労働者の9割は、仕事場にたばこは必要なし!

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2014/12/09(火)
喫煙が仕事の能率を上げる



そういった職種と言うのが、

ひょっとしたら、世の中には存在するのかもしれませんが、

近年、この考え方はすでに時代遅れのものになっているようです。



2010年の厚生労働省の調べによりますと、

仕事を持つ人のうち約93%は、

企業によるたばこ対策は必要と考えており、



事業主の約70~80%は、

何らかの禁煙・分煙対策を労働者向けに講じている

と言います。



煙草を吸う権利などとも言いますが、

現実の労働環境は、喫煙者にとってはやはり甘くはないようです。



そこで今回は、

企業や労働者の『たばこへの意識』。

少しの覗いてみましょう。




*93%という高いパーセンテージを誇る、

企業に対するたばこ対策の要望



これって、よくよく考えると、

喫煙者、非喫煙者が共に現在の仕事場での喫煙環境に、

何らかの不満や問題を感じていることになるでしょうね。



そもそも、職域での完全禁煙、分煙などによる

煙草対策の流れはと言えば、



1992年5月の労働安全衛生法の改正により、

『事業者は、事業場における安全衛生水準の向上を図るため、

 快適な職場環境を形成するように努めること』


と取り決められ、


同年7月に定めたれた

事業者が講ずべき快適な職場環境の形成のための措置に関する指針の中で、

『作業場内に喫煙場所を指定する等の喫煙対策を講ずること』が、

明記されたのが、はじまりでしょう。



そして、これを受けて4年後の1996年2月には、

職場における喫煙対策のためのガイドラインが策定。


2001年には、国民全体の健康維持を目指す運動の一環として、

禁煙支援、非喫煙者の保護、未成年者の喫煙防止の目標を掲げた、

健康日本21推進全国連絡協議会が発足。



更に2003年、健康増進法によって、

『学校、病院、事務所、飲食店等多数の者が利用する施設の管理者は、

 これらの施設を利用する者の受動喫煙を防止するために必要な

 措置を講ずる努力をすること』

という通知が、厚労省健康局長から全国に向けて発せられました。





愛煙家の間では、国による国民の健康維持に対する介入は、

ファシズムに繋がるという批判もありますが、

概ね、現在の環境、または企業主、労働者の意識は、

この流れに沿った形
となっているようです。



流れをご覧になって分かるとは思いますが、

もともと、職域での煙草対策というのは、

受動喫煙を防止するという観点からはじまっていて、

最初の頃は、喫煙者側からしてみたら、不満の多いものでした。


私もこの頃は、堂々喫煙者でしたので、

「はっ?ここも禁煙になっちゃったの?」

なんて、ブーブー文句を言っていたのを覚えています。





しかし、これも擦り込みなのか、

禁煙の場所や区域が増えるにつれて、

煙草大体どこでも吸っていいという認識は薄れ、


やがては喫煙者として、きちんと喫煙所を確保しほしい。

と思うようになりました。



つまり、これを思ってみても、93%という煙草対策を求める声って、


実は、非喫煙者は「ケムリが嫌だ」

喫煙者は「気を使わないで煙草を吸える場所が欲しい」


という風に若干、思惑に違いがあるのではないでしょうか。





そして、近年ではどうやら職場を禁煙にすると、

企業として、生産性が向上するというデータがあるようで、

事業者としては、厚労省の通達とは別の意味でも、


分煙対策や労働者の禁煙支援にも取り組む意味が、

出てきた
という認識があるようです。



以前は、喫煙は仕事の能率を上げるという意見は多くありましたよね。

時代は変わるものです。





まず、労働者に対する禁煙支援ですが、

企業は一体どんなことに取り組んでいるのでしょう?



例として、金沢大学大学院医学系研究科保健学の学生が行った、

企業233社に対するアンケート調査では、


禁煙支援に関しても、79.4%の会社が行っている

と回答したそうです。

このデータにも、企業の高い煙草対策への関心が窺えますね。



具体的な回答内容としては、


・禁煙ポスター、パンフレット・本などの配布。

・定期健診時の指導。

・個別指導

・禁煙外来への助成

・禁煙講習会

・禁煙手当の支給

・イントラネット

・禁煙教室

・禁煙コンテスト


など。


中でも、禁煙ポスター、パンフレット・本などの配布は59.6%と、

半数以上の企業が行ったことがあるようです。



また、これらの支援により、7か月以上の禁煙を達成した人の83.6%は、

会社の禁煙支援は効果があった
と回答。


やはり、色々な研究でも言われていますが、

職場の支援や環境というのは、

禁煙において、とても大きな影響がありそうです。






そして、次に分煙対策についてと行きたいのですが。。。

実はこれに関して、企業と労働者。

そして、それをとりまく環境に関して、

とても面白いデータがありました。



しかし、話しだすと長くなりそうなので、

それについては、また次回ということにしましょう。





まぁしかし、お伝えしたように、現代の労働者の9割以上は、

企業に対して、煙草対策を求めているというは事実。


つまり裏を返せば、

ほとんどの人が、仕事の場にたばこは必要ない。

たばこがなくても、能率は下がることはないと考えているようです。



これに関して言えば、禁煙補助薬ニコレットでお馴染みの、

ジョンソン・エンド・ジョンソンが2012年5月に、

8,000人対して行った調査でも、


たとえ、全面禁煙が義務化されても、ビジネスに悪影響はないと思う。

と答えた屋内労働者は全体の約70%


客にサービスを提供する、娯楽業や飲食業では反対意見もあるものの、

一般的なオフィスでの禁煙の意識はかなり高いようです。



やタクシー、病院などでも喫煙出来た時代を考えると、

なんだか、ここまでの意識って変化するだな、としみじみ感じますが、

冷静に回りを見渡してみれば。。。

確かに喫煙が自由な職場って、もう少数派ですよね。



これも時代の流れでしょうか。



関連: 喫煙所設置は本来はただのサービス



↓人気禁煙ブログの最先端情報はこちらから☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 社会運動・規制などの動き やっぴえろのポツリと 禁煙開始

この記事へのコメント:
喫煙所を設けることで
企業として 生産性が向上する とは 思ってませんでした
喫煙者が タバコを吸うために
行ったり来たりの時間が 無駄になってくるんじゃ?って 思ってたので 驚きです
2014/12/09(火) 08:39 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

そうですよね。
喫煙所に行く時間よりも、
煙草を吸いながら仕事をしていて手が休んでる時間の方が、
長いということなのでしょうかね?

それか、早く煙草休憩がしたくて、
集中して作業するから、結果として能率が上がるとか?
何となく、これなら経験があるので分かる気がします^^;

細かい理由は分かりませんが、
『ながら族』はよくないということなのかもしれませんね。
2014/12/09(火) 22:47 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
煙草・・・
煙草と言えば・・・
次元大介ですNE~♪
次元好きなんですけど~♪
カッコいいんですけど~♪
コンバットマグナムなのがちょっとだけど~
ルパン三世って~
正直、山田康夫さんが亡くなってから~
栗田貫一さんに変ってから見てなかったけど~
ちょっと前に~
「LUPIN the third ~峰不二子という女~」が、ありまして~
これが、ほぼ全てが私好みでたまらなかったんですが~
次元だけが、小林清志さんのまま変って無いと言う~
たまらない事この上ない状態なんですが~♪
最近、「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」って言う~
映画がありまして~
見ましたYO!!
見ましたともSA!!
煙草、吸いたくなるねぇ~
やっぱ~
次元の吸ってる煙草の火で~
自分の煙草に、火をつけたくNE~♪
2014/12/09(火) 23:33 | URL | Xボンバー #-[ 編集]
こんばんは、ひーちゃん!

サッポロ?
なんぞや、サッポロとは?
それより、なんぞやXボンバーって。
永井豪さん???

すごいな、ひーちゃん。
こんなの知ってるの?
はじめて見たわ。
あんた、すごいよー^^

そうだよね。
次元大介は、煙草が似合うよね。
格好いいよね。
と言っても、再喫煙する気はないがな^^

一回、ルパン三世の登場人物とたばこで記事を書こうと思ったけど、
意外にピンと来るエピソードがなかったのよね。
もう一度、ゆっくりリサーチしてみようかな?

まぁでも、僕的には憧れは、次元よりルパンだな。
やっぱ、アイツは格好いい。

しかし『峰不二子という女』。
気になるな~^^
2014/12/10(水) 02:58 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
ダンナ様の会社では昔喫煙所があったんですが、
そのうちに撤去されて、今ではお昼休憩以外の
タバコ休憩もNGになってしまったようです・・・
いきなりこの仕打ちはさすがに可愛そうかなと思いました。
禁煙する人が増える事を会社は望んでるみたいです(^▽^;)
時代は変わりましたね。
2014/12/11(木) 02:06 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんにちは、mifaさん!

たばこ休憩禁止ですか?
それは大変でしょうね。
元喫煙者として、辛さが分かります。

まぁでも、煙草が嗜好品(娯楽)だとしたら、
それをするための休憩時間だけが多めに見られるのも、
よくよく考えるとおかしいのですけどね。

それがOKだと。
ゲーム休憩、電話休憩、テレビ休憩は?
ってことになりますし。
その辺は、自分の裁量ですることになるのでしょう。

でも、依存が起きてるいる状態での一服なしはツライでしょうね。
禁煙にはいい機会なのかもしれませんが^^
2014/12/11(木) 15:09 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド