何故ゆえに煙草だけが嫌われる。。。

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/09/06(金)
嗜好品とはなんぞや?


一般的には、

風味や味、もしくは使用した時の心身の高揚感を楽しむもの。

というのが、最もシンプルな説明となるでしょう。



合法的に、日本で流通しているものといえば、


言わずと知れたたばこ』。

そして『酒』『お茶』『コーヒー』などが、代表的なところです。



しかし、この代表的な4種の嗜好品の中でも、

実は現状でたばこは、最も忌み嫌われる存在となっています。

おそらく、みなさんも肌身で感じていることでしょう。


嗜好品のそれぞれの社会的立ち位置は、

時代や新事実によって、常に変化をしているようですが、


この流れの中においてたばこって、

何でこんなに嫌われるようになったのでしょうか?

そして、共存の道は、どう探ればいいのでしょうか?


今回は、その辺を考えてみましょう。



*さて、禁煙を考える理由って、様々あると思います。


しかし、その中でも、かなり多い理由といえば、

たばこが体に悪いから

値上げにより、楽しむには、やや高い品物になったから

というのが挙げられるでしょう。



もちろん価格面においては、

お茶、なども幅があり、高級な種類のものが存在したりしますが、


近年のたばこが、

社会から白い目で見られるようになったのは、

おそらく健康への害値上げによる価格という、

この2つの要素が、強く影響していると思われます。


正にそれは、禁煙の理由と同じなわけです。



健康への害は、

稀にたばこによる健康に害はないとする研究もあり、

実は賛否両論あったりするのですが、



個人的には、たばこの成分を考えた場合、

やはり、多くの有害物質を、人為的に体内に摂り入れるのですから、

健康に害があると考えるのが妥当なのではないか?

と思うわけです。



もちろん、たばこ一本一本が、

アスベストディーゼルエンジン有害性と比べて、どうか?

と言われると難しい問題です。


しかし、たばこを吸うことで、健康面でプラスの効果あったり、

また、栄養となって、満腹感を満たすということは、

まずないわけで。


つまり、このことは、即効性はないものの、

4000以上もの体に有害とされる物質が、

長い時間をかけて、喫煙者の体を蝕んでいく
という方が、

ものの正しい見方ではないでしょうか?




そして、面白いのは、もちろん他の代表的な嗜好品の中にも、

におけるアルコール』。

コーヒー、お茶におけるカフェインなど、

摂取の仕方によっては、人体に有害とされる物質が含まれているのですが、

現在における『たばこ』のそれと比べて、

大きく非難されることは、少ないように思います。




その表れと言っていいのかもしれませんが、

法社会学が専門の千葉工業大学の佐藤憲一准教授の分析を、

挙げてみたいと思います。


佐藤教授はある書籍の中で、たばこがコーヒーに比べ、

以前から、大きく制約されていることを指摘しています。




箇条書きにしてみると、日本国内において、


・コーヒーの製造は自由だが、たばこはJTのみしか製造する事が出来ない。

・コーヒーの値引きは可能であるが、たばこは定価以外で販売、出来ない。

・コーヒーには特別な税金がかからないが、たばこにはかかる。

・コーヒーは販売に特別な権利はいらないが、たばこは権利なく販売出来ない。

・コーヒーは誰でも飲むことが出来るが、たばこは20歳をすぎないと、

吸うことが出来ない。



という事実が挙げられます。



そして、弱冠の違いはありますが、

これと同じように、酒とたばこを比較した場合でも、

たばこについての制約は、昔から大きいように思われますが、

みなさんは、いかがお感じになるでしょうか?


そして、そこに近年では、たばこ増税

WHOなどによる国際機関による世界的なたばこ規制条約の締結

それに伴う、喫煙スペースの規制などが拍車をかけ、


元来、規制の多い製品であるにも関わらず、

更に、自由を奪われ、社会的に製品自体を抹殺しようとする向きがあるのが、

『たばこ』の現在の立ち位置でもあるわけですね。




ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

その証拠に、歴史上、コーヒーは社会的に抹殺しようと動きは聞きませんが、

たばこは、常にそのような動きが繰り返されてきたのは事実です。



おそらく、その理由は、

たばこが、視覚、嗅覚などあらゆる面において、

喫煙者当人以外の他者を不快にし、

更には、副流煙による健康被害をもたらすからではないのでしょうか?



しかし、これは弁明ではないですが、佐藤教授は、文章の終わりに、

法的に見ると、喫煙文化を崩壊させれば、多くの現役喫煙者に不幸になる。

全ての人が幸せに暮らすのが法の役目なら、

本来、たばこは絶滅させるのではなく、別の方向を模索するべき


と、まとめています。


分かり易く言うと安全性の高いたばこの開発を示唆しているわけです。


これには、実は私も、何となく共感する部分があります。

私が元喫煙者だからでしょうか?


となると、まずは製造販売側が、たばこの有害性をきちんと、

認識する必要があります。


以前も言及しましたが、

実は、理論上、たばこ会社安全性の高いたばこを、

製造することは可能だそうです。

もちろん、それは低タール、低ニコチンを謳う、

まやかしのものではありません。


しかしながら、それをたばこ会社が製造してしまうと、

逆に、現存するたばこの危険を、

たばこ会社自身が認めてしまうことになり、

多額の賠償請求に及ぶ可能性があるから出来ない。

とも言うのが現実のようで、なかなか実現は難しいかもしれません。


しかし、同じものがあったとして、

一方が健康を害するもの』。

一方が安全性の高いもの』。

みなさんは、どちらを選ばれるでしょうか?



答えは、簡単でしょう。


となると、

日本国内でそれを実現出来るのは、

唯一製造が許されたJT
ということになります。

やはり、ここはたばこの有害性是非とも、認めて欲しいものです。



そうでないと、やはり今後も、

たばこ』の社会的な立ち位置は、どんどん悪化し、

嫌煙者によるたばこ抹殺の動きは強くなると思われます。


しかし、そうなったとしても、JTの体質から、

変革を求めるのは困難でしょうね。


やはり早めの禁煙が賢いやり方なのかもしれません。




参考:【嗜好品文化を学ぶ人のために / 高田公理/ 世界思想社】


↓賢い禁煙方法はこちらから!☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 副流煙 やっぴえろのポツリと たばこの雑学 社会運動・規制などの動き

この記事へのコメント:
嗜好品って、何の役にも立たないけど、あるいは身体には少し悪いけどあえて好む物って気がします。タバコってそのイメージにぴったりですよね。^^)

都会で喫煙が疎まれるのは、人が多すぎるせいだと思いますよ。タバコを吸っている姿が素敵な人もいなくなるかと思うと、私は寂しい気がします。あそうそう、この前、(志村)けんちゃんが、コントの中でタバコ吸ってて、チャレンジャーだなぁと感じましたよ。

誰かを好きになる時、何々だから好き、ではなくて何々だけど好きでなくちゃねって思ってます。物も同じで、魅力ってそういうことだと思うんですよね。^^)
2013/09/06(金) 11:15 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/06(金) 23:57 | | #[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

>誰かを好きになる時、何々だから好き、
>ではなくて何々だけど好きでなくちゃねって思ってます。

いやー素晴らしい言葉ですね、これ。
本当の『好き』って、確かにそういうことかもしれません^^

多分、愛煙家の方(一般の喫煙者でなく知識人と言われる方)は、
無理に煙草を素晴らしいもの。。。と擁護し過ぎるのだと思います。

体にはよくない。
何の得にもならない。
でも、煙草が好きです。
今の社会の風潮は厳し過ぎると思う。。。

となったら、嫌煙者との歩み寄りもできるのかな?
出来るのなら、それが現段階では理想でしょうね。

うーん、でも愛煙家、嫌煙家の双方の主張を読んだりすると、
歩み寄りは難しい気がしますね。。。

とても、本質をついた言葉、ありがとうございます。
考えさせられました^^
2013/09/07(土) 05:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

いやいや、よかったですね。
復帰おめでとうございます^^

近頃の薬は良く効きますね。
うーん医学の進歩だ。

でも、完全ではないのだろうから、
ゆっくりゆっくり、自分のペースでやっていって下さいまし^^
2013/09/07(土) 05:52 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
嗜好品
それそれが それぞれの好みで
それを 理解して 口にする分は いいと 思います
煙草は 今まで 自分だけでなく 他人に 迷惑を かけてた ってことが ダメなんでしょーね
2013/09/09(月) 14:38 | URL | kotone #-[ 編集]
私はタバコの煙よりお酒の匂いの方が嫌いなので、
大差ないかな?と思ってしまいます。
でも、明らかにタバコの方が嫌われてますよね(^▽^;)
愛煙者がちょっと可愛そうな気もします。
2013/09/09(月) 20:46 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

良いものであれ、悪いものであれ、
個人の自由が認められるというのは、
社会としては健全なのでしょうね^^

煙草の場合、ポイントは、
他人に迷惑をかけるということと、
日本の場合ですが、きちんと害に関する情報が、
追及、情報開示されないまま販売されていることでしょうね。

あえて、極端に言うと、
『吸ったら命が縮みますよ』
とメーカーが明確に宣言して、
それでも吸うのなら。。。
本当の自由かもしれません。
2013/09/10(火) 04:59 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね、
好き嫌いは個人差があるでしょうね。
仰る通り、酒のが嫌いという方も結構おいでだとは思います。

それでも、煙草が多数に嫌われるのは、
やはり、それなりの原因があるのでしょうね。

JTは嫌われない煙草を開発する気はないのかなぁ?
取り組んでみてもいい気もしますが。。。^^;
2013/09/10(火) 05:03 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド