紫煙の流れる方向を変えた裁判

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/06/10(土)
天皇陛下の生前退位が議論されていますが、

もし認められれば、即位と共に元号も変わることになります。



平成生まれ昭和生まれなどという表現もありますが、

元号からイメージする時代背景ってそれぞれ特徴がありますよね。



昭和は喫煙天国

平成は喫煙弾圧

やはり、煙草をめぐる環境も大きく様変わりしたように思います。


実はその急流とも言えるような流れを作った動きとして、

昭和50年代に起こった嫌煙権起訴という民事訴訟があります。


結果的に裁判では嫌煙権こそ認められなかったものの、

嫌煙を主張した側は事実上勝利

一体、どんな風に時代の流れを変えたのでしょうか?



*時の流れは速いもので平成元年に生まれた赤ん坊が、

もうアラサーと呼ばれる世代になっています。



私は昭和生まれなのですが、十年一昔を体現するような、

世の中のシステムの変化を目の当たりにしてきており、


『昔は飲食店はおろか、電車内、飛行機内、タクシー、映画館。

 煙草の吸えないところはなかった』


なんて言うと平成世代はかなり驚いた表情を見せてくれたりします。


これを読んで同じ顔をしてる方もいらっしゃるかもしれないですね。



もちろん多数派の意見が必ず正しいということはあり得ないのですが、

例えば昭和41年(1966年)のピーク時

男性喫煙率は驚きの83.7%。女性も18.0%。


おのずと民主主義の原理と言われる多数派の意見が反映され、

日本は『どこでも喫煙が可能』な喫煙天国であったわけです。



しかし、ちょうど60年代から70年代頃は、

アメリカでも煙草の害が囁かれ始め、嫌煙運動が盛んになりました。


この流れを受けて1978年2月には日本でも

嫌煙権確立をめざす人びとの会が発足。


同年4月には、たばこ問題に取り組む諸団体が集まり、

全国禁煙・嫌煙運動連絡協議会発足。


一連の嫌煙運動が盛り上がりを見せる中、

更には、弁護士・有識者らが

嫌煙権確立を目指す法律家の会を結成。

メンバーであった伊佐山芳郎弁護士ら12人が、

国、国鉄、日本専売公社(後の日本たばこ産業)

を相手取り起こしたのが、

その後の喫煙環境の流れを大きく変えることになる

世に言う嫌煙権訴訟でした。



訴訟内容は、

国鉄(現JR)を利用してきた14人の市民が、

電車内で他の客の吸うたばこの煙で、健康的被害を受けた
として、


、国鉄に対して、旅客列車のうち半数以上を禁煙車とすること。

2、国鉄、国、日本専売公社に対して、禁煙車がなかったために

 健康被害を受けたとして損害賠償として920万円を請求する。


というもの。



訴訟が起こされた1980年(昭和55年)は、

昭和41年ほどではないにしても、男性喫煙率70.2。女性14.4

まだまだ世間的には、ヒステリックだとか過剰反応過ぎるという、

イメージが大勢を占めていたようで、


作家などの有識者ですら、

異常を通り越して狂気の沙汰

精神文化の停滞と卑小

ニコチン中毒よりも、もっとしまつの悪い一流中毒患者

嫌煙運動を揶揄していた、と伊佐山芳郎弁護士も自身のブログで、

当時を回顧しています。



これが示すように、東京地方裁判所が下した判決は、



たばこの煙が原告の主張通り、

健康を害するのであればそれは人格権の侵害のほかならない。


とし、ただし、


1、(判決時には)禁煙車も増加し、国鉄以外の交通手段もあるから、

 たばこの煙の害を回避するのは難しくない。


2、たばこの煙に晒されるとしても、一過性のものでて受忍限度の範囲内である。


3、たばこの煙が有害であるのは明らかだが、

 列車内での受動喫煙が害になるかは明らかでない。


4、日本という国は喫煙に対して寛容である。


5、列車内の受動喫煙の害。日本社会のたばこに対する受容。

 これを前提とする国の旅客輸送を業とする立場から判断して、

 原告らの受動喫煙による害は受忍限度の範囲内である。


というものでした。



つまりこれ、訴訟としては原告の請求を棄却。敗訴です



しかし、伊佐山芳郎弁護士ら原告側は実質的勝訴

控訴は行いませんでした。


実質的勝訴

私もこの意味が最初は分かりませんでしたが、

調べていると納得しました。



実は訴訟には政策形成型訴訟という種のものが存在します。


この裁判、提訴から7年のを経過して判決が出たのですが、

判決文にあった通り、

当初、国鉄車両で新幹線「こだま」の16号車だけであった禁煙車両が、

この裁判期間中に全国の中・長距離車両うち30%に増加したそうです。



そして何より、この裁判をマスコミ等が報道することで、

受動喫煙の弊害に対する国民の認識が高まり、論議がなされることで、

その後の様々な嫌煙運動の活性化、規制が整備されるに至ったわけです。


この功績は偉大でしょう



しかし現在は、一部で運動自体が嫌煙ファシズムと揶揄されるように、

現在の嫌煙運動は行きすぎの部分も見受けられることがあります。


平成の世は昭和と違って喫煙における多数派が逆転。

以前、愛煙家が嫌煙家に行っていたような

『異常を通り越して狂気の沙汰』

今は逆に喫煙者がそんな風に人格否定をされたりすることがあるわけです。


権利で認めれている以上それは暴論ですよね。


マナーやルールを守って喫煙しているのであれば、

それは認められるべきなのでしょう。


もちろん私としては、総合的な判断で禁煙はオススメするわけですが。。。



↓ポチッとしていくことも同時にオススメしているわけですが。。。☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村


 
関連記事

tag : 社会運動・規制などの動き 歴史もの たばこの雑学

この記事へのコメント:
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/11(日) 09:46 | | #[ 編集]
ハイハイハイウエストオバケ~♪
知ってる、知ってるよNE~♪
クリエーターなら、知ってるよNE~♪
なんか、妹とずっと歌ってるYO~♪
タートルネックろくろ首・・・
え、禁煙コメント~
分ってる分ってるって~♪
わざとやってるんだYO~♪

天皇陛下NA~
あ・・・、私が天皇陛下ネタやって良いのかNA?
取り敢えず、やめておこうかNA~?
マニアックに切り込むと、炎上しちゃうからNA~
あ、一応、天皇陛下の生前退位は酸性・・・、いや~
賛成派だけどNA~
やっぱ、色々書いちゃう?
やっぱ、やめとく?
やめちゃうと、今日のコメントが終っちゃうじゃん~
ハイハイハイ、ハイウエストオバケ~♪

やっぴーさんは、昭和生まれNA~
もう、中年だからNA~
鼻毛も白髪だからNA~
メタボだからNA~
カロリーを気にしてるからNA~
「よっこいしょ」って言うのが癖だからNA~
何か言う途中で、「なんだっけ?」も口癖だからNA~
加齢臭を気にしだしたからNA~
私は14歳だからNA~
14歳のJKだからNA~
しかも、魔女っ娘だからNA~
魔女っ娘のラッパーだからNA~
昭和好きのロボット好きだからNA~
最近のTV番組はちょっとでも、昭和の番組は知ってるけどNA~
最近の漫画はちょっとでも、昭和の漫画は知ってるけどNA~
ガンダムより、ゲッターマジンガーだけどNA~
え、いい加減にしろ?
ハイハイハイ、ハイウエストオバケ~♪

2017/06/11(日) 21:55 | URL | (/・ω・)/パーカー魔女です♪ #-[ 編集]
こんばんは、鍵コメさん!

5と6を打ち間違えていたようです。
取り急ぎ修正させて頂きました。

ご指摘ありがとうございます。
2017/06/12(月) 17:09 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、パーカー魔女さん!
何だろう、まどマギ?

ハイハイハイ、ハイウエストオバケ~♪
ハイウエストオバケな!
TVQ九州放送で深夜0時35分放送中。。。
知らんわ!

でもね、めちゃくちゃ興味ある。
ゆるそうなアニメだね。
鷹の爪団みたいなテイストなのかな。
水曜どうでしょうの例もあるし、低予算番組侮れないんだよな~^^

低予算な分、アイデア勝負。
エヴァもそれが吉と出たのは有名な話だよね^^

そうそう、やっぴーさんは、昭和生まれNA~
ホント最近、昔より体重を絞れなくて
夕飯の炭水化物を少し減らしてます。

僕は断然ガンダム派。しかもファーストガンダム。
連邦の白い悪魔な
諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。 何故だ!な。

しかし魔法少女ラッパーは本当に年齢不詳だよね。
あ、年齢は14歳か!

え~あなたはオチをつけないと気が済まないタイプなので、
天皇陛下について語るのは止めて下さい^^
2017/06/12(月) 17:23 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんにちは♪TVQ九州放送で深夜0時35分放送中なのNE~謎が1つ解けたYO!

駅から車内から映画館からパチンコ屋、ありとあらゆる所が煙モクモクだった時代から、自分の家のベランダでさえ吸うと怒られる現代まで生き抜いてきたザ・昭和な女、それがワタシです。と言っても戦後だけですが。^^;

昔は楽しみが少なくて、酒とタバコは男の楽しみと言うより嗜み、まさに嗜好品。今より家が風通し良くて煙も抜けやすかっただろうし、人生50年でガンになる前にみんな死んじゃうから問題なし、え、違う?

煙モクモクが当たり前から、「私はイヤだ」へのターニングポイントが嫌煙権運動だったのですね。70%が喫煙者でもイヤなものはイヤ、これまさに当時の私の気持ちですよ。訴訟が起こされたのは知らなかった、と言うか忘れちゃったんだと思うけど、頑張った方々が居たんですね。

夫がタバコをやめて、ワタシ的には良いことばかりですが、夫はフッと吸いたくなる瞬間があるみたい、記憶の中のシチュエーションと関わっているようです。でも手元にないのでね。^^)
2017/06/13(火) 09:38 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

ハイハイハイ、ハイウエストオバケ~♪
良かったです。ひーちゃんは分からないの知って
ぶち込んできますからね。
僕もコメント返し苦労してます。
もちろん知識が増えるので楽しいですが^^

僕も喫煙天国日本の名残は経験しているんですけど、
今考えると画館、電車内喫煙可は喫煙者優遇されていたんだな、、
と感じますよね^^

多数派が必ず正しいわけではないのですが、
社会のルールはそちらに流れがちなのは仕方ないですよね。
今は喫煙に関しては逆転したということなのでしょう。

実は僕もごくたまにタバコは吸いたくなります。
勿論、離脱症状の苦しさはなく昔の良い思い出のような感じです。
ご主人と同じですね。
おそらくこれ先も何度もあるのだろうな~と思います。
そんな日々もあったねと一緒に穏やかに笑ってげて下さい^^
2017/06/13(火) 23:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド