スルターン・ムラト4世のたばこ弾圧

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2016/12/09(金)
堕落した仏教国』。

何となく不名誉な響きにも聞こえますが、

わが国日本は、宗教という観点においてそう呼ばれることがあります。



お盆の送り火や迎え火も焚きますし、

葬儀や墓参りなども、仕来たりに従って行いますが、

私も信心深い方とは言えず、

我が家の宗派も、祖父が亡くなった時に始めて知ったくらいです。



中東において同じように

堕落したイスラム国などと揶揄される国があります。

一時、世界に覇を唱えたオスマントルコ帝国の流れを継承した

トルコ共和国です。



現在のトルコは世界的に見ても、

煙草に対して寛容で、喫煙者は多い国とされていますが、

オスマン帝国時代には、

積極的に煙草を処罰し弾圧した中興の祖がいました。


ムラト4世と言います。

その行動に見えるイスラム社会における煙草の位置付けとは。。。




*禁煙ファシズム


ナチスドイツのヒトラー禁煙運動を行ったことから、

その独裁政治(ファシズム)になぞらえて、

現在の厳しくなっていく煙草規制を批判するために生まれた言葉です。



愛煙家の方々が仰る通り、今までの煙草天国であった日本を考えると、

規制はやや高圧的に映るのかもしれません。



しかし、歴史を振り返ると、

ナチスドイツ以前でも、喫煙文化を批判し弾圧した指導者は多く、


日本でも徳川家康をはじめ、江戸幕府の歴代将軍。

イギリス、ジェームス1世

フランス、ルイ14世

カトリック教のウルパヌス8世

ロシア皇帝のミハイル・ロマノフなどが規制を行いました。



しかし喫煙者は見つけ次第、自らの手によりその場で斬首

という、群を抜いた厳しい処罰を行った指導者がいました。


オスマン帝国第17代皇帝ムラト4世という人物です。



このエピソードだけを聞くと、残忍な暴君と思ってしまうかもしれませんが、

オスマントルコ歴代皇帝の中でも、

最盛期をもたらしたスレイマン以来の優秀なスルターン(君主)

と言われており、聡明にして勇敢


戦争において陣頭に立って、軍を指揮した最後のスルターン。

バグダードをイラクから奪還するなどの功績があったそうです。



オスマントルコと言えば、

建国は1299年、戦闘集団とも遊牧民の集団とも言われ、

指導者オスマン1世がアナトリア西北部に建国した国。


優秀な軍事力と統制力により、

10代皇帝スレイマンの頃には、東ローマ帝国を滅ぼし奪取した

コンスタンティノープル(イスタンブール)に首都を置き、

中央ヨーロッパ、北アフリカまでを斬り従えた巨大な多民族国家となります。



現在のトルコは憲法から条文を削除していますが、

オスマン帝国時代の国教はイスラム教

しかし、多民族国家ゆえに、色々思想や文化が入り混じり、

敬虔な信仰者もいますが、かなり自由度の高い思想が大勢を占めるとされます。



それに故に煙草が流通し出すと、これが瞬く間に広がりを見せ、

現在も日本よりも喫煙は自由な雰囲気があるそうです。



何となく、イスラム教のイメージからすると、

煙草や酒に関して厳しいような印象はありますが、

実は、イスラム教の経典であるアル=クルアーン(コーラン)は、

煙草の流通する以前に成立しているため、

書の中には、煙草に関する明確な記述がありません



もっとも関連が深いとされる項目が、


(雌牛 2章195節)

「おまえ自身の手でおまえ自身を危険に投じてはならない」



(高壁 7章31節)

「おまえは食事をしてもよい、飲み物を飲んでもよい、

 しかし浪費をしてはいけない」


これを元にそれぞれが解釈しているわけです。



敬虔な信仰者であれば酒や煙草は全て禁止」。

歴代の神官の中には、西洋のぶどう酒は禁止、他ならばよい」。

更に神への信仰を忘れない程度なら、呑んでも構わない

などと解釈するものまでいました。


この為、オスマントルコにおいては、皇帝以下、常備軍イェニ・チェリ、

神官に至るまで酒を飲み、煙草を吸ったいた
と言います。



ムラト4世は、敬虔な信者ではあったのですが、

国の軍事の中核となるイェニ・チェリなどに喫煙者が多く、

煙草を取り締まれずにいたのですが、

1635年に煙草の不始末が原因で、

イスタンブールでの大火が発生


これを機に喫煙者粛清に乗り出したそうです。


粛清はかなり厳しいもので、ムラト4世本人が変装をして街をパトロールし、

喫煙者を見つけては、ただちに斬首

身内にも容赦はなく、喫煙してた寵妃を煙草で燻り殺しました


これにより、当時のイスタンブールの人口は100万人とされましたが、

このうち3万人は国外追放も含め、

ムラト4世の手で何らかの処罰を受けた
とされます。



ナチスドイツは、禁煙の宣伝活動が主だったので、

ムラト4世の処罰は彼らより厳しい処罰だったことになりますし、


火事が原因となると徳川幕府が煙草を禁じたエピソード

似ていたりしますね。




しかし、そこまでしても、喫煙者の数は非喫煙者を上回り、

中には拷問の最中も、袖に嗅ぎ煙草を隠し持ち使おうとしていた者までおり、

ムラト4世が27歳で早世した後は、また元に戻ったそうです



現在でも敬虔なイスラムグループの中には、

喫煙が原因で処刑されたなんて話もあったりするようですが、

トルコは一般的にオスマンの自由な流れを継ぎ、喫煙天国


実は2013年現在、世界の葉煙草生産量は第10位という

煙草大国だったりします。



これを堕落ととるか、自由ととるかは、

それぞれの考え方なのでしょうね。



↓禁煙ブログランキングはこちらから☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村


 
関連記事
この記事へのコメント:
オスマンサンコン!!
イッコーン、ニコーン、ユニコーン!!
間違えた、噛んだのでは無いです!!
やり直します!!
イッコーン、ニコーン、ロボコーン!!
すいません、間違えました・・・
え、サンコンさんから間違えてる!?
分ってます、分ってますって~
宗教ネタでしょ~
コレ系って、書くとヤバいよNE~
え、ヤバいのを書くな?ですよNE~
マニアックな事書くと、ヤバいよNE~
ナチスネタは、もっとヤバいよNE~
まぁ、私も信仰心なんて「もう、21世紀ですYO?」
とか思ってるので、無いけれど~
やっぱ、破裏拳ポリマーの実写は驚いたNE~
ジョジョやハガレンとはちょっと違って~
タツノコプロ創立55周年記念の、作品だけど~
タツノコ系の実写って、最悪なのしか無いジャン~
アニメで完成してるから、実写にしても越えれないジャン~
平成ライダーの監督さんが撮ったらしいけど~
だから何?でしょ~
いかにも今風な~
お金のないアイアンマン的なポリマースーツが・・・
破裏拳流のカンフーアクションは、アニメだからであって~
実写でするには・・・
さらに、慣れてない人のアクションだけにカッコワル~
つうか、着慣れなさすぎて素人のコスプレ~
え、破裏拳ポリマーどうでも良い?
飛んでイスタンブール!!
2016/12/10(土) 00:03 | URL | (/・ω・)/ちゃひーんです♪ #-[ 編集]
こんばんは、 (/・ω・)/ちゃひーんです♪ さん!

そうだよね~サンコンさん。
僕もオスマンと聞いてまず連想したのがサンコンさんでした。
暗闇では見失なう彼でした。

オスマンって一般的な名前なのかな~
サンコンさんも国は違えど、
ひょっとして王族の流れを汲んでたりするのかね~?

そうですね~
宗教の話はわりとデリケートなので、
気を使うよね。
ひーちゃんは地雷踏みまくりそうだから、
アクセル踏んじゃダメです。
ナチスネタもダメです~

破裏拳ポリマー???
はて?大元の作品を知らないです。勉強不足やね。
調べてみたら、変身ヒーローもんなの?
溝端くんがやるの?
仰る通りイケメン平成ライダーの流れだね。
原作を知らなければ、見れる人もいるのかな?
うちの父はロボコップとか好きだからそういう人向けかな?

うらまないのがルール~♪
2016/12/10(土) 03:56 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
イスタンブールで爆発がありましたね。トルコはその位置と大きさで、島国から出たことがない私には理解不能な国です。^^;

「ホームランド」というアメリカCIAのドラマを最近1~4見たのですが、8年間イラクで捕虜だった米兵が救出された所から話が始まります。賛否両論あるようですが、私としては、良くこういうドラマが作れるなと思うばかりです。って言うか、日本ではなぜできないんでしょう。朝ドラとか戦前戦後の頑張った女を描いてりゃいいでしょ、と考えてるとしか思えませんし。ドクターが流行ればそればっかり。

まぁ、日本は単一民族なので、逆に洗脳するようなドラマは危ないのかもしれませんね。とにかく地続きに国境がある国には住めないと思うんです、ワタシ。^^
2016/12/11(日) 09:42 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

そうですね、イスタンブールとかあの辺りは陸続きですが
宗教上の国境のような感じですものね。
古くから争いが絶えませんよね。

日本のメディアで言えば、
映画やネットはまだ自由度がありますが、
テレビは一番、保守的ですね。
倫理上の問題というよりは、保守的。
その言葉に尽きると思います。

そのせいか、表現においては人材が
アニメなどに流れがちと言われています。
スポンサーとの顔色というのもありますし、
矢面に立つのはかなり難しいのだと思います。

結果テレビはツマラナイ。
となってしまうのでしょうね。
2016/12/14(水) 03:08 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド