淀君は日本最初の女性喫煙者ではないと思うけど

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2014/07/01(火)
歴史は勝者が作る


ものすごーく威厳のある言葉のように聞こえますが、

物の道理を考えると、これって当たり前のことですよね?



歴史上の敗者は、自ずと消え行き、

時代の背景によっては、負けが確定した瞬間に命すら露となることもあります。


勝者は、逆に命を長らえる故に、

真実であろうがなかろうが、正式という名の記録を残すことができ、

なお且つ、広く世間への影響力を与えることもあります。




江戸幕府が開かれる前後、

大阪城には茶々別名淀君と呼ばれる女性がいました。

ご存知ですか?かの太閤、豊臣秀吉の側室です。


そして、実は彼女、

我が日本初の女性喫煙者と伝えられえています。


でも、この話って本当なのでしょうか?

実は、これも歴史の勝者たちが作り上げた、

勝手なイメージなのかもしれません。


 

*まず、豊臣家が歴史の勝者か?

と聞かれれば、一時においては、おそらくそうででしょう。


しかし、豊臣秀吉夫婦を、時代の物差しで測った場合、


夫、豊臣秀吉は勝者。

妻、淀君は最終的には敗者。



というのが、一般的な見方なのではないでしょうか?



何故なら、豊臣秀吉はご存知の通り、

農民から関白にまで登りつめた天下人


関白といえば、明治維新における王政復古の大号令で廃止されるまで、

天皇陛下に変わり政治を行う役職であり、公家たちの最高職

つまり、死が訪れるまで、国のトップであり続けた人物です。


もちろん、淀君もその男の妻なのですから、

一時的には、勝ち組と呼んでもよいのでしょう。


しかし、彼女秀吉の死後天下の後継者たる徳川家康と対立


関ヶ原の戦いでは、傍観者を決め込んで難を逃れるも、

大坂夏の陣において、居城の大阪城を家康に取り囲まれ、

最終的には、息子、秀頼と共に自害して果てました。

1615年の出来事です。


シンプルに考えるなら、

一方は天下に登りつめた人物。

一方は天下から引きずり降ろされた人物。

ということになりますかね。



そして、この淀君

実は日本最初の女性の喫煙者と、

一部で囁かれていたりします。

聞いたことがありますか?


時代背景を整理するなら、

この頃は丁度、日本にたばこが伝来した頃


諸説ありますが、栽培開始をたばこ伝来とするなら、

最古の記録ですと、長崎桜馬場のタバコの栽培記録の1605年。


後世の書物で、鹿児島指宿での栽培の方が前だという説もありますが、

収穫済みの喫煙用のたばこの日本に上陸は、

これよりもう少し前と考えらます。


ということは、秀吉と淀君が天下に君臨した時代には、

日本にはすでに、タバコは存在していたと推測するのが妥当となりますね。


となると、当時のたばこはおそらく、まだまだ希少価値の高い品物。

そして、流行の最先端のアイテムであったでしょうから、

政治的にも見ても、時の権力者、秀吉が興味を持たないわけがありません。



流行後、しばらくして、禁煙令を出したことからも、

おそらく、秀吉とたばこは何らかの形で接触を持ったであろう、

と考えるのが自然でしょう。


そして、秀吉も淀君も、このコンタクトで魅了され、

大の愛煙家であったという説もあったりします。


淀君が日本女性、最初の喫煙者

そうであったら、中々センセーショナルですよね?



しかし、リサーチしてみると、

残念ながら、秀吉夫妻の喫煙、または禁煙令までの流れには、

全く証明する史料の類は存在しないようです。


では何故、淀君とたばこの話が実しやかに伝わったのでしょう?

おそらくその答えは、ヒステリックであったとされる、

彼女の性格にあると思われます。



例えば、淀君を愛煙家とする場合の一般的な通説はこうです。


日本に伝わった当初は、万能薬としてイメージが強かったことから、

献上された煙草を、秀吉夫妻は何の抵抗もなく試してみました。


すると、その味や効能を気に入った淀君は、

一日中、片時もたばこを手放さないほどのヘビースモーカーへと、

変貌したそうです。


しかし、それほど吸い続ければ、たちまち体を壊してしまい、

そんな姿を見て、たばこの害を知った秀吉は、

一時、奨励しようとしていたタバコの栽培を、一転全て禁止としました。



この禁止令により、煙草を吸えなくなった淀君は、

その禁断症状から、ヒステリックな性格となってしまったすです。



他にも、秀吉の出したバテレン追放令により、

煙草の入手が困難となり、淀君は禁煙を余儀なくされたという説もあります。



いずれにせよ、煙草によって、

彼女はヒステリックになってしまった
という言い伝えですね。



まぁでも、確かにこの説、面白いですが、

現実的に煙草の離脱症状を考えると、一時的なイライラはあっても、

生涯の性格を変えてしまうというのは、少し行き過ぎな気もます。



そして更に言うなら、

淀君がヒステリックだという、このイメージ。

歴史に関するドラマや映画、小説などでも、何となく定着していますが、

実は、これも多分に疑わしいところがあります。


おそらく、淀君の性格は、

明治時代に作られた、坪内逍遥の『桐一葉をはじめとする、

歌舞伎の演目によって定着したと考えれます。


坪内逍遥は、シェークスピア作品の翻訳などで有名ですが、

小説家、劇作家としても優れた才能を発揮した人物。


桐一葉における淀君に関する演出も鬼気迫るものとなっており、

彼の手掛けた淀君ものと言われる一連の作品の中で、

淀君はその名と共に、悪女のイメージを世間に知らしめたとも言います。


更に言えば、それまでは茶々という呼び名の方が一般的で、

この頃から淀君とも呼ばれるようになりました。

そして、この淀君の『君』は、実は敬称ではなく、

人を侮蔑、軽蔑した時に使うような呼び名なのだそうです。



何となく淀君に関して言えば、

徳川家康という時の権力者に逆らったがために、

長くに渡り、豊臣家を滅ぼした悪女として擦り込まれた感じもあります。


そして、たばこの話もそうですが、

歴史のフィクションとして、時代の勝者が面白おかしく描いた結果、

現在の淀君像が出来あがったのではないでしょうか?


淀君が日本女性、最初の喫煙者。


これも確かにそうだったら面白いですが、

普通に想像すれば、日本最初の女性喫煙者は、

当時、日本に渡って来た外国人と接触のあった遊女。

もしくは、たばこを仕入れた商人の奥方様あたりが妥当な気がします。


個人的な推測を言うなら、

淀君はひょっとしたら喫煙したかもしれませんが、

おそらく日本最初の女性ではないのではないかな?


と思いますがいかがでしょう。



そして更に言うなら、もし関ヶ原の戦いが西軍の勝利に終わっていたら、

『淀君』の現代のイメージは、

慈愛に満ちた聖母のようになっていたかもしれません。


そうしたら、喫煙者イメージもあったかどうか。


やはり、歴史は勝者が都合よく作る一面もありますね。


↓こちらで自らの喫煙者のイメージをぬぐいさりましょう☆ミ
人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

 
関連記事

tag : 歴史もの やっぴえろのポツリと たばこの雑学

この記事へのコメント:
お薬だと思ったタバコが実は・・・
騙されてしまったということですね。
ホントだとしたら可愛そうな気がしますが。
タバコによる被害者ってところなのかな?
2014/07/01(火) 23:11 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんにちは、mifaさん!

そうですね、
そもそも嗜好品の類は、お酒にしてもお茶にしても、
薬として、世界に広がるそうです。

そう意味では、当時の喫煙者はみな被害者なのかなもしれません。
現代でも煙草が薬だと信じてる人っているのかな?
2014/07/02(水) 11:53 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/03(木) 00:23 | | #[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

そうですか、
それは心配ですね。

僕もリンゴが入院した時は、
まだ赤ちゃんだったイチゴが寂しがったので、
夜中、ボール遊びをして、一緒に寝たのを覚えてます。
いつも、イチゴとリンゴは二人一緒だったから、
この時がはじめてだったかも^^

入院中は何かと不安ですよね。
きっと手術後は、より元気なって帰って来てくれますよ。

でも、それだと傷口が開きかねないから大変なのか。
少し大人しくしてくれるといいね^^

お大事に^^
2014/07/03(木) 10:24 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド