たばこ1箱1,000円論

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/11/05(火)
たばこ1箱1,000円


何だかこれって、最近の煙草事情を表現するのに、

キーワードみたいになりつつありますよね?


2012年2月には、JTThe Peace という、

高級たばこ1箱1,000円を、地域限定で発売されました。

まだ記憶に新しいと思います。


しかし、それより何より、

煙草なんか、いっそ全部1,000円にしちゃえばいいだ

なんて言葉を、この1年の間に何度、耳にしたことでしょう?


さて、私がこの議論をどう思っているかと言えば、

たばこ1,000円

実はこれについては反対です。。。今のところ』。

意外ですか?


しかし、それとは裏腹に、

消費税UPと共に、煙草は来年4月に、またもや値上がりします。

今回はその影響についてお約束した通り語ってみましょう。


おーい、誰か酒もってこーい!w



*さて、現在のたばこの値段みなさんはどう思いますか?

高いですか?

安いですか?



よく日本のたばこの価格【平均430円】というのは、

諸外国に比べて、安すすぎると言われます。


例えば、2012年のデータですと、

イギリス【875円】カナダ【836円】ドイツ【546円】

イタリア【516円】アメリカ【506】

トップのノルウェーで【1,202円】



比べてみると、確かに言われている通り、少しだけ安いようですね。



今回のたばこ値上げも、

国の消費税UPに伴う値上げとなるわけですが、

懸念される、たばこ会社の課税部分以外での便乗値上げがなければ、

おおよそ、各銘柄、0~20円ほどの値上がりで、

収まる様な見通しとなっているようです。


しかし、おそらくですが、この程度では、

前回2010年当時のものより、値上げ幅が小さいため、

ほとんど、喫煙率や税収、または、たばこ会社の利益に、

影響は出ない
のではないかと思われます。


実際のところ、100円程度の値上がりとなった前回2010年以降も、

喫煙率こそ、下がりましたが、

税収や利益については、大きな増減は見られない。

という結果が出ているようです。


この理由は、喫煙を継続している人たちが、

煙草の銘柄変更や喫煙本数を減らすなどの対応策を取ったためで、

全体の消費は落ち込んだものの、

上手く消費者が財布のひもの帳尻を合わせた結果とも言えるようです。



しかし、今回の増税では、2010年ほどのインパクトはなく、

一部、銘柄の変更をする消費者もいるかもしれませんが、

全体的に大きな変化はないのではないか?と思われます。

まぁしかし、その分、結果として、

弱冠、国の税収UPには繋がるかもしれんが、

煙草の消費によるそれは、微々たるものでしょう。



そんな中、今回の値上げについて、

消費者の反応を見てみると、またもや、

たばこ1,000円論が浮上しているようです。


これは言わずもがな、喫煙率の低下と税収のUPを狙って

この際、ジワジワでなく、たばこを一気に1,000円にしてしまえ

という意見です。


しかし誤解のないように言うならば、

今回の増税は、たばこ商品のみに焦点を絞ったものではなく、

単に消費税分の価格値上げなので、

特に、国民の健康増進目的だとか、

たばこに的を絞った税の補填ではありません。



そうなると、この場合の1,000円論は、

今回は少し、的が違うのではないかと思うのですが、いかがでしょう?



そして、個人的に言うのなら、

私自身は、煙草の値上げ自体は、健康増進という観点から言うのなら、

大いに賛成です。


しかし、一気に1,000円というのは、やや問題があるように思います。


実は、経済的な側面から見れば、

前述したように、消費者が自然に帳尻を合わせるため、

一部では、たばこを1,000円にした所で、税収は減らないし、

たばこ会社の収益が下がるようなことはない
だろう、とは言われています。


しかしんじゃ、今すぐ1,000円にしよう!

と言われると、私自身は、それはどうだろうと思ってしまいます。


何故なら、それが現実となった場合、おそらく、まず困るのは、

現在、ニコチン中毒にされてしまっている喫煙者。

多くが姿を消す中、未だ頑張っている、煙草の小売店や農家

更に、地方税も含む分、受け皿の小さい地方の自治体


困るのは、弱者ともとれる末端の部分の人たちなのではないでしょうか?



しかしその一方、価格の値上げが、

喫煙率を下げるのには、一定の効果がある
のは認めます。


このことからも、私は値上げ自体に反対ではないので、

一気ではなく、むしろジワジワの方がいいのではないか?

と思っています。


緊急性がなければ、むしろ、末端の人たちが、禁煙や転業などに、

逃げられる時間を作るべきなのではないか?


と思うわけです。


みなさんは、いかがお感じになるでしょうか?

おそらく賛否両論あるのでしょうね。




そして、これは余談となりますが、

国内においては、いわゆる贅沢品と言われる物品の中でも、

たばこが課せられている税金は高く、

高いと言われる、ガソリン(43%)、ビール(45%)よりも、

はるかに高い課税対象となっています。


計算によると、喫煙者は非喫煙者に比べて、

月にして、約8,000円。

年間で、10万円近く税金を余計に払っているそうです。



おそらく、先程の経済的な予測からも、

更には、健康増進という大ナタの存在からも、

金に困れば、たばこ税増税という考え方は、

今後も永田町から消えることはないでしょう。


そんな物に振り回されるの嫌気がさしませんか?

実は私は、そんなこんなに嫌気がさして禁煙した、末端の一人です。


↓『ジワジワ』でも『一気』でも、こちらの投票ボタンをポチっとお願します☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 社会運動・規制などの動き やっぴえろのポツリと 禁煙開始

この記事へのコメント:
たいへん勉強になりました。
知りませんでした・・・値上げになったあの年の税収のこと。
喫煙率が下がったことしか・・・。
消費者は自然に帳尻を合わせるものなのですねぇ。
そういえば、うちの夫。一本を最後まで吸い切るようになってます。
なんだか、、、切なくなってきました(^_^;)

2013/11/05(火) 09:57 | URL | みよっち #LkZag.iM[ 編集]
こんにちは。
欧米に比べて~とか、医療費削減の為に~とかの言い回しは、隠したい事実を言わない為のものかな?
たばこが嫌いだからとりあえず1箱1000円にして、将来は生産・販売禁止を目指す!って主張のほうが潔くて好きです。
欧米の基準を日本の物差しとして適用した方が良いかどうかの議論が無いまま、欧米より安いから高くしろと言われても(;_;)。欧米ではシガレットが高いので、節約したい人には手巻きたばこなどの安いたばこが好まれているみたい。手巻きたばこ用のシャグの値段は、日本が一番高いらしいです。
禁煙すると健康を損なうリスクが減るから、健康の為に禁煙しましょう!ここまでなら納得。でも、健康の為にたばこ税値上げします!は余計なお世話。
医療費削減したいのなら、薬を積極的に処方する医療をまず止めるべき。その上で運動不足と暴飲暴食を減らす対策を講じる。僕はそのほうが良いと思います。
2013/11/05(火) 15:43 | URL | AAA #-[ 編集]
こんばんは、みよっちさん!

そうですね。
2010年の煙草の値上げの時は、
たばこ会社の利益が落ち込むかと思ったら、
実際そうでもなかったようです。

いわゆる市場原理というやつでしょう。

もちろん、これは消費者だけでなく、
売る側も利益を落とさないように、
あの手でこの手で、企業努力をした結果なのでしょうね^^


>切なくなってきました(^_^;)

おそらく、吸っている本人も、時々感じていると思いますよ。
僕もそうでした^^;
2013/11/05(火) 23:27 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、AAAさん!

>たばこが嫌いだからとりあえず1箱1000円にして、
>将来は生産・販売禁止を目指す!

すごくストレートなご意見だと思いますよ。
嫌煙家さんからすると、本音はこうなのでしょうね。

しかし、大幅な値上げの決行が簡単に行かないのは、
法律の中で国が『喫煙者がたばこを吸う権利』を、
今まで認めてきた以上、
それを奪うのが難しいとう部分があるのでしょう。

そして、おそらく政治的な側面から見ると、
国がたばこ値上げをする場合、
1、税収をあてにして。
2、国際社会の一員としての立場上。
という側面が強く、国民健康を考えてというのは、
『大義名分』に過ぎないと個人的には思います。

それと、規制と規制緩和は、
国が市場や国民の動向をコントロールする
方法の1つだと思うのですが、
仰る通り、それによって、
健康を指導するのは余計なお世話かもしれないですね。

きっと、この問題には、ある程度のビジョンが必要なのでしょう。
しかし現状では、国として、今後のたばこ問題について、
明確なビジョンは、未だ持っていないと思います。

なので、今は議論することが、
大事なのかもしれませんね^^
2013/11/05(火) 23:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
今の値段からいきなり1,000円になったら辞める
っていう人が私の周りには多いです(^▽^;)

オーストラリアに行った時、日本人のガイドさんが
タバコは高級品なんですよ!って言ってました。
その頃、1箱800円位だったかな?
でも、生活に必要不可欠な光熱費や食料品などは
凄く安いそうです。
日本もそういう風になれば良いのに・・・
って思いました。
2013/11/06(水) 00:53 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

やはり、そうですよね。
いきなりにせよ、ジワジワにせよ。
煙草が高級なものとなっていけば、
それに伴い、やめる方が増えるでしょうね^^

いきなり1000円。
そうなると、相当、喫煙率は下がると思います。

嗜好品とは、そもそも『なくても生きていけるもの』なので、
そういった扱いで、僕もいいと思います。

なので、今回の消費税のように、○○年に1000円にします。
その前に例えば、○○年に600円、
○○年に800円といった風に、
前もって明示して段階を踏めば、
混乱も最小限に留めれるのかな?

それが、優しいやり方かもしれませんね^^
2013/11/06(水) 01:48 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは。

すぐに工場が閉まるわけではありませんが、
JT浜松工場が15年3月に閉鎖されるようです(たばこ消費減で)
工場の敷地面積約10万7000平方メートル
2012年度実績、たばこ年間製造数量、約95億本
従業員、JT本体で280人、関連会社を含めると約500人
新聞記事(10月31日付)を見て地元にたばこ製造工場があったことを初めて知りました;
たばこ1箱1000円でたばこ消費が減ったら
たばこで生計を立てている人達は死活問題ですね
2013/11/06(水) 23:07 | URL | 小桜 #-[ 編集]
こんばんは、小桜さん!

そうなんですか?
ありがとうございます。
はじめて知りました^^

工場閉鎖までの猶予は、約2年くらいということになりますね。
JTの方も、ある程度、再就職を斡旋してくれるといいのですが、
その辺はどうなのでしょう?

天下りの斡旋よりも、
是非とも重要視してもらいたいものです。

やはり、こういうニュースを見ると、
未来の明るい産業ではないのかもしれないですね。

貴重な情報ありがとうございます^^
2013/11/07(木) 00:31 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド