禁煙を続けるのに必要な考え方とは

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2013/06/01(土)
質問です。

喫煙は病気でしょうか?

煙草はストレス解消に役立つでしょうか?


これは前回でお伝えした、

精神的なニコチン依存の判定をするのに有効とされる、

加濃式社会的ニコチン依存度質問票KTSND)』

問いの中の一部です。



ちなみにKTSNDは、

医師などを中心にワーキンググループを設け、

様々なデータの収集や研究、検討が進められ、

より信用度の高いものを目指して、常に改良が試みられているようです。



冒頭の質問はKTSNDのうち、問1と問7に該当するのですが、

実はこの2つの問いに対する考え方が、

禁煙を続けるにあたり、

または、初喫煙を防止するにあたり、

とても重要な基本理念であるように思えます。



禁煙において、重要と思われる認識って何だと思います?

知っておいても損はないのではないでしょうか?




*さて、みなさんは前回ご紹介した

加濃式社会的ニコチン依存度質問票KTSND)』は、

お試しになって頂けたでしょうか?



みなさんが現在、どういった状況どういった環境で、

この禁煙ブログをご覧になっているか分かりませんが、


おおよそ、前回のKTSNDに回答する過程は、

喫煙に対する、ご自身の考え方や距離感を確認するのに、

とても有効だったのではないでしょうか?


私自身もそうでしたが、禁煙に関わる方なら、

きっとどこかにハッとした部分があったはずです。


実は、このハッとさせられる部分は、

個人的には、禁煙にとって、すごく大切だと思います。


なぜなら、そのハッとした部分を、

素直に受けいられるか、受け入れられないかで、

その後の行動が変わってくる可能性があるからです。


天の邪鬼すぎると物事は成功しにくい。

これはひょっとしたら、禁煙以外でも当てはまることかもしれません。



KTSNDは、その精度を上げるため、

多くの場で、サンプルとなるアンケート結果のデータを収集。

その都度、専門家による分析が行われているようです。


なので、実は、多数の報告書が存在して、

それを読むだけでも、とても興味深い物があります。


そこで今回は、その報告書を元に、

当ブログとしての考察をまとめてみたいと思います。



さて、まずは分かりやすいように、

その中から、回答者の喫煙状況別に分けた、

基本的な得点データ
を示してみましょう。



とりあえずのサンプルは2つ。


1つ目の産業医科大学が発表した、喫煙者(105名)、元喫煙者(88名)、

非喫煙者(151名)、計344名に対して行った調査では、

点数は以下のようになったそうです。


喫煙者・・・18.4 ± 5.2

元喫煙者・・・14.2 ± 6.1

非喫煙者・・・12.1 ± 5.6


【※数値の単位は、点。】



同様に、第49回日本肺癌学会総会の参加者

喫煙者(24名)、元喫煙者(141名)、非喫煙者(295名)

計460名に行った調査では、


喫煙者・・・19.0 ± 4.6

元喫煙者・・・12.9 ± 5.9

非喫煙者・・・10.5 ± 5.6


【※数値の単位は、点。】


だったそうです。


興味深いのは、日本肺癌学会総会のアンケートは、

回答者が、呼吸器治療に関わる専門家が多いため、

喫煙者自体の割合が少ないわけですが、


産業医科大学の結果と比べても、

点数的な大きな変化はないということでしょうか?


このことから判断するに、

たばこの害に対する予備知識のあるなしでは、

多少の誤差があっても、回答結果に、

大きな差異は見られないということになります。


といういことは、おのずとKTSNDが、

煙草の知識よりも、むしろ考え方(精神)の方に、

きちんとアプローチ出来ている証のように思うのですが、

いかがでしょうか?



そして基本的に、喫煙者、元喫煙者、非喫煙者では、

それぞれ獲得する点数が違ってくるとうのも、

このデータから見てとることが出来るでしょう。




更に、私がこれよりも、もっと興味深かったのが、


質問票の作成者である加濃正人氏も参加し、

北海道学院大学の北田雅子氏などが中心になって行った、

北海道市内の私立大学の学部生396名を対象にした、

喫煙状況の調査データと、これに基づいた分析です。



ちなみにこの調査では、前述した同一の対象者を、

2006年、2008年の2度に渡り調査したそうです。


結果、特に不思議はないのですが、

喫煙者自体は2006年、全体の12.6%だったのに対し、

2008年は、29.3%に増加していました。




同大学の環境は建物内分煙だったそうですが、

単純に2年の間に煙草を覚えた学生が増えたというのが、

数字として表れたようです。



そして、調査内容には、もちろんKTSNDを用いて、

対象学生全体の煙草に対する心理社会的依存も調査。


更に、路上喫煙禁止や病院での敷地内禁煙についての意識

また、家族や友人などの周囲の喫煙状況も合わせて調査したそうです。



結果、KTSNDの点数は、


2006年

喫煙者・・・12.3 ± 5.4

元喫煙者・・・13.0 ± 7.2

試し喫煙者・・・11.6 ± 6.2

非喫煙者・・・9.9 ± 5.3


2008年

喫煙者・・・17.3 ± 5.2

元喫煙者・・・15.4 ± 3.3

試し喫煙者・・・13.4 ± 5.2

非喫煙者・・・11.4 ± 5.5


【※数値の単位は、点。】


となったそうです。


これを見ると、

2年の間に、大学生として行動範囲が広がったことが、

やはり喫煙率の上昇と共に、

心理的依存の全体的な底上げにつながったのでしょうか?


そして、これに先程の規制に対する意識調査と、

周囲の喫煙状況を重ね合わせると、



喫煙規制に対する反感が強く、アルバイト先の先輩が喫煙者の場合、

2年の間で、煙草を覚えた学生の比率が高くなる。


という結果が出たそうです。




そして、KTSNDの回答の分析では、


問1、タバコを吸うこと自体が病気である。

で、『そう思わない(否定的)』と回答。


問7、タバコにはストレスを解消する作用がある。

で、『そう思う(肯定的)』と回答した学生が、

煙草に手を出した傾向が強く、



ここから、

この2つの意識と環境への注意が、

喫煙開始を防止に有効だと結論付けています。



つまり、私の個人的な意見も含め、まとめますと、

いいとか、悪いとか、正しいとか、間違いとかではなく、

喫煙は病気である

煙草はストレス解消に役立たない

という意識を強く念じることは、

禁煙の成功、初喫煙防止にあたり、とても果を発揮するのではないか?

と思われるわけです。



喫煙を実行する暁には、

ひとつ、この研究データ分析を役立ててみるといいかもしれません。



個人的に、禁煙の成功は、

意志の力だけによるものではないとは思います。



しかし、パズルの1つのピースとして、

少なからず、禁煙の成功には、

意志の力が必要だと思っています。



あえて、もう一度、言います。


喫煙は病気である

煙草はストレス解消に役立たない


少し、強く念じてみてはいかがでしょう?


↓こちらのボタンを押すように念じています☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ



関連記事

tag : たばこ依存度テスト 禁煙開始 禁煙の方法

この記事へのコメント:
喫煙が病気かと聞かれれば、私はノーだと思います。飲酒が病気かの答えが同じくノーであるようになんですが。そもそも病気とはどういう状態か、治療が必要な状態なのか、社会生活が難しいのとかそれだけで長文になりそうです。
子ども達に20歳になるまでは煙草もお酒もダメ、法律で決められているからと言うのは、20歳になったらいいよということ。だから、喫煙は病気なんだと刷り込んでファーストコンタクトを無くそうとするのはどうかと思います。喫煙も飲酒も賭け事も楽しみの1つ、全部否定するモノではないと思いますよ。
元々嫌煙者だった私が愛煙家の夫と結婚し、煙草をやめると言う約束を1度ならず破られても、まぁいっかと思えるのは、本数が増えずマナーを守って、楽しみとなっているからだと思います。
ストレス解消に役立つかについては、生理学的には違う結果が出ていても、楽しみである以上は役に立つと思われます。
私が先のテストで高得点を出し、喫煙者に好意的なのは、社会的な要因が大きいです。35年くらい前には禁煙の場所などほとんど無く、どこでも煙草は吸えました。もちろんマナーも悪い。それが今はどこでも禁煙で、数少ない喫煙所は異様な光景にさえ思えます。どちらも健全な社会とは言い難く、もう少し丁度良い所で止まれば良かったのにと心から思います。
喫煙は病気であるという前提で話を始めることは、丁度良い所を探す妨げとなり、そう思う人は煙草を吸わなければいいじゃないで終わってしまいます。ちょうど意地悪な先輩が煙草嫌いだったから吸ってやったという心理と同じですね。
私は誰にとっても楽しみの多い健全な社会だったらいいのにと思っています。長文失礼致しました。
2013/06/02(日) 15:35 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

そうですね^^
個人的な見解を述べさせて頂くなら、
喫煙という行為自体が、病かと聞かれれば、
違うでしょうね。

しかし、『止められない』となると、
依存ということにはなるのかもしれません。
なので、実は僕はこの問いに対しては、
中間の点数を付けました^^

もう1つ、ストレスに関して言えば、
元ヘビースモーカーの視点から思うに、
確実に喫煙時代より禁煙後の方が、
ストレスは減りました。

なので、トータルで見た場合、
『解消にならない』というのが、
僕の考え方です。

しかし、もちろん、楽しみとするのなら、
それでいいと思います^^

以前から、言っていますが、
当ブログは喫煙者を否定するわけではなく、
禁煙を志す方のサポートが出来れば。。。
という視点で書いているつもりです。

もふもふさんは、ご理解いただいているとは思いますが、
そこは、よろしければ、改めてご了承くださいね^^

更にその観点から、僕の狙いとしは、今回の記事も、
『喫煙は病気だ』という主張ではなく、
禁煙に臨む際、あえてそう考えた方が、
禁煙が成功するのではないかなぁ?
と思い、表題と結論を書いたつもりです。

これは、元喫煙者として実体験の感覚です。

何となく、喫煙を肯定してまうと、
煙草がなかなか止めにくかったりするので、
あえて、禁煙の開始直後は、
そういった意識で臨んだ方がよいのではないか?
と思います。

しかし、
『誰にとっても楽しみの多い健全な社会』
僕も同感です。
貴重なご意見ありがとうございました^^
2013/06/03(月) 03:33 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
タバコをやめたいと思ってる方には
良い方法かも知れませんね。
私の周りは、お酒が飲めなくて、
タバコだけが楽しみという人が多いので、
なかなかやめようとは思わないようです(^▽^;)
2013/06/03(月) 21:37 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんわ~

喫煙してた頃は、ストレス解消には
ならなかったけど、なんとなく
落ち着いたかのような
または、落ち着かせるために・・
そう感じていただけだったのかなぁなんて思います(;^_^A

呼吸器などの悪影響から、病気に
なる確率は高くなるとは思うのだけど
そう考えると煙草は病気である・・と考えてもいいのかな?^m^




2013/06/03(月) 21:47 | URL | あめしすと #-[ 編集]
やっぴえろさーん!!
おひさですーー( ;∀;)

意識を強く念じることも必要・・・
禁煙はもちろん、いろんなことにもあてはまるなーって改めて思えました☆彡
ダイエットに挫折しまくっている、今のれいにも大事なことだと思われますw

あっ、後で足跡メッセージも送らせてくださいヽ(*´∀`)ノ
2013/06/03(月) 23:19 | URL | れい #iEx9wDDA[ 編集]
こんばんは、やっぴーさん♪
いえ、ヤスヒロ君~♪
いえ、バルピッグ~♪

喫煙は、病気でしょうか?
答えは、CMの後で・・・

本題に、入りましょう~
出ましょう~

ひーちゃんみたいに、吸わないし~
吸っても速攻で止めれるから、答えられないYO~
あ~、何てコメントだ!!

よし、こうしよう~

お休み~♪
良い夢見ろYO~♪
2013/06/03(月) 23:45 | URL | ひーちゃんラーメン新発売(愛されて、90年) #-[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね、
本人の判断で喫煙を続けるのあんら、いいと思いますよ。

でも、僕としては、
やはり煙草は害になる部分の方が、
圧倒的に多いので、止めた方がいいと思っています。
もちろん強制ではありません^^

止めようと思う場合、
意志は大切でしょうね。
2013/06/04(火) 05:13 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、あめしすとさん!

ストレス解消云々は、
それぞれの気持ちの捉え方もあるので、
正直判断は難しいですよね。

例えば、自己暗示みたいなもので、
煙草を吸えば、ストレス解消になると信じていれば、
一服で、ストレスが解消されるかもしれません。

多分、喫煙自体は病気ではないでしょう。
でも、身体的にも精神的にも、
病む可能性は否めませんよね^^;
2013/06/04(火) 05:19 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、れいちゃん!

ご無沙汰してます!
全然、更新等々、音沙汰がなかったので心配してました。
でも、またコミュニケーションがとれて嬉しいです^^

そうですね、
意志と言うか、思い込みって、
物事の達成には必要ですね^^

メッセージいつでもお待ちしてます!^^
2013/06/04(火) 05:24 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、ひーちゃん!

お主は何故、バルピッグという本名でワシを呼ぶ?^^;

えっ?あっ、やすひろの方?^^

まぁ、ひーちゃんに禁煙コメント求めるのは酷かもね。

あぁ、もちろんいい夢見るさ。
お前もな!^^
あばYO~
2013/06/04(火) 05:28 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
確かに依存性は高いけど、
病気と言えるかというと、
どうなんでしょうね?
2013/06/04(火) 23:44 | URL | ダニー #-[ 編集]
こんばんは、ダニーさん!

そうですね、
喫煙が病気か病気でないかと、
言われると、仰る通り、
それぞれの判断なのでしょうね^^;

しかし、禁煙に臨む際は、
あえて『病気である』と思った方が、
気持ちにブレがなくなるのではないかな?
と思います^^
2013/06/05(水) 00:17 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
初めまして!
訪問させて頂きました。
2013/06/14(金) 00:45 | URL | rescue01 #-[ 編集]
こんばんは、rescue01さん!

ありがとうございます。
また、お越しください!^^
2013/06/14(金) 01:51 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド