禁煙にもダイエットにもヒスタミン?

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2014/10/28(火)
天使の顔、悪魔の顔なんて言うように、

物事にはいつも表と裏の見方が存在しますよね。


例えば、ある人にとってみたら、優れた芸術作品だとしても、

ある人からしてみたら、難解でわけの分からない、ただのガラクタだったり。



戦いで、勲章を授与される程の祖国の英雄も、

ひょっとしたら、侵略された側から見ると、

残虐な殺人鬼に見えるのかもしれません。




みなさんはヒスタミンという物質はご存知ですか?

広くアレルギーの原因とされ、

この活動を抑えるための抗ヒスタミン薬という薬も存在します。


このイメージからか、

悪者のように捉えらえることの多いヒスタミンですが、

実は別角度から見てみると、

禁煙ダイエットの助けになるという話もあったりします。



本当にそうなのでしょうか?

少し考察してみたいと思います。




*ヒスタミン』。


みんさんにとってみると、風邪薬などに効能に含まれる、

抗ヒスタミンという言葉の方が、馴染み深いかもしれませんね。



さて、このヒスタミン』。

簡潔に言うと、人間を含む多くの動物の体の中に存在し、

必須アミノ酸ヒスチジンから合成される化学物質の名前です。



一般的に、体の中で合成されると、

肥満細胞(特に肥満とは関係ない)に留まって活動はしないのですが、

外傷、火傷、または薬物などに反応した時、活動を開始。

血管拡張を起こしたり不随意筋を収縮します。



もっと分かり易くと言うと、

外部からの刺激に対して、免疫反応を補助する役割を果たし、

湿疹やくしゃみ、鼻水、咳などを引き起こすわけですね。



また同時に、かゆみや痛みの原因物質ともされ、

過剰な働きは、アレルギーを引き起こすと言われています。


花粉症、アトピー性皮膚炎、化学物質過敏症、アレルギー性鼻炎。。。


これらにおける症状もヒスタミンの仕業だと言われ、

そんなことから、広く治療に用いられるのが抗ヒスタミン剤』。


このイメージからも、ヒスタミンは、

体に悪影響を与える悪者の印象が強いわけですね。



実は私も過去に、小児喘息やアレルギー性鼻炎を患っていたことかがあるので、

ヒスタミンと言われると、何だか憎らしい気分にもなります。



しかし、お気づきかもしれませんが、

くしゃみや咳、鼻水などの症状ってすごく煩わしいのですが、

実のところ、これらの症状って、

ウィルスなどの異物を体外に追いだそうとする免疫反応です。


なのでもしヒスタミンが喋れたとしたら、

『何でワシが、文句言われなあかんの?』と、

反論してくるかもしれませんね。




そして、実はヒスタミンの活躍は、これだけに留まらず、

脳の中枢神経、体中の血管、胃など、

体の様々場所で、多種多様な働きを見せている
そうです。


某国営放送、某NHKのためしてガッテンという番組でも、

ヒスタミンは、禁煙やダイエットにも、

少なからず影響を与えていることが、特集されたそうです。




ちなみに、体の中でのヒスタミンの活躍をまとめると、


まず、その動きとして、

ヒスタミンは、体の中に存在するレセプター(受容体)に結合することで、

体に様々な反応を引き起こします。



そして、このレセプターには、それぞれ種類があり、

H1~H7まで存在。

H1~H4はまで、大体の働きが分かっているそうです。



H1受容体は、血管内皮に分布。

炎症やアレルギー反応に大きく関わります。


血液成分を血管外に染み出させることで、湿疹や痒み

また腸管や気管に存在する平滑筋を収縮、喘息を引き起こしたりします。

更に、鼻水、くしゃみの原因もこれです。


そのため、ヒスタミンの活動を抑えるため、

抗ヒスタミンが使われることがあるわけですね。



H2受容体は、胃粘膜の粘膜に存在していて、

胃を刺激して、胃酸の分泌を促します。


胃酸が出過ぎた場合、それを抑えるための薬も存在します。

ガスター10などがそうで、あれはH2受容体に特化した、

抗ヒスタミン剤
というわけです。



H3受容体は、中枢などの神経で、セロトニンノルアドレナリンなどの

神経伝達物質の分泌を促進、調整しているそうです。


これらの神経伝達物質は聞き覚えがあるかもしれませんが、

長年の喫煙のせいで、禁煙後しばらくは、

極端に分泌が少なくなってしまっています。


このことは、イライラや便秘、睡眠障害などの原因となったりするので、

ここから、ヒスタミンは禁煙中、とても重要だと言うことが言えるのでしょう。




そしてH4受容体は、2000年に確認されたばかり。

胸腺、脾臓、小腸などに存在し、

H1受容体拮抗薬では抑えれれない、痒みなどのアレルギーに関係している、

と考えれているそうです。




どうでしょう?

本当に多岐に渡り、影響を与えていますよね。


でもこれだと、やはりヒスタミンの悪さだけが目立ってしまいます。


しかし、ヒスタミンは他にも、


・日中の眠気を抑えて、生活にリズムを与えている。

・人間の行動を活性化している。

・記憶や学習能力を高めている。

・満腹感を与え、食欲を抑制する。

・精神の興奮を抑える。



など、心身のバランスをとるのに、欠かせない働きもしています。


何となく、ホントはいい人なのに、たまに行き過ぎることがあって、

勘違いされているタイプにも見えますよね。。。



おそらく、ダイエットに重要というのも、

満腹感を与える働きがあるからで、


食事をする時に、食べ物を噛むとヒスタミンが活性化するため、

きちんと咀嚼をすると良いと言われます。


食事はよく噛みなさい。


そう言えば、そんなこと昔からよく言われましたね。




しかし、ここまで読んでも、お分かりかと思いますが、

ヒスタミンというのは、働きを抑える薬はあっても補う薬は存在しません。

それは他でもなく、過剰摂取は、アレルギーを招く可能性があるためです。



そこで、多く含む食材は何かというと、

赤身の魚で、マグロ、カジキ、サバ、ブリ、サンマなどです。


しかし同時に、これらの魚は鮮度が落ちると、

過剰にヒスタミンを生成することがあり、

ヒスタミン中毒を引き起こす可能性もあります。



中毒症状としては、嘔吐、下痢、蕁麻疹など。

いわゆる、これが『あたった』というやつですね。




なので、積極的にヒスタミンを活用するとしたら、

アレルギーに充分注意しながら、

鮮度の高い魚を、よく噛んで食べるということでしょう。


これなら、きちんと効果を発揮してくれそうです。




今回は、あまり積極的な方法とは言えませんが、

禁煙、ダイエットの際には、

頭の隅にでも置いておいてくれてると役に立つかもしれません。



それを気をつければ、悪者のイメージの強い『ヒスタミン』

禁煙、ダイエットにおいては、天使なのかもしれないんですから。


↓こちらをポチっとして、当ブログの天使となって下さいまし☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ



関連記事

tag : 美容と健康 健康情報エトセトラ 禁煙の方法 離脱症状

この記事へのコメント:
ヒスタミンは、調子に乗りやすい、
暴走しやすいタイプなのかな(≧m≦)
私の場合、アレルギーの血液検査では
全く異常なしなのに、皮膚のパッチテスト
ではアレルギー反応が出ます。
身体の中と皮膚は全く別らしいです。
金属アレルギーだったので、長年自分は
アレルギー体質だと思っていました(^▽^;)
2014/10/29(水) 03:26 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

アレルギー体質って、何か煩わしい症状が多いですよね。

『ヒスタミン』は、作用する部位で体に及ぼす影響が違うようなので、
検査の仕方によって、結果が違うのは何となく頷けます。

暴走しやすいタイプ。
そうかもしれませんね。
ほどよく活躍してくれると嬉しいのですが^^

ちゃんと、いい所もあるのに^^
2014/10/30(木) 01:37 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
ガスター10って 
抗ヒスタミン剤だったのですね
これを 多量服用してる 主人は
何らかの 悪影響が 出てるのかも

天使の顔 悪魔の顔 って フレーズで
SHOW-YAの 限界LOVERSが 頭の中で ぐるぐる まわりはじめました^^;
2014/10/30(木) 10:01 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

『限界LOVERS』ですか~
懐かしいですね^^

SHOW-YAは、何となく骨のあるバンドでしたよね。
今も活動してたりするのかな?

ガスター10は、
薬としては第一類医薬品に含まれるので、
薬局で買える薬の中でも、
成分・副作用に注意が必要なお薬ですね。

ちなみにニコチンパッチと同じです。

なので副作用が心配でしたら、
購入の際に薬局で聞いておくといいと思いますよ。
その為の第一類医薬品指定なのですから^^
2014/10/30(木) 23:55 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
★ 母乳に含まれるラクトフェリンが、ダイエットをサポート! ★ 独自のコーティングで、きちんと腸まで届く! ★ 全国で、すでに100万人が体験!   ☆★☆商品情報☆★☆ 品名: ナイスリムエッセンス『ラクトフェリン』 分類: ダイエットグッズ 価格: 1,008円【税込・送料無料】(1世帯1個限り)  内容量: 30粒(約10...
2015/11/28(土) | おすすめ禁煙グッズ通販所

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド