薩摩の夜明け!大久保利通と指宿煙草

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2014/01/17(金)
薩摩の国というと、

みんさんはどんなイメージをお持ちですか?


薩摩芋薩摩揚げ薩摩地鶏薩摩切子薩摩焼き

うーん、他だと、焼酎や黒豚

この地には、知っての通り、

全国的に有名な数多くの特産品が存在しますよね。



しかし、歴史好きな私としましては、

薩摩と言われて、まず頭に浮かぶのが明治維新



そうです薩摩藩です。

この地を統治していた薩摩藩の藩士たちが、

原動力の一つともなった日本の激動の時代です。



その薩摩の士の中にあって、

双壁をなすのが、西郷隆盛と大久保利通

一方の大久保利通は、維新後の初代内務卿として、

明治政府の基礎を築きあげた人物です。


そして、この大久保利通

実は大久保さんは、いつも煙に中にいる

と言われるほど、大のヘビースモーカーだったそうです。


ご存知でしたか?




*さて、みなさんは薩摩という地名は、

どの辺のことだかご存知でしょうか?



薩摩とは明治維新後国司廃止→廃藩置県によって、

中央集権の政治体制がとられる以前まで、

国の行政的な地理区分として使われていた令制国の名で、

鹿児島県の西半分の地を指す名称です。



ちょっと、難しい言い方ですけど、要するに、

鹿児島県の西半分を昔は『薩摩国』という名前で、

呼んでいたということになります。


そして、この地は煙草ともとても縁が深く

そんな事から、わが国の日本と煙草にとって、

夜明けの地という言葉で表現しても、

さほど大袈裟でないと思うわけです。


この地が、明治維新との関連から、

日本の夜明けという意味は分かるとしても、

何故この地が、煙草の夜明けの地なのでしょうか?


それは、薩摩国指宿の地で、

わが国において最初のたばこが栽培が行われた、

という説が存在するからです。



あまり確実な記録は残っておらず、推測の域を出ないのですが、


維新前の江戸時代末期、薩摩藩が編纂した三国名勝図会では、

指宿は日本最初のたばこ発祥の地と記されており、


更に、維新後の1881年に出版された青江秀薩隅煙草録にも、

これと同様の記述がの残されているそうです。



しかし歴史家によると、当時、タバコの栽培は非公式ながら、

九州の各地で行われていた
感じがあり、

ここ薩摩国指宿桜馬場たばこで有名な長崎についての栽培の記録は、

残されているのですが、他は定かではないというのが、

一般的な認識となっているようです。


タバコは、当時から高値で取引された農作物

記録より先に、栽培をはじめるという心境は、

何となく分からなくもないですよね。


そしてその中でも、この薩摩の煙草指宿葉は、

わが国日本の中でも、伝統的な一品であったことに間違いなく、


そして、この指宿葉を愛用したのが、

西郷隆盛、木戸孝允と並んで維新の三傑と称される、

大久保利通というわけです。


大久保利通は、碁が趣味で、

お菓子、鹿児島鮨、そば、酒はワインを嗜み、お茶は京都の玉露。

とてもグルメな人物だったそうです。


そして、中でも大好物だったのが、漬け物と煙草だったそうで、

彼に会う人間はみな、

大久保さんと言えば、煙草の煙

を想像するほどだった言われています。


大久保といば、青年期から胃が弱く、

武術より学問に秀でた人物だったそうです。

そんなことから、思案たばこなどという言葉があるように、

考えごとをする時、彼が常に煙草を吹かしていたというのは、

容易にイメージ出来たりしませんかでしょうか?



そして、無類のたばこ好きを示すエピソードとして、

彼が1日を過ごすにあたり、1本のキセルでは、ヤニが詰ってしまい間に合わず

昼と夜で、別々のキセルを使用していたという話があります。


このキセルは、子供達がせっせと掃除していたようですが、

こと煙草に関しては口うるさく、周囲の者が度々、迷惑するほどだったそうです。



そして、この大久保利通と煙草関連で面白いのが、

マッチとの繋がり。

少し前まで、煙草に火をつける道具でもあった、あのマッチです。


日本のマッチは、清水誠という人物によって、製造が開始されたのですが、

清水が研究をはじめた頃、その研究を視察に訪れ、

激励したのが、他でもない大久保利通


その後、急成長を遂げたマッチ産業は、

輸出の三大品目
にも数えられるようになり、

日本の重要な産業となっていったようです。


自分の周囲にあるものが、国の実益として繋がっていく辺り、

何となく大久保の眼力を感じてしまうのは、私だけでしょうか。


そして、この大久保利通

政治家として数々の偉業を成し遂げながらも、

実に清廉潔白な人物として知られ、

死に際した時も、公共事業に私財を投じていたため、

手元には、ほとんど財産は残っていなかったと言います。


それは、かつて盟友であった西郷隆盛も同じ。

その気風も、薩摩の地の特産品だったのでしょうか。


是非とも、現代の政治家にも見習ってほしいものです。



↓清い心の自分を懐かしんでポチっと☆ミ
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ



 
関連記事

tag : 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
薩摩藩私もすぐに想い浮かべました^^
え~~。
彼はヘビースモーカーですか?
明治時代は葉巻ですか~~。
それは命縮めちゃいますね><^^
2014/01/17(金) 00:37 | URL | さくら #zp.b0tIQ[ 編集]
こんばんは

頭に描いていた教科書に載っている写真。
読み進めていくうちに煙草の煙で見えなくなってきました。。。
五輪真弓さんの「煙草のけむり」という歌のように。



私財を投げうてとはいいませんが、もうすこし、やりようがあるのではと思ってしまいます^_^;
2014/01/17(金) 21:25 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、さくらさん!

そうですよね、
薩摩といえば幕末ですよね。

共感者がいて嬉しいです^^

時代からして、喫煙率はかなり高かったのですが、
ひょっとしたら、煙草がなければ偉人の寿命が延びて、
どこか歴史は変わっていたかもしれませんね。

もちろん『たられば』ですが^^
2014/01/18(土) 02:31 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

五輪真弓ですか?
そういえば、祐希ちゃん好きなんだったよね^^

読み進める度に、大久保さんが煙に消えていく、
何とも味のある表現ですね。

そうですね、
私財を投げ打たなくてもいいけど、
政治はもっと国民を見るべきですよね^^
2014/01/18(土) 02:35 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
うれしいです。
郷土鹿児島を話題にしていただきありがとうございます。
大久保さんがヘビースモーカーだったとは知りませんでした。
二重に感謝です。
2014/01/19(日) 23:10 | URL | マッキー #-[ 編集]
こんばんは、マッキーさん!

そうですか、
鹿児島のご出身なんですか。
薩摩隼人ですね^^

地元では、大久保さんより、
西郷さんの方が人気があると言いますが、
二人とも歴史を動かした偉人に違いないですよね。

男たるもの、かくありたいものです^^
2014/01/20(月) 02:32 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
大久保利通さんってヘビースモーカー
だったんですね!
知らなかったです。
薩摩の国もそうだけど、九州に行った
事がないので行ってみたいです(*^^*)
2014/01/20(月) 19:52 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

大久保利通。
ドラマなどにも度々登場しますけど、
煙草を手にしているシーンはあまり見かけませんね。

そのせいで印象が薄いのかな?^^

九州いいですよね。
僕も行ったことがないので、行ってみたいです^^
2014/01/21(火) 00:17 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
★ NHK大河ドラマ『篤姫』にも登場、本場鹿児島県は薩摩産! ★ 歯ぐきの健康、口臭予防のエチケットに! ★ カナバニンの効能で血液や体液の浄化、血行促進! ☆★☆商品情報☆★☆ 品名: 薩摩なた豆お試しパック   分類: おすすめ健康グッズ試供品 価格: 2,000円 → 1,000円 【初回限定 / 送料無料】...
2014/01/27(月) | おすすめ禁煙グッズ通販所

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド