たばこを売るには?

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/12/06(金)
喫煙者のみなさんに質問です。

たばこって、どこで買いますか?



その昔、私は決まって、近所の小さなたばこ屋さんにて、

1,000円前後で、たばこをまとめ買いしてました。


そこは、白髪のお婆ちゃんが、一人で切り盛りするお店で、

たまに、おまけで、お店のライターやスナック菓子

そして毎回、ちょとしたお話と笑顔を頂いたものです。


懐かしいよな。



しかし、現在ではこういった、いわゆる町のたばこ屋さんも少なくなり、

たばこの購入は、もっぱらコンビニで

という方も多いのでしょう。



実はたばこ屋さんて、

誰もが勝手に開業出来るわけでなく、

国の許可が必要なのですがご存知でした?


そう言えば、私もたばこ屋のお婆ちゃんに、

その辺の話を聞かせられたこともありますが。。。

あれって、どんなんだったけか?



たばこ販売小売業に、

どんな条件や手続きが必要なのか

提示してみましょう。




*このコンビニは、たばこ置いてないんだな。。。』

喫煙者のみなさんなら、そんなことを、

ふと思ったことが何度かあるのではないでしょうか?


そういえば、私も喫煙者時代は、

自分の行動範囲にあるコンビニのたばこ販売の有無は、

すべからく把握していたように思います。


今では、あまり必要のない知識になりましたが、

その頃のたばこ販売分布図も、大きな変貌を遂げているのでしょうね。



おそらく賢明な、みなさんなら、

たばこにも、お酒と同じように販売する権利がきちんと存在して、

それによって、コンビニごとに、たばこ販売の有無があることは、

薄々と感じておられるでしょう。



でも、全てのコンビニが、たばこ販売の権利を取得しないのは

何故なんでしょう?



これには実は、その店の周辺にある、たばこ屋さん達の存在が、

深く関係しているようなんです。


この説明じゃ、ちょっと分かり難いですよね。

とりあえず、たばこの販売許可についてお話してみましょう。



まず、一口にたばこ屋と言いましても、実は2種類

細かく言うと、3種類の販売形態が存在します

ご存知でしたか?


1つ目は一般小売販売業

もう1つは特定小売販売業です。



それぞれの特徴を詳しく明記してみますね。



まず、たばこ事業法による罰金刑を受けて2年以内の者、破産者は、

たばこ販売の申請を行うことができません。


それは前提として、いかなる場合も同じなので、

頭に入れて置いて下さい。


その上で、


一般小売販売業

公道に面した小規模なお店。

町のたばこ屋さん、コンビニエンスストアなどは、これに該当します。


条件・特徴

・袋小路や購入者にとって著しく不便ではない店舗である。

・タバコ取り扱い看板や表示が可能である。

・店頭に自販機設置が可能である。

・販売予定の店舗が、周辺のたばこ販売店から距離が基準距離以上離れている。

(※後ほど詳しく解説します)


・店頭または店内に灰皿設置の義務は特にない。




特定小売販売業は、

劇場、映画館、駅などの閉鎖された施設

工場や事務所なども含まれる。


ある程度、閉鎖されている空間というのがポイントで、

例えばショッピングモールや駅の改札口など、

絶えず人が流動的に流れる場所は、これに含まれません。



条件・特徴

・タバコ取り扱い看板や表示に義務はない。

・自販機の場合、管理責任を負う者のいる場所から、

 直接、見えるでなければならばない。

・周辺のたばこ販売店から距離が基準距離以上、離れている必要がない。


・施設内に複数の自販機設置が可能。

・店頭または店内に、必ず喫煙所と灰皿を設置しなければならない。




そして、更にもう一つの特例的なたばこの販売形態が、

出張販売です。


これは、すでに上記2ついずれかの販売許可を得ており、

許可を受けた場所以外で、たばこ販売を行う場合に必要な許可。



つまり、前出のショッピングモールや駅の改札口付近など、

人が流動的に流れる場所でのたばこ販売には、

この許可が必要ということになります。


また、海水浴場、祭礼、イベントなど特定の条件の元であれば、

喫煙所の設置等々は免除
される場合もあり、

その都度、財務省の細かい許可が必要となります



なかなか、難しいですよね。



そして、先程、説明を後回しにした、

一般小売販売業における、

周辺のたばこ販売店から、その店までの距離が基準距離の存在が、

全てのコンビニが、たばこを販売が出来ない理由となります



実は、たばこの販売は、

販売店と販売店に、一定の距離を設けること

を取り決めています。


これは、たばこ小売店の大幅な増加や乱立により、

過度の販売競争を避けるための措置のようです。



ちなみに、その距離と言いますと、


指定都市

人口50 万人以上の市制施行地及び東京都の特別区 。


繁華街A  25m

繁華街B  50m

市街地、 100m

住宅地A 200m

住宅地B 300m




市制施行地

上欄に規定する指定都市以外の市制施行地。


繁華街A  50m

繁華街B 100m

市街地、 150m

住宅地A 200m

住宅地B 300m



町村制施行地



繁華街A   なし

繁華街B   なし

市街地、 150m

住宅地A 200m

住宅地B 300m




上記の環境区分について


繁 華 街

指定都市又は市制施行地であって、次の一に該当する街路等


(イ)乗車人員が、1日当たり20,000人以上の大規模な駅、

バスターミナル。


(ロ)遊興飲食施設、商店及び観光客施設が100店以上連続している街路。

繁華街のうち、乗車人員が、1日当たり50,000人以上の駅、

バスターミナル及び遊興飲食施設等が200店以上連続している街路を、

繁華街(A)とし、その他を繁華街(B)とします。



市 街 地

市街地形成施設が20%を超える部分を占めている街路

(繁華街(A)及び繁華街(B)に該当するものを除く)


住 宅 地 住宅と農地等が80%以上を占めている街路、住宅地のうち、

農地等が2分の1を超える部分を占めている街。


路又は農地等の中に50世帯未満の小規模な住宅の集団を形成している、

地域における街路を住宅地(B)とし、

その他を住宅地(A)とします。



つまり、見てお分かりの通り、

たばこを置いていないコンビニは、ほとんどが、

この基準距離の規定に引っ掛かっているといことになります。


おそらく、たばこのないコンビニの近くには、

別のたばこ屋があるということですね。



そして、更に細かく言うと、例外もあります。


1、【特定小売販売業】として許可されている。


2、申請者が、身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者。

または、母子及び寡婦福祉法第6条に規定する寡婦もしくは、

配偶者のない女子で現に児童を扶養している者のの場合、

基準距離は8割緩和される。


3、最寄りのたばこ販売店が正当な理由なく1月以上休業している。


4、最寄りのたばこ販売店が販売数量が一定の数量以下。


5、付近に廃業したたばこ販売店(許可後5年以上の)がある。


6、予定営業所が大規模な商業制限団地の中にある。


7、駅、バスターミナルその他の交通の拠点

(乗車人員1日5,000人以上)の周辺にある。


8、予定営業所の面する街路が繁華街(A)、繁華街(B)、市街地の場合、

最寄りの販売店が予定営業所の面している街路を歩行する消費者から、

直接、かつ容易に見えない。


9、地上と地下の異なる道路に面している(地上と2階なども同じ)

往復合計4車線以上の道路を隔てて位置する。



いずれも、絶対ではないもの、基準距離の規定をクリアしなくとも、

特例としてたばこ販売の許可が下りる可能性があります




そして更に。。。

と思いましたが、長くなりました。


しかし、たばこ販売の規定って、ホント細かいですよね。

この他の決まりや疑問点などは、また次回にお送りしたいと思います。


今回は、全てのコンビニにたばこが置いていないわけ

が伝われば、いいかな?

と思っています。


↓ポチっとしてほしい私の気持ち♡は伝わりますでしょうか?
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ



関連記事

tag : たばこの雑学 社会運動・規制などの動き

この記事へのコメント:
たばこを 売るのに
こんなに いろいろなこと クリアしないと ダメだなんて 知りませんでした
コンビニに 売ってるのは 当たり前みたいに 思ってましたが
そーでも ないんですね

たばこ屋さんって
おじいちゃんや おばあちゃんが
のんびり 経営してる風な イメージしか ありませんでした
2013/12/08(日) 08:37 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

非喫煙者の方は気にならないかもしれないですが、
煙草を置いていないコンビニって、結構あるんですよ^^

煙草は本来、集客に繋がるので、
コンビニとしては、是非置きたい商品の1つでしょうね。

そうですね、
たばこ屋さんは昔は、おじいちゃん、
おばちゃんのお小遣い稼ぎ要素もあったようです^^
2013/12/09(月) 00:34 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
そういえば、昔ながらのたばこ屋さんって
殆ど見なくなりましたね。
関係ないですが、最近うちの近所にあった
コンビニがなくなってしまって凄く不便に
なりました(・_・、)
それにしてもタバコ販売って色々規程が
あるんですね!
知らなかったです。
2013/12/09(月) 21:43 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね。
僕が喫煙者時代に利用していた、
たばこ屋さんは、ほとんど形を変えている感じがします^^

コンビニは一家に行きつけが1軒はありますよね。
なので、なくなると少し生活スタイルに変化も出ますでしょうか?

規定は多いですね。
たばこは、そもそも依存性があるので、
あまり国民が乱用し過ぎると問題になるということでしょう。
2013/12/10(火) 00:27 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド