寅次郎のトルコたばこ巻紙行進曲

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2016/02/19(金)
現在、世界のたばこシェアは、

フィリプモリス(アメリカ)

BAT(イギリス)

JT(日本)

約6~7割ほどを占めていると言います。



これに、コロンブスが新大陸より煙草を持ち帰ったスペインを加えて、

大方、それらが煙草を世界に広めた国々と言っても良いのかもしれません。



しかし今、日本国内で流通するシガレットに注目してみると、

実は前述の国々ではなく

オスマン帝国(現在のトルコ共和国)の影響を、

色濃く受けた部分(パーツ)があったりします。


どこかだか分かりますか?


ライスペーパー

という呼び名を聞いたことがあるでしょうか?


パルプ・亜麻・麻・木綿を材料に作られた薄い紙

いわゆるタバコを包み込む巻紙のことです。


この成り立ちには、茶人であり実業である、

明治のある有能な人物が関わっているようなんですが。




*私が禁煙に成功するまでは、

実に20年以上の喫煙歴があったわけですが


ライスペーパーという単語。


これが、日本において煙草を包むための巻紙を指すということを

今まで知りませんでした。


読んで字のごとく、米をすり潰して乾燥させた、

タイ料理で使用する『生春巻きの皮』を言う場合もあるのですが、


日本ライスペーパーと言った場合は、

一般的に煙草の巻紙を言うのが通常だそうです。



しかし、面白いのは原料はこの場合のライスペーパーは、

パルプ、亜麻・麻・木綿などを原料をしており、

『米』とは全く関係なかったりします。


直訳すると『お米の紙』となるはずなのに、

何だか不思議な話ですよね。




ちなみに欧米をはじめとする海外では、

きちんとシガレットペーパー』と呼ばれており、


材料により、日本と同じでいくつかの種類に分類されているようです。



まず、増燃剤の添加の有無によって、


増燃剤有で燃焼速度が早い。

・『フリーバーニングタイプ

※市販のたばこのほとんどはこのタイプ。



増燃剤無で燃焼速度が遅い。

・『スロー バーニングタイプ

※放っておくと火が消えてしまうことがある。



の2タイプに分類されます。



更に主原料の区別で、

を使用しているのがヘンプペーパー』。

通常より薄く透明度が高く、

煙草を巻くとやや中身が透けてみる物が多い。


そして、一般的に高品質で、環境にも優しく、

燃焼時の匂いも少ないため、煙草の味を損ないにくいとされます。




このヘンプペーパー以外の物を全て、

ライスペーパーと言い、

ここから、煙草の巻紙は『ライスペーパー』と呼ぶことが定着しているようです。



歴史を見てみますと、

煙草の巻紙産業が海外から輸入され、

定着したのは1905年(明治38年)。


日露戦争の資金捻出のために国が煙草の専売化を強化した、

翌年の出来事でした。



この産業をオスマン帝国(現トルコ共和国)から招き入れたのは、

山田宗有(やまだ そうゆう)本名を山田寅次郎

茶道宗徧流の第8世家元で、実業家でもある

産業界では、日本における煙草用の巻紙の生みの親

ともされている人物でした。



彼は、幕末の1866年(慶応2年)に沼田藩の江戸上屋敷で生まれ、

宗徧流家元山田家に養子入り。


本来は、宗家を継ぐ人物であったのですが、

あまり茶道には興味を示さず、政治活動・出版事業・製紙産業などに、

尽力
したそうです。




出版の方では、小説家・幸田露伴などを見出しますが、

山田宗有の最大の功績と言えば、

当時、国交のなかった『オスマン帝国』に渡って、

民間大使のような役割を果たし両国の関係に好影響与えたことでしょう。




宗有は、まだ日本で活動していた頃に、

和歌山県紀伊大島沖の樫野埼東方海上で起きた

オスマン帝国の軍艦エルトゥールル号の遭難事故に遭遇。


総員656名中587名が死亡・行方不明となる大事故に対して、

民間として『エルトゥールル号事件の犠牲者の遺族に対する義捐金』を実施。

およそ2年で5000円(現在の1億円相当)を募り、

当時の外務大臣・青木周蔵の指示で国の代表として、

トルコへ義捐金を届けたのがその関わりのはじめだそうです。



実はトルコは今でも親日傾向の強い国なのですが、

この義捐金と日露戦争の勝利が根強く影響を与えていると言われています。



義捐金を届けた宗有はそのまま、このトルコに拠点を置き、

大阪の中村商店と手を結んで、ヨーロッパと日本の交易によって、

大きな利益を生みだしたそうです。


更に、義捐金の功績により、

オスマン皇帝・アブデュルハミト2世にも拝謁していたことから、

日本の要人がトルコを訪れた際の橋渡し役として活躍。


他にも現地で日本語や文化を教え、教え子から後のトルコ共和国初代大統領

ムスタファ・ケマル・アタテュルクも輩出したそうです。


こう考えると、あまり有名ではないですけど、

かなり凄い人物ですよね。





しかしそんな彼も、第一次世界大戦のオスマン国内の混乱から、

1906年頃に、帰国するのですが、

この時に持ち帰った技術が、トルコで学んだ煙草の巻紙に関する

製造技術
だったそうです。


実業家・井上保次郎や中村久兵衛らと共に、

大阪で東洋製紙株式会社を興し、

日本初の『ライスペーパー製造』を開始。

しばらくの間、大蔵省専売局が使用する『ライスペーパー製造』を独占。


その後も精力的に日本の製紙事業に関与して行ったそうです。




そして、宗有は、

『ライスペーパー』の語源は、トルコ兵たちが軍から支給された

米を包む薄い紙袋の由来していると語っています。


どういう話かと言いますと、

1850年代に起こったクリミア戦争の最中、

戦地に赴いたトルコ兵たちは、フランス軍との激しい戦いで、

使用していた水パイプが破壊されてしまい落胆していたそうです。


そんな中、ある兵士が大砲の弾薬を包む紙で、

煙草を巻き吸ってみた所がこれが思いのほか良く、

軍の中で広まります。


この広がりを見た軍上層部は弾薬紙巻き煙草を禁止しますが、

すでに紙巻き煙草に魅了されてしまっていた兵士たちは、

代用として全員に支給されていた米を包む薄い紙袋を

使うようになった
ことから、これが定着。


煙草の巻紙はライスペーパーと呼ばれるようになり、

これが、まわり回って日本に伝わったのだとしています。



つまりはライスペーパーの語源は、

原材料由来ではなく、米用の紙袋に由来しているということが言えるようです。


他にも諸説ありますが、

日本における煙草用の巻紙の生みの親と言われる人物の話。

これが一番、真実に近いのでしょうかね。


トルコの巻き紙と日本の関係。

何だか意外な気がしますが、面白い繋がりではありますよね。



↓禁煙との繋がりはこちらで保ちましょう☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


 
関連記事

tag : 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
Ousmane Sankhonさん!!
1コン2コン・サンコン!!息子さんは、ヨンコンさん!!
オスマンサンコ~ン!オスマンサンコン!
やっぴーさんも、オスマンサンコンゲームやっちゃった~?
つうか、オスマンとか!!サンコンさんしか思いつかん!!
ベタ過ぎて、盛り上がらん!!
え、禁煙のコメントをかけ?
そりゃそうですNE~

帝国ですYO、帝国~
帝国と言えば、恐竜帝国!!
第51話 恐竜帝国の滅びる日!!
いや、私の中では、TVのゲッターはゲッターでは無かった!!
原作ゲッター!!
巴武蔵が、ゲッターで自爆するアレですNA!!
恐竜帝国を壊滅させるためでは無く、ゲッターGを完成・・・
え?ゲッター、関係ない?
マジで~
って、分ってます分ってます~
林家ペー・パー!!
今噂の、アフロ!!
はい、いい加減にします!!
では!!バイナラ~
2016/02/19(金) 22:59 | URL | (・ω・)ノAT4CS HPです♪ #-[ 編集]
こんばんは、(・ω・)ノAT4CS HPです♪さん?

え~何?バスーカー?
戦車を吹っ飛ばす火器で正解?
何でそんな武器知ってるのさ。
アニメだけでなく、軍事オタクでもあったりするの?^^

オスマンでサンコンさんしか浮かばなくて、
「盛り上がらん!」
て、めちゃくちゃ笑ったよ^^
大喜利でなくて禁煙ブログなここ^^

まぁひーちゃんは仲良しだし、
自由にやってくれていいのだけどな。
あれ?また自由でOKとか言うと暴走するのかな?

ゲッターからペーパー師匠ですでに暴走してるけどね^^
2016/02/20(土) 05:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんにちは。トルコと言えば・・、ねぇアレでしょ、アレ。^^
お父さんの仕事の関係で「本物のトルコ帰り」の友人がいまして、あ、もちろん女性ですが。なんかそそる~、でしょ?あ、失礼しました。昔の呼び名の話でした。

オスマントルコは位置的にとても重要というか微妙というか、地続きで東西文化の行き交う所、島国から出たことのない私には想像もつきません。
「エルトゥールル号の遭難事故」の話はトルコが親日である理由のように聞いていますが、タバコの巻紙の歴史は初耳です。
ライスペーパーは生春巻きを作る物、と思っておりました。^^)
2016/02/20(土) 09:54 | URL | もふ姉さん #-[ 編集]
こんばんは、もふ姉さん!

そうですね、世代的なものでしょうか、
僕もトルコというと連想するのはアレですね、アレ。
でも今ではその呼称も失礼にあたるのでしょうね。

オスマントルコ、確かに不思議な文化の国ですよね。
ヨーロッパと中東文化が混ざったような。
僕は今回の話を書くまでトルコの親日感情は知りませんでしたが、
もふもふさんはお友達もいらっしゃるようなので、
色々見聞きしているのでしょうね。

ライスペーパーに縁がないと分からないですが、
日本においては、煙草の巻紙の通称としての方が
一般的な言葉として普及しているようですよ^^
2016/02/22(月) 02:14 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
巻き紙にも
種類があるのですね
色や厚みが違ってるだけで
みな 原材料は同じかと思ってました。

ライスペーパーってきくと
生春巻きの皮が浮かびました^^;
2016/02/25(木) 08:12 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

そうですね。
現在のたばこの巻紙の多くは増燃剤が使われており
燃えやすくなっているようです。
ひょっとしたら、これを止めると
ほんの少し火災も減るかもしれません。

戦後すぐは辞書や新聞紙なども使われたようですよ。

やはり女性は春巻きの皮が浮かぶのですね。
もちろん、そちらも呼び名はライスペーパーです^^
2016/02/27(土) 06:20 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
初めまして。
フィリプモリスの社長さん、
面白いことを言ってたようですが、
現在どうしてるか、ご存知でしたら、
教えてください。
2016/03/07(月) 20:20 | URL | たー坊 #-[ 編集]
こんばんは、たー坊さん!

はじめまして^^
フィリップモリスの社長さん?
どなたの事を仰ってるかは分かりませんが
『喫煙する権利なんざ、ガキと貧乏人と黒人と馬鹿にくれてやるよ』
という発言したという、あれですかね?

この方ですと重役と聞いていますが、
名前は伏せられているので分からないかもしれないです。
少し調べてみますが、その時はご了承ください。

でも、あれですかね?別の方のことかな?
その場合ですと、ご一報下さると嬉しいです^^
2016/03/08(火) 05:34 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
長くなりますが、失礼致します。
自分が自分のブログに
書いたことです。

★引用始まり

フィリップモリス社という、タバコ会社の社長の言葉

「煙草は愚か者の吸うものであって、本来賢明な人なら喫煙には利益を見出せない。
原告が思慮の浅い者たちであることは明白で、
彼らの要求は非常識極まりない」(喫煙者からの集団訴訟の席での発言)

「喫煙により、(愚か者の)死亡率が高まり、人口増加への抑制になっている」
(タバコに関する委託調査より)

★引用終わり

これを読んでみて、自分が思ったこと

社長の言ってる意味は、分かる。

しかし、面白いこと、言うね。

社長、頭いいね!

だって、健康によくないと知っててタバコ売って
儲けてるんだもん。

儲けた金、何に使ってるんだろう?

おそらく、社長はタバコ吸ってないと思う。

俺アルコール依存症で、入院してて、昨日だったか、おととい、
変な病院だったんで、自主退院したんだけど、
酒もタバコと同じかもしれないと思った。

酒やタバコを使う人は、自分を犠牲にし、周りに迷惑をかけながら、
社会に貢献してると思った。

だって、俺のように健康に悪いと分かってて、
酒やタバコを使用して自分を犠牲にし、
家族に借金して酒やタバコを使用して、
アルコール依存症になって、入院して家族に迷惑かけ、
高い酒税やタバコ税払ってるんだもん。

法律で酒とタバコが禁止されてたら、
ほとんどの人は、酒とタバコに手を
出してなかったと思う。

酒とタバコを、たしなむ程度ならいいと思うけど、
酒とタバコから抜け出せない人は、
国と酒とタバコが主人だと思う。

2016/03/10(木) 07:23 | URL | たー坊 #-[ 編集]
こんばんは、たー坊さん!

引用拝見しました。
そうですね、おそらく読んだ感じだと
アメリカのたばこ訴訟の時のお話っぽいので、
おそらくは1970年前後のことなのかな?
と推測します。

僕の記憶が確かであれば、
この時代はアメリカでたばこに対する害が
クローズアップされていて、
多くの訴訟が起こったそうです。

フィリプモリス社の上層部の暴言は度々明るみに出ていて、
その一例ですかね。

仰る通り、彼らの大部分は煙草の害を知り、
喫煙者をバカにしているので吸っていない人が多いです。
そもそも、一時代前の煙草産業の国営化は
税金徴収のために導入されたものです。
今も一社独占である以上、消費者から見たら、
ほぼ同じ形態と良いのでしょう。

もっと国民のためにキレイごとや大義名分でなく、
害や依存性を告知しておくべきだと思います。
本来、その上での自由。
そもそも、これだけが害が言われるのに
原料の表示義務すら甘すぎますよね。

アルコール依存。
喫煙との関係で時々調べますが、
たばこよりも厳しいと聞ききます。
大変でしたね。。。
2016/03/12(土) 06:11 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド