もちろんのこと。


羅生門』『蜘蛛の糸』『芋粥など、

いくつもの作品が賞讃され、世に受け入れられてきた、

近代を代表する日本屈指の小説家です。



芥川龍之介は生前、

大変なヘビースモーカーだったことで有名ですが、

実は、そんな彼の作品の中にも煙草と悪魔という、

短編小説が存在します。


その名の通り、煙草と悪魔を題材とした小説です。


さてでは、大作家、芥川龍之介の『たばこ感』とは、

一体、どんなものだったのでしょうか?


作品を読み解くことからから、

その真相に少し迫ってみたいと思います。





*芥川龍之介の活躍した時代の多くの作家は、

大正~昭和という時代的な風潮も手伝ってか、

非常にヘビースモーカーが多いです。


夏目漱石、内田百閒、太宰治、中原中也、菊池寛。。。


もちろん今回の主役、芥川龍之介も、この例に漏れず、

なんと1日に180本(今だと約9箱)という、

信じられないような本数を、創作や歓談の傍らに吸い尽くしていたそうです。



好んだ銘柄は、幅広かったようで、

愛好家バッド党とも称するゴールデンバッドを中心に、

海のほとり』『京都日記』『玄鶴山房などの作品にも登場した、

日本初の口つき煙草の敷島』。


更に、神田のたばこ屋で、購入していた、

細いロシアたばこを好んだそうです。


しかし、もちろん何でもよいというわけではなく、

その反面、太いたばこは大嫌いという、

味を棚上げした、作家らしい拘りもあったようで、

何となく親しみを覚えます。



そんな芥川龍之介ですが、

煙草が物語のキーポイントとなる作品を、

処女作老年の発表から2年、

羅生門発表から1年後の1916年、

新思潮誌上で発表します。


それが煙草と悪魔

芥川龍之介が得意とした『切支丹物』の1つです。



彼は、小説の執筆にあたって、

『生活と芸術』は、相反するものと考え、

生活は生活芸術は芸術と割り切ることを理想としたようで、


そんなことから、

悪魔と煙草に関しても、私見よりもストーリーを重視した、

彼一流の『娯楽』や『見世物』として読みもの

という見方も出来ます。


なので、物語中のたばこの扱いには、色々と解釈はあるのですが、

芥川龍之介の『たばこ感』も、薄らですが、

窺い知ることが出来るので、

今回は、簡単にみなさんにあらすじを紹介してみたいと思います。


もちろん、ネタばれなので、読みたくない方は飛ばして下さいね。




【煙草と悪魔】



煙草は、元来、日本になかった植物だが、

いつからか、法でも規制できないほど、日本に広まった。


歴史家に言わせれば、その植物は、

ポルトガル人かスペイン人が、日本に持ち込んだと答えるだろうが、

実は、悪魔が持ち込んだとする、もう1つの伝説があるそうだ。


そして、その悪魔はキリスト教の宣教師、フランシスコ・ザビエルが、

日本に連れてきたともいう。


事実であれば、キリスト教の信徒は、自分たちを咎めようとするだろうが、

西洋から、善が輸入されるなら、同時に、悪も入りこんで然るべき、

そこで、真意を近いかもしれない伝説を、改めて自分が書いてみることにした。


 *      *      *


天文18年、悪魔はフランシスコ・ザビエルの従者であるイルマンの1人とて、

日本の地にやってきた。


すると、日本を見た悪魔は、ニヤニヤとほくそ笑んだ。

ここは、マルコ・ポーロの伝えたような、

黄金の国でも、病を治す起死回生の法を心得た国でもなかった。

これなら、悪さのし放題だ。。。


しかし、残念なことに、フランシスコ上人は、この国で布教をはじめたばかり、

悪さの媒介役となるはずの、誘惑するキリスト教徒が見当たらない。


そこで、この国にキリスト教が広まるまでの間、

ヒマを潰すため園芸でもしてみることにした。

栽培する植物は、自らが持ち込んだ、種々雑多な植物の種だ。



それから、幾月か経つと、その種は緑の葉を広げ、畑一面を覆い尽くしたが、

その植物の名を知る者は、いまだ悪魔以外、誰1人もいなかった。



そんなある日、キリスト教徒になったばかりの牛商人が通りがかり、

畑の植物に興味を持って、悪魔にその名を訪ねた。


すると、思わぬキリスト教徒の到来に、

悪魔は、ほくそ笑み、イエス・キリストの名にかけて、取引を持ちかける。

『3日以内に、この植物の名を当てれば、この畑の植物を全部あげます。

この他にも、お酒や絵もあげましょう。

しかし、答えられなければ、あなたの体と魂をもらいます』と。



牛商人は、家に帰り、とんでもない約束に後悔した。

イエス・キリストに誓った約束なので、破るわけにはいかない。

しかし、命は失いたくない。。。


そこで、3日3晩、寝ずに考え、一計を案じ、

期限の夜に、悪魔の畑を訪れる。



畑に忍びこんだ牛商人は、連れてきた牛の尻を叩き、

静まり返った畑を荒らすように、暗闇へと解き放った。


すると、寝ていた悪魔は、驚き面喰い、牛に向って言い放った。

『おい、何だって、俺の煙草畑を荒らすんだ!』


。。。悪魔は、思わず植物の名を口走ったのだ。


こうして、『煙草』の名を言い当てた牛商人は、

悪魔の鼻をあかし、見事に命をとりとめ、煙草畑を全て手に入れた。



 *      *      *



しかし、私はこの話には、もっと深い意味がある気がする。


悪魔は、牛商人の体や魂を手にいることが出来なかったが、

結果として、煙草を日本全国に広めることが出来た。


ひょとしたら、

誘惑に勝ったと思う時にも、

人間は存外、負けている事がありはしないだろうか?




〔参考:芥川龍之介『奉教人の死』新潮文庫〕



さて、どうでしょう?


全文もあまり長いものではないので、

興味がある方は、原作を読んでみるといいかもしれません。



前述した通り、小説なので、解釈は様々あるのでしょうが、


個人的には、この作品では、

善と悪は表裏一体で、

見る角度によっては映り方が変わる。


という、芥川龍之介が時折用いるテーマを、

悪魔と煙草』を題材に、巧みに描いているのように思います。


後述の芥川の記述をそのまま取れば、

牛商人の命はとれなかったが、

煙草が日本に広まったのは、悪魔の思惑通り、

人間は勝ったと思ったが、実は負けていたということになります。


つまり、この場合、煙草は悪という表現になります。


しかし、小説を『崇高な造りもの』と考えていた芥川龍之介、

真意の方はどうかは、定かではありません。




しかし、彼自身、晩年は、様々な病に苦しめられたそうです。


ひょっとしたら、聡明な彼のこと、

1日に180本もの煙草を吸いながら、

この執筆の時はすでに、

煙草の魅力は魔性に似たもの

ということに気づいていたのかもしれません。


 

↓聡明なアナタ、このボタンの存在に気づいたら、是非ポチっと☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : たばこの雑学 歴史もの

この記事へのコメント:
こんばんわ^^

一日に180本は凄いですね
煙草片手に、いろいろ考えながら原稿用紙に
向かい合ってたのでしょうかね
晩年の様々な病に苦しめられた原因は煙草と
関係あるのかな・・(;^_^A
2013/05/22(水) 23:12 | URL | あめしすと #-[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

そうですね、
もちろん彼だけではないですが、
確実に、芥川龍之介=たばこ、のイメージは、
創作活動=たばこ、のイメージの
一翼は担っているでしょうね。

私的に考えますと、
煙草は万病の素だと思いますので、
少なからず関係はあったのではないでしょうか?
2013/05/23(木) 02:54 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、やっぴーさん♪

ひーちゃんは、眠いのだ~

で、芥川さんですねぇ~
ひーちゃんと言えば、読書!!
来たッ!!専門分野ッ!!
芥川さん、読んだ事ないけど~
多分~

大体、小倉と言えば松本清張さんだけど~
1度も読んだ事がないねぇ~

小倉と言えば、松本零士さんなら読んでるけど~

まぁ~、そんなもんかなぁ~♪

善と悪とはですかぁ~
アレですね、ザンボット3!!

では、お休みなさい~♪
いい夢、見ろYO~♪
2013/05/23(木) 23:39 | URL | ハドロンひーちゃん砲DX #-[ 編集]
こんばんは、ひーちゃん!

そうだね~
読まなくても、本を買っちゃう人だもんね。
部屋に積み上げるのが趣味なんでしょう?^^

ちなみに芥川さん、
キンドルなら0円のとかもあると思うよ。

時間があったらどうぞ。
でも、忙しいそうだよね。
いい夢みるYO~^^
2013/05/24(金) 15:47 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

天才の考えることは凡人にはわかりがたく、私にはなんとなく~しかわかりません。

今度本屋さんに行ったら探してみます。
2013/05/24(金) 23:06 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

そうですか^^

意味は分からなくとも、
芥川龍之介は、どちらかというと、
メッセージより、ストーリーを重視したようなので、
お話として楽しめればいいのでしょうね。

買わなくても、
名作なので図書館などでもありそうですよ^^
2013/05/25(土) 04:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド