ナチス禁煙キャンペーンの反動

現在休載中。放送作家の禁煙総合サロン。六年間綴った記事の中からあなたの禁煙のヒントが見つかるはず?!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/11/24(金)
禁煙に関するムーブメントは、

我が国よりも欧米の方が早い事はご存知でしょう。


さてではみなさんは、

これまで欧州トップの喫煙率を誇ってきたのは

どの国だかご存知でしょうか?



答えはドイツ』。

そして、この国が長年喫煙天国であった理由は、

あのナチスドイツの政権下において

国内における大々的な禁煙キャンペーンが、

繰り広げたからだと言われていたりします。



ナチスによる禁煙運動

しばしば喫煙者がその運動になぞらえて、

近年の禁煙規制を禁煙ファシズムと揶揄することがあります。


それについては少し前にも触れましたが、

実際、ナチスによる禁煙運動が、

どんなものだったのか気になったりはしませんか?


もちろん、これはナチスドイツを肯定するものではありませんが、

正確な歴史認識を確認しておきましょう。






*ヒトラーは煙草を吸わない

歴史上、国家として最初に禁煙キャンペーンを繰り広げたのは、

 ナチスドイツである


ゆえに、現代における喫煙に対する規制は、

ナチスドイツのしたこと同様で禁煙ファシズムである。


これが愛煙家を称する著名な先生方や団体の主張だったりします。

みなさんもどこかで耳にしたことがあるでしょうか。



しかし、少し調べれば分かるはずなのに、

どこでこういった歴史認識となったのか分かりませんが、

これは半分正解で半分は間違え。


実はヒトラーは晩年、禁煙に成功しますが元々はヘビースモーカー』。

更に禁煙運動を行った国家元首はヒトラーより前にキラ星の如く存在します




当ブログでも記事にしましたが、1600年代だけでも、

江戸幕府初代将軍・徳川家康及び歴代の将軍たち

『たばこ排撃論』という著書でも知られるイングランド王ジェームズ1世

インドでムガール帝国の皇帝ジャハーンギールは喫煙者の唇を削ぎ落とし、

ペルシャのアッバース1世はインド商人の耳と鼻を削いで煙草を規制しています。


更にロシアのアレクセイ皇帝は喫煙者に死刑を導入し、

トルコのスルターン・ムラト4世は自ら国内をパトロールし、

喫煙者を見つけ次第斬首。

その政権下では、他の罪状全てと合わせて約3万人が処罰されたと言います。




さて、一方のナチスドイツが禁煙キャンペーンをはじめたのは、

それから約300年後の1930年代

初期は「煙草を吸わないのが格好いい」「女性の妊娠率が低下する」

などのお得意の宣伝活動及び広告の禁止のみで、

あまり効果がなかったそうです。


しかし、これが1938年頃になると、

空軍の基地内、病院、役所内の全面禁煙。

喫煙自由であった列車に禁煙車が登場。違反者は罰金。

と規制を強化。


ナチスドイツいえば、ホロコースト(大量虐殺)のイメージが強いせいか、

『禁煙ファシズム』も過酷なものを想像していましたが、

日本をはじめ現代の世界基準に近い物のようです。


愛煙家の方々はこの部分の類似点を指して、

『禁煙規制をファシズム』だと言っているのでしょうか?




さてでも、ナチスドイツが何故このような政策を打ち出したのでしょうか。

それはドイツという国が世界有数の工業先進国であり、

その結果、ガンにおける死亡者数がうなぎ上りであったことが挙げられます。

この頃の死亡者数は10万人、患者数は50万人。


ヒトラーの母クララも肺がんで死亡していた影響もあるのか、

ナチスドイツは癌の研究を積極的に行い

放射性物質(X線)、タール煤煙、アスベスト、アニリン染料、

結核、車の排気ガスの他、煙草が肺がんの原因
であることを

究明しました。



現在では、フィリップモリス社やBAT社もリスク上昇を認めていますが、

(JTは今の所、頑なに認めていない)

つまり、ナチスドイツは世界初の禁煙運動ではなく、

煙草が癌の原因であることを世界で初めて究明した


というのが正しいわけです。



そしてここに、

ナチスドイツによるゲルマン民族至上主義による多産政策(子供を産む)が絡み、

国民の健康を守り徹底的にガンに対抗するという構図が出来上がり、

高度な禁煙治療も施されて、禁煙薬、禁煙ガム、催眠療法など

かなり現代に近いような治療が行われていたそうです。


戦争とは悲劇の裏で、あらゆる技術が革新すると言われますが、

煙草医療も発展したというのは何だか皮肉なものですよね。



これにより1940年代に入るとかなり喫煙者は減少しますが、

第二次世界大戦が終了し、ナチス・ドイツが崩壊すると、

禁煙キャンペーンの指導者らは次々と暗殺され、

同時にアメリカやイギリスから、大量の煙草が密輸されます。


1949年にはアメリカから4億本。

1954年にはスイスからドイツ、イタリアに20億本。


更に、ヨーロッパ復興援助計画の名目で、

アメリカ合衆国のポケットマネーで煙草会社に7千万ドルを支払い、

1948年には24,000トン。

1949年には69,000トンをドイツに持ち込みます。



当然この頃はナチス=全否定という概念が定着して、

大きな反動から禁煙運動は大きく後退

ドイツは喫煙天国となり、タバコ会社にとって大のお得意様となったわけです。



もちろん、ナチスドイツを肯定するわけではありませんが、

我が国でアスベストなどの規制が遅れたのも、

このような時代の流れがあったからだろうと感じますし、

煙草と肺がんの関連が認められたのも最近のことですよね。


そう考えると、ナチスは健康管理を人種という

イデオロギーと結びつけたことが危険だった
としても、

医療などの技術に関してはナチスドイツの思想と切り離して、

研究データをきちんと検証し冷静に判断する必要はありそうです。




ナチスドイツは反対者に有無を言わせぬファズム国家であったから、

禁煙を運動を急進的に進めることが出来たでしょうが、


現代の日本は煙草の害が証明されたとしても、

産業に恩恵を受ける立場の者たちが存在し、

国や地方の財源を賄っているため、禁煙を法律化しようとしても、

かなりの抵抗にあい、また議論を重ねることになると思います。


むしろ民主主義国家としては様々な反対意見が出るのは健全なことでしょうが、

その上で喫煙の害や権利、義務を論じつつ、

喫煙問題の落とし所を探って行くのが良いのでしょうね。


↓人気の禁煙ブログランキングはこちらチェックチェック!☆ミ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村


 
関連記事

tag : 歴史もの 社会運動・規制などの動き 禁煙開始

この記事へのコメント:
やっぴーさん、ナチスネタ好きだNE~♪
私は、特に好きでも無いのだけれど~
フラれたなら、やるしか無いNE~♪
何回目?3回目くらい?
10回くらい?9999999回くらい?
そんなに好きとは、色々と大丈夫~?
ナチスネタ、反応する人多いから~
と言う件を何回もやったからOKOK♪
ナチスと言えば、やっぱ本当に「悪」なのKA!?
的なヤツだよNE~、先ずは~
アノ、ガス室は本当にあったのKA!?
無かったのかと言う論争~
このネタって~
我等が日本人からすると、なんとも言い難いよNE~
今年の流行語大賞に選ばれた、捏造&フェイクニュース~
と言えば、慰安婦&南京大虐殺~
いやぁ~、コレといっしょだよNE~
おいおい、良い加減にしてくれYO~的NA?
いい加減な証言ばっかりで~
何時まで経っても証拠が出てこないだろ的NA?
逆に、韓国のベトナム・・・
アレ、ヤバい?
朝日とか・・・TBSとか・・・NHK?
あ、まだ大丈夫?これ以上はヤバい?
何時までも、日本とドイツが悪人KA?
悪と言えば、中・・・
やっぴーさん的に、ヤバい?
二人でモリカケ?泉放送?
いい加減にして?マジ書き禁止?
ガス室に戻して・・・、え、戻すNA?
禁煙コメントを書け?モリカケ?
2017/11/24(金) 23:29 | URL | (V)o¥o(V)ドーラ砲です♪ #-[ 編集]
こんばんは、ドーラ砲さん!
列車砲な。
これ「大戦略」ってゲームで存在を知って、
戦略的に使いにくそう~
って思ったの覚えてます。
色々考えるよね。

ヘンシェルHs293は詳しくないな~
やっぱり当時のドイツの技術力って凄かったのだろうね。

まーね、ナチスが好きなわけではないのだけど、
愛煙家さんが禁煙運動をナチスに例えて、
間違った情報流してるのがどうしても気になってね。
禁煙運動が世界初って。。。
そりゃないだろって思うわけですよ。

ひーちゃん色々危ないワードぶっ込んでるけど、
まぁね、戦争は勝てば官軍。
情報操作は色々と行われている部分もあるだろうね。

という辺りで勘弁しておくれ。

さしあたって言いたいのが、
ナチスが否定したから煙草は正義って理屈は
おかしいですよね。
ということです^^
2017/11/25(土) 04:06 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん   こんにちは~(*´▽`*)
いつもありがとうございます。
今日のテーマとかけ離れてしまい申し訳ありませんが、ちょっと教えてほしいことがあります。
実は、9月に会社の人事異動で夫の上司が変わりました。
この方、何かの事情で車の運転が出来ないらしいのですが、夫が運転する助手席でたばこを吸うらしいのです。
密室での喫煙はさすがに少し気が咎めるようで窓を少し開けるそうですが、
たばこの煙の流動って、どうなのかご存知ではありませんか?
一ヶ所ではなく、もう一ヶ所、何処を開けたら一番匂いが無くながれるとか、副流煙に対処できるか・・・とか、そういうことってご存知なことがあったらぜひ教えてほしいと思います。
2017/11/26(日) 11:25 | URL | アメリカン・ブルー #41Gd1xPo[ 編集]
こんばんは、アメブルさん!

副流煙の問題ですよね。

WHOも言っていますが、
飲食店などの現在の分煙対策を見ても分かる通り、
副流煙を防ぐには扉で仕切った
喫煙室を設置するしか方法はないそうです。

ご存知の通り車は密室なので、
タクシーも全面禁煙になりましたよね。

そして煙の流動ですが、
これもよく換気扇の下で吸う方がいますが、
かえってファンの羽根によって、
煙の有害物質が拡散すると言われているので、
窓を開けて気流を作るのはさほど効果はないと考えられます。

端的に言いますと、可能かどうか分かりませんが、
害を完全に防ぐには車内では吸わないで頂くしかない
と思いますよ。
2017/11/28(火) 03:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド