ライターの灯火

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
スポイト付カークランド製ロゲイン5%・12本セット・男性用【ダイエットクリニック】スポイト付カークランド製ロゲイン5%・1...
14,800円
★12本セット★1本単価をお安くゲット!

Ads by 電脳卸
2015/12/11(金)
火を使う、道具を使う、言葉を使う

これはよく言われる、人間と動物の違いです。



厳密に言えば、シンプルな道具を使う動物はいますし、

同じ種族であれば、意味の通じる声や仕草を持つもの達もいます。

しかし、高度にこれらを操るのは人間だけ。

それは、みなさんも異論はないでしょう。



煙草におきましても、

嗅ぎたばこ』『噛みたばこのような物もあることはあるのですが、

現在、世界的に主流な煙草の形といえば、

煙草に火を付ける喫煙という形が最もポピュラーです。


ここでも人間は巧みに火を利用しているわけですが、

を点ける作業を、便利に手軽に出来るよう進化させた道具が、

すなわちライターです。


そして、このライターの歴史って、

古めかしいイメージのあるマッチよりも実は長いって、

みなさんご存知でした?



*一説によると、人間が煙草を楽しむようになったのは、

中南米の森に原生するタバコを食べるシカを、

偶然居合わせた人間が目撃したことから、始まったという説があります。



この説が正しいかは分かりませんが、

中南米の原住民の間では、煙草を食べるという習慣が残る地域もあることから、

おそらく人間は、最初から現在のように煙草に火を点けるという行為は、

しなかったのではないかと思われます。



しかし、煙草の煙を吸う喫煙という文化はあまり定かではないものの

かなり古くから宗教儀式に利用されていたようで、

1500年ほど前のマヤ文明">マヤ文明の美術品にも、

喫煙が描かれている個所があるそうです。




でも人間は何故、わざわざ煙草に火をつけて煙を吸うのでしょう?

食したり、口に含んでもいいわけですが。。。


その答えは簡単です。

効率がよいから他ありません


実は、口の粘膜から、ニコチンを吸収するよりも、

煙として肺に送り込んだ方が、脳に伝わるスピードは格段に早いんです。



そして、喫煙の歴史にとってスピードは一つのキーワードのようなもので、

以前は優雅の象徴でもあった煙草も、

工業化が進み、時代と共に人の動きが忙しくなると、

それに合わせて葉巻やキセルから、よりシンプルな紙巻き煙草へと、

シェアも変化し、


更には、煙草に火を点ける火種の方も、

より利便性に富み、スピディーな物が求められるようになったわけです。




ちなみに、みなさん。

現在でこそ当たり前になったライター』やマッチの前は、

人間は何で火種を作っていたかはご存知ですか?


大きく分けて二種類。


・石と金属を打ち合わせて、飛び散る火花で火種を作る方法。

・木と木を擦り合わせて、摩擦により発火させる方法。


映画やドラマなどで、ご覧になったことがあるのではないでしょうか?


これらは画的にも、かなり原始的な方法なんですが、

現在のライターに近い物が発明されたのは、1900年初頭。


わずか200~300年前までは、

一見原始的にも思える方法で、庶民は火を起こしていたことになります。




有名な話ですと、1772年(安永元年)に、

エレキテルなどでお馴染みの江戸の天才発明家平賀源内が、

ゼンマイを使って、火打石と鉄を打ち合わせ、

刻み煙草用の点火器具を発明していますが、この火種の持続性はわずか。



広く流通したわけでもなく、現在言われるように、ライターの定義が、

発火装置とその火を持続させる燃料を備えた物』とするなら、

これは、ライターの先祖という解釈が妥当ということになります。



となると、ライターの発明はというと、


1823年に、ドイツで発明された、

亜鉛と硫酸の化学反応によって発生した『水素』に、

プラチナスポンジを触媒させて火をつける卓上型のもの。


1880年頃に、フランスで発明された、

電気で火を起こし、ガソリンに点火するもの。



そして、より現在に近い形となると、

1906年に、オーストリアで発明された、

鉄とセリウムを打ち合わせた火花を、ベンジンなどをしみこませた、

木綿の灯芯に点火する、いわゆるオイルライターということになります。




更に、日本においては、

現在の本城金属の創始者にあたる本城真玄が、

アメリカで見たライターを模倣して平二段式ライターを製作。


本城真玄商店を設立し魔法のマッチとして、流通させたのが起源。




ちなみにマッチと言えば、1830年にフランスで発明されますが、

人体に黄燐を使用していたために、世界的に製造禁止。

その後、安全性の高い赤燐マッチが登場したのが19世紀半。


こう見ると、発明品としては、

実は、マッチよりライターの方がやや早かったということになるようです。



ライター自体は、

アメリカのロンソンイギリスのダンヒルなどによって世界に広まったのですが、

その後、改良や付加価値を加えたフランスのデュポンやカルティエのような、

高級ライター


対極的に、1960年には、ディスポーザブルライター

燃料を補給しない、いわゆる使い捨てのライターも登場します。


更に、発火部分が電子式の電子式ディスポーザブルライターの登場は、

1982年のことで、今では当たり前となった100円ライターも、

歴史としては、まだまだ浅いことがよく分かりますよね。



もちろんチャッカマンなどに代表されるように、

ライターは煙草の為だけに開発されたものではないのですが、

ライターの急速な進歩は、喫煙の形式の変化にも大きく影響を与えたことは、

間違いないでしょう。



火を貸して下さい


このセリフからイメージするシーンて、やっぱり喫煙所ですものね。


↓禁煙のイメージはこちらで習得しましょう☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
ライター!!
ライターと言えば、ゴールドライタン!!
黄金戦士ー!!
変わるんだ、変るんだ~♪
無敵のローボーに~♪
行くぞ黄金戦士~
ゴールドライターン~♪
ゴールドクラッシュ!!
う~ん最高~♪
敵の名前が~
イバルダ大王!!
ウヨッカー!!サヨッカー!!マンナッカー!!
こんなの、最高ジャン!!
え、ゴールドライタン関係ない?
そりゃそうDA~

今日のお題は~
え、お題じゃ無い?

そうそう、調子にのって~
バカボンまで、実写でやるNE~
しかも、週1で1時間ドラマ~
絶対に、みんなでコスプレしてるドラマだよNE~
誰が見るんだろ~
あの世界を、1時間のしかもドラマ~
私なんて、1分も見れないYO~
簡単に人を殺して、これで良いのだとかヤバくNE~
腕や足を切りまくって、みんなうひゃひゃとかヤバくNE~
仲よしのウナギイヌを、家族で食べるとかヤバくNE~
もしかして、バカボン知らない世代の人が勢いで作ってるのかNA~
やっぴーさん、こんなヤバいTV業界を変えてくRE~!!
マジで~!!
もういYA~!!
2015/12/11(金) 23:25 | URL | 湖月堂の栗饅頭です♪ #-[ 編集]
こんばんは、湖月堂の栗饅頭さん!
え?え?何で栗饅頭?
ついに食べ物に走ったの?^^
なんとく昭和だね。昭和の香りがするね。

お~ゴールドライタン!!
懐かしい!!

ここでひーちゃんに言われなかったら、
一生存在を忘れていたかも^^
超合金持ってたよ~
ライターの形から、きとんとロボットに変形するの^^
匠の技だよね、こういうの作るの。
日本人って凄いよね^^

きっとゴートドライタンが居たから、
トランスフォーマーが出来て、
ハリウッドに進出したんだよね。
あれはそこまでやっちまった感がないのは何故だろう?^^

え?知らなかった。
バカボンもやるの?
もーね、やめようよね、ぴょん吉。
また、松ケンさんやるのかな?
あの人「珍遊記」もやったしね。
何でもやるよな~
きっとオファー来たらやるのだろうな。

と思った上田晋也さん?
いいや~もうどうでも~

松ケンさんのエルは格好よかったんだけどな。。
今思えば、リュークでオファー来てもやったのかもね^^
2015/12/12(土) 04:55 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは。

>『火を貸して下さい』
からイメージする(連想する)のは喫煙所と五輪真弓さんの歌ですね。
全く関係ないですが、煙草に憧れ?を持ったのは五輪さんの歌です。

ライターの歴史というのは1900年代とはまだ歴史の浅いものなのですね。
ふだんお世話になってるライターの歴史、勉強になりました。
2015/12/14(月) 21:03 | URL | 祐希 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、祐希ちゃん!

なるほど。
五輪真弓さん。特に昭和歌謡などは
タバコが歌詞の中にしばしば登場して、
歌の雰囲気を演出してますよね。

ライター意外でしょ?
僕は物心がついた時には、すでに100円ライターも
普及していたのですが、
まだまだ歴史の浅い物。
そう考えると、この先も技術が革新されて、
形を変えて行くのかもしれないですね。
2015/12/15(火) 03:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
マッチよりライターの方が早かったなんて意外ですね!
ライターの方が今の時代に近いと思ってました。
ライターと言えば、最近の電子ライターは
押すところが硬い物が多いですよね。
とても私には押せません(笑)
2015/12/16(水) 02:21 | URL | mifa #6Q0aW8YQ[ 編集]
こんばんは、mifaさん!

そうですよね。
ライターの方が構造が機械的な分、何だか意外ですよね^^

そうですよね。
最近のライターは子供の悪戯防止で堅くなっていますけど、
大人でも押せないものもあったりしますよね。

便利さを追求した結果、子供でも使える道具となって、
そのせいで、安全性が損なわれるって何だか皮肉なものです^^
2015/12/17(木) 06:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
100円ライターが出た時は 感動したことを 思い出します
これが発売されて、家から マッチが なくなった 気がします
2015/12/17(木) 09:56 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

そうですよね。
100円ライターがないとしたら、
マッチ。もしくはオイルライターかガスライター。
手入れも使用も不便な点が多いですよね。

禁煙者だった祖父はマッチを溜め込んでいましたけど、
今はそこまで家にないですね^^
2015/12/18(金) 00:25 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
勉強になりました。
ライターの方がマッチより古いのは意外な気がしますが、読んで納得。
ゼンマイ式の点火器具の発明者が平賀源内とは知りませんでした。でも西洋の鉄砲に使われていたホイールロックを参考にしたのかもしれませんね。
人類は火を起こすのにとっても知恵を絞っていますね。まさに進化は火と共にありだ。
2016/01/07(木) 01:07 | URL | カノッチ #-[ 編集]
こんばんは、カノッチさん!
初コメですよね?
ありがとうございます^^

そうですね、西洋の隊ライターの起源は仰るっ通り、
銃の激鉄を応用したものだったと思います。
確か、マスケット銃のフリントロックだったかな?

火の利便性を高めるのは、色々な場面で発展を補助していますよね。
今後も人類には良い進化を遂げて欲しいものです^^
2016/01/09(土) 00:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド