目覚めの一服はやっぱり欠かせませんか?

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2014/12/16(火)
喫煙者のみなさんは、一日の喫煙の中で、

どの煙草を止めるのが一番、苦痛ですか?



食後の一服

これは、よく聞く答えですね。

言うなれば、模範解答みたいなものかな?


でも、私も記憶がありますが、この食後の一服と並んで、

喫煙者には捨てがたい、ほとんどの方が習慣としている一本があります。


それは、朝の起きぬけの一服

この一服は、メカニズムを見ても、血圧を上げ、

それによって、スッキリと目が覚めたような感覚を覚えます。


心当たりがありませんか?



しかし、こうして煙草で血圧をコントロールすることは、

実は、心臓や血管に大きな負担をかけて、

やがては深刻な病を招く可能性があるそうです。



たばこが血圧に及ぼす悪影響って、

一体どんなものなのでしょうか?




*おそらく、みなさんも病院などで1度や2度、

血圧を測ったことがあると思います。


高血圧な方でしょうか?低血圧な方でしょうか?


私はといえば、少しだけ低い傾向があるようですが、

幸い今のところ標準の範囲内で特に問題はないようです。



血圧の測定って、器具があれば簡単に出来ることから、

手軽な健康チェック法として普及していることについては、

みなさんも、さほど異論はないでしょう。



さてでは、この血圧

実は、喫煙ともとても深い関わりがあるのですが、


ズバリ、煙草を吸うと血圧は上がるでしょうか?

はたまた、下がるでしょう?



答えは、ご存知の方も多いと思いますが、

上がるが正解です。

もちろん、あまり高いのも低いのも良くないのですが。。。




血圧はそもそも、日中の活動でも、常に変化をしているのですが、

一般的に、運動時、緊張している時、不安になっている時などは、

呼吸や心拍数が上がるので、それと一緒に上昇すると言います。


いわゆる交感神経が活発になり、体が興奮、覚醒した状態ですね。



ちなみに、喫煙でも心拍数は上昇するようですが、

煙草の場合は、これらの反応とは少しメカニズムが違うようで、

健康管理上、注意が必要となるようです。




もちろん喫煙でも、心拍数の上昇により、血圧は上がるのですが、

それプラス、ニコチンの影響で、全身の血管が収縮して細くなり、

血圧が上昇したように感じる
のだそうです。



お気づきかもしれませんが、これが朝の一服で、

特に運動や緊張などしなくても、

体が目覚めて気分がスッキリしたように感じる、大きな理由となります。




しかし、良く言われることですが、血圧が高くなるというのは、

通常は健康にとって、いいことではありません。


血圧が低いのも低血圧症と言いまして、

寝起きが悪かったり、頭痛、めまい、全身倦怠、食欲不振、吐き気、

胃腸不良、乗り物酔い
などを引き起こしたりします。



しかし、大阪府内科医会副会長で、泉岡医院院長の泉岡利於医師も、

『実は、低血圧が原因で深刻な病気になることはなく、

 むしろ高血圧でなくて良かったと考えて下さい』

と言っている通り、はるかに低血圧より、高血圧のが危険なわけです。



ちなみに高血圧が招く代表的な疾患と言えば、

ご存知の通り、脳卒中や心筋梗塞

これらは発症すれば、めまいや寝起きの悪さの次元ではなく、

即、命の危険にさらされる恐れがあるわけです。


脳卒中や心筋梗塞は双方とも、

血管が詰ったり、血圧の上昇により破れたりする病なので、

やはり、先程のメカニズムからしても、喫煙と関連が深いには、

とても、良く分かると思います。




製薬会社ファイザーの示すデータによりますと、


喫煙者は非喫煙者に対して、

脳卒中は、3.8倍

心筋梗塞は、男性では3.64倍、女性では2.90倍

のリスクを抱えていると言います。



血圧というのはそもそも、通常は年を重ねるごとに、

血管も弾力を失くしていき、結果的に上昇して行きますが、


喫煙はそれに加えて、動脈硬化を促進すると共に、

血液自体をドロドロにしてしまうことで、リスクの上昇を招くわけです。


やはり、ちょっと怖い話ですよね。




しかしでも、ここまで聞いて疑問が湧きませんか?


私も常々思っていたのですが、単純に考えるなら、

高血圧傾向なら、喫煙を控えるのは分かるけど、

低血圧なら、かえって喫煙は血圧の上昇に役立つのではないか?

ということです。


しかし、これも単刀直入に言うと勘違い


ですが、これについては、同様に思っている方も多く、

特にこの理由から、

『朝、寝起きがツライので、目覚まし代わりに一服が欠かせない』

と思っている方も、結構、多く見受けられるようです。



しかし、医師などによると、

やはり、低血圧の方は、通常よりも喫煙は控えるべきと言います。


何故でしょう?

煙草を血圧を上げてくれるのに不可解ですよね?


何故かと言いますと、そもそも、

喫煙によって血圧があがるのは、血管が収縮するからそう感じるのであって、

決して、血行が改善して、血圧が上がるわけではないからです。




更に前述した通り、

喫煙は、動脈硬化やコレステロールによる血行不良を促進するため、

もともと、血の巡りが悪く低血圧なのに、

更なる喫煙は、その巡りを悪化させてしまう可能性が高いわけです。


こうなると、高血圧の人同様、血管がつまる可能性も上がるわけですね。



そして、起きぬけの喫煙などは、特に急激な血圧の変化も招き、

これも、もってのほかだそうです。






さて、どうでしょう?

血圧の数値って、シンプルな健康のバロメーターとも言えますが、

やはり煙草は、吸う度にこの数値を強制変動させ、

慢性的な悪化を招く可能性が、多分にあるようです。



しかし、これとは逆にリサーチしていると、

禁煙をしたら、高血圧、低血圧ともに改善したという話も、

チラホラ散見しました。


喫煙による血圧のコントロール。

禁煙による血圧のコントロール。


どちらが、より健康的かは一目瞭然ですよね?

みなさんは、どちらを選びますか?



↓人気の禁煙ブログは、こちらで一目瞭然!
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 煙草の有害性 たばこの噂 美容と健康

この記事へのコメント:
タバコを吸うと目が覚める!ってよく聞きます。
血圧が上がるからなのかな?

私は若い頃低血圧で、上が90台しかありませんでしたが、
今は100を超えるようになりました~\(^O^)/
貧血だったし、いつもフラフラでした(^▽^;)
2014/12/18(木) 12:24 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですね。
どうやら、目覚めの一服は血圧を上げるようです。

しかし、上げ方が問題で、
煙草は血行を促進すのではなく、
血管を収縮して細くしてしまうことで、
血管の壁にかかる圧力が上がるということです。

やはり、その寒い朝などのその作用は、危険なようですよ。

血圧90って確かに低いですね。
今は改善したのですね、よかったです。
うちの母も低いです^^;
2014/12/19(金) 00:59 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは!

起き抜けの一服、はほぼしませんが、ごくまれにしたときにすーっと目が覚めるような感覚がするのは血圧の変化のせいもあるのですね。
低血圧気味(上が80~90)の私にとっては特に。

タバコで血圧コントロールができるかもなどとわずかでも期待した私が愚かでした。。。。
2014/12/19(金) 19:47 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

目覚めの一服はしないんですか、
珍しいですね。
でも、必要がないのなら、その方がいいのでしょう。

低血圧、ツライ弊害もあったりしますが、
高血圧よりはいいようですよ。

禁煙をしたら、血の巡りがよくなるので、
少し改善するかもしれないですね^^
2014/12/20(土) 02:20 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/20(土) 18:32 | | #[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

そうなんですよね。
僕が煙草について知るようになってとても思うのは、
呼吸器への害もそうなんですが、
血の巡りや血管に与える影響の深刻さです。

目に見えない分、怖いですよね。

禁煙へ向うには本人の気づきや自覚が必要だとは思いますが、
そちらに気が向くといいですね^^
2014/12/21(日) 04:12 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド