喫煙所のふしぎ

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2013/12/10(火)
暖房器具の暖かさに癒される季節


空気の乾燥とともに、火事にも気をつけなくてはなりませんね。

現在でも、やはり、たばこが出火原因という火事は非常に多いようなので、

喫煙者のみなさんは、十分注意して欲しいなぁと思います。



さて、前回、どうして全てのコンビニがたばこを置いていないか?

という、ふとした疑問から、

商店などが、たばこを売るために必要な条件を示してみました。


とても細かい取り決めがあるようなのですが、

今回は更に、その補足と、

ちょっとした疑問に迫ってみたいと思います。


しかし、たばこ販売許可の条件に目を通すと、

結構、矛盾を感じる点もあったりするんですよね。


安全の観点から見ても、ホントにこれでいいのかな?

どう思います?



*まず、みんさんはたばこ販売の申請と許可は、

どこで行うかご存知でしょうか?


答えは、たばこが昔から、国にとって大事な財源であったため、

財務省が行うのが、決まりとなっています。


簡単に流れを説明しますと、



たばこ販売許可までの手順


1、申請者が、たばこを販売したい地域のJTの支社に、

財務局宛ての申請書を作成し、提出します。


2、JTの支社は、申請者がたばこ販売を行う予定の場所を、

現地視察し、条件に適っているかを調査します。


3、条件をクリアしていれば、財務省の地方支分部局である財務局に、

申請書が送られ、許可、不許可の判定が行われます。

(判定までは、通常2カ月程度)


4、許可の場合、申請者とJTの支店に通知が行われ、

不許可の場合、申請者のみに通知が行われます。


5、許可の場合、登録免許税15,000円を納付し、

晴れて、たばこ屋さんとなることが可能となるわけです。




詳しい条件は、前回でお伝えたしましたが、

それをクリアしてさえいれば、特に難しいことはないようですね。



しかし、こうして、たばこ屋さんになったとして、

ちなみに、気になる利益はどの位だと思います?

たばこの売り上げに対して10%

一箱400円だとすると、大体40円ということになりますね。


わりに合いますか?


もちろん、店の場所などにもよるでしょうが、

これだと、絶えず人の行きかう繁華街でなければ、

なかなか、これだけで生計を立てるのは難しいことは予想できます。



こんなことから、たばこ屋さんの多くは、

専業よりも、コンビニはもちろん、酒屋、米屋などと兼業していたり、

お年寄りのおこずかい稼ぎといった印象が強いのかもしれません。



そして、何となく姿を消していいるように思われる、たばこ屋さん

毎年、新たに、たばこ販売の許可を受ける店舗は存在するようで、


過去5年では、

(2008年度。。。293)(2009年度。。。289)(2010年度末。。。279)

(2011年度。。。274)(2012年度。。。271)


10年前の(2003年度。。。305)

20年前の(1993年度。。。287)


【JTホームページより 単位:千店】



ご覧のように、販売店自体の数は、緩やかに減少傾向にあるものの、

数字の上では、あまり大きな変化はしていないようです。


しかし、相次ぐたばこ値上げ、JTの事業縮小。

今後のたばこ販売業はどのように動いて行くのか動向は気になります。




そして、もう一点、個人的に

実は、2回連続で、たばこ販売の許可をリサーチする上で、

コンビニのたばこの有無と並んで浮上する、

素朴な疑問があるんですよ。



何だと思います?

それは、たばこ販売店における、灰皿、喫煙所に関するものです。



前回も、許可の条件として明記しましたが、

まず、たばこ販売店一般小売販売業特定小売販売業に分かれます。



もう少し詳しく言うなら、

一般小売販売業】は、公道に面した小規模なお店を指し、

町のたばこ屋さん、コンビニエンスストアが含まれ、

こちらに、灰皿、喫煙所の設置義務はありません。


一方【特定小売販売業】は、駅、映画館、劇場などの閉鎖された空間を指し、

こちらには、灰皿、喫煙所の設置義務が生じます。



さて、どうでしょう?

ここまで聞いて『あれれ?』とは思いませんか?




普段、たばこを吸う場所にお困りの喫煙者の方なら、

すぐにお分かりかと思いますが、


本来、灰皿、喫煙所の設置義務のない、たばこ店やコンビニの方が、

灰皿などを置いてるケースが多く



逆に、完全禁煙の進んでいる、電車の駅は、

義務があっても、灰皿や喫煙所がないケースが多くなっています



何かおかしいですよね。



コンビニなどの場合、おそらく灰皿を置くことで、

喫煙者が店を利用し、それが売り上げに繋がるというのは分かります。


やっぱり、ちょいと一服には、缶コーヒーだったり、

買い食いが伴うケースが、非常に多いわけですから。



一方、駅の方はどうでしょう?

キオスクや構内のコンビニ等で、たばこの販売を継続しているのに、

喫煙所は、時代ともにその姿を消して行っています。


これって、たばこ販売の許可の基準から言えば、

とても矛盾していますよね



調べてみたら、そのカラクリはこうでした。


実は、現行のたばこ販売の許可の規定は、

2002年に制定された、健康増進法以降のもので、


特に喫煙所の設置を義務付けられていなかった

健康増進法の制定以前に、たばこ販売の許可を得ている施設は、

暫定的に喫煙場所がなくても、販売許可の取り消しを猶予されています



これも既得権益というやつですね。



しかし一方、同法では同時に、駅などの公共施設などでは、

受動喫煙防止の観点から、全面禁煙が望ましい
としています。


その為、喫煙所は撤去されているのに、

構内のキオスク、コンビニ等では、たばこを販売しているという、

ねじれが生じている
といことになります。



更に、キオスクの場合、

長い間『たばこ』『雑誌』『新聞』の三つ商品が売り上げの中心で、

たばこ』は、その中でも利益全体の10%をも占めているそうです。


このため、経営上、当面のたばこの販売中止は難しいわけです。、


更に全面禁煙の波は、やはりキオスクの売上にも大打撃を与えているようで、

結果的に駅中も、キオスクから、売り上げ好調のコンビニへと、

相次ぐ転換が進んでいるようです。


何となく、町中のたばこ屋の現状と似ていますよね。



そして、個人的には、

特定小売販売業が、ある程度、閉鎖された空間となっているので、

そういった場所で、喫煙所を設けず、

たばこ販売を行うのも法律上いかがなものか
と思います。


しかし、流石にこの期に及んで、

駅のホームで、あえてルールを犯して喫煙する人も、

ほぼ見なくなったので、現状のままでもいいのかな?

とも思ったりはしますが、みなさんはどうお感じになるでしょう?



でも、私はやはり、

『閉鎖された空間』『喫煙所なし』『たばこ販売OK』って、

もの凄く矛盾した組み合わせに感じますね。


もし、現行のままなら、

一応、駅構内での喫煙は、罰金等臨時措置法により、

1,000円以上10,000円以下の罰金が科せられますが、

これを、もう少し明確にしてもいいのかな?


飛行機などで、隠れてたばこを吸う人間もいる以上、

もし、同様の事から、駅などで火災が起きたら、

本当に危険ですからね



それにしても、大人の事情もあるのでしょうが、

分かり難い、ねじれは、是非とも解消して欲しいものです



↓禁煙ブログランキングTOP10はこちらかどうぞ!☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 社会運動・規制などの動き たばこの雑学 やっぴえろのポツリと

この記事へのコメント:
こんにちは はじめまして
確かに喫煙する場所がだんだん少なくなってきましたね
私はこちらのブログを読ませていただいて、さらに気合と根性(笑)で禁煙に成功しました
禁煙してすぐ妊娠できました
結婚5年目にしてはじめてです
「一本だけ」のおばけに負けないように毎日言い聞かせて、今は全く吸いたくありません
とてもはげみになりました ありがとうございました
2013/12/11(水) 13:46 | URL | ゆき #-[ 編集]
こんばんは、ゆきさん!
はじめまして。
僕の妹と名前が一緒で、親近感が湧きます^^

そうですね、たばこの販売を続けるのに、喫煙所が減っていく。
禁煙理由になってよいのですが、
少し儲ける側の無責任さを感じますね。

禁煙に成功されて、妊娠ですか?^^

なんと、なんと。。。
とても感激しました。

1つの命の誕生に、例えほんの僅かでもお力添え出来たのだとしたら、
こんなに素敵なことはありません。

すごくハッピーな気分です。
もう大丈夫だとは思いますが、禁煙は持続して下さいね^^

お体をくれぐれもお大事に。
安産をお祈り致します^^
2013/12/12(木) 01:01 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド