子供は何でたばこ吸っちゃいけないの?

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2012/02/08(水)
『僕は大人になっても、絶対にたばこを吸いません!』

これは、私が小学校5年生の時、文集に書いた誓いの言葉です。


何故、このようなことを書いたかと言いますと、

実は、この約1年前の4年生の時に、

近所の公園に落ちていた、たばこを、友達たち数人と面白半分で吸ってみて、

結果、先生や両親に、こっ酷く叱られるという事件があったからでした。


そんなことを思い返す中で、

当時は、さほど疑問には思わなかったのですが、

何故、たばこは大人になってから』なのでしょうか?


今回は法律を中心に、少し考えてみたいと思います。


 
*これは、みなさんも同じだと思いますが、

日々生活していますと、

時々、未成年の喫煙現場に出くわすことがありますよね?



さて、こんな時、どうしていますか?



映画『ALWAYS』のような、昭和初期くらいでしたら、

『こら!ガキが、たばこなんか吸うんじゃない!』

と、近所の頑固親父さんが、叱り飛ばしていたかもしれません。


しかし、現在では『子供たちは町全体で育てる』みたいな風潮も、

だんだんと薄らいでいるわけで、

『特に関わらない』『本人の自由だし、別にいいんじゃないの?』

などの意見の方が多いのではないでしょうか。


ん~それも時代なのでしょうかね?


しかし数年前、

私は、このブログにも度々登場する、愛すべき甥っ子たちに、

『ねぇ、おっちゃん!おっちゃん!

何で大人はよくって、子供はたばこ吸っちゃダメなの?!』


と聞かれたことがあります。


彼らは当時、将来有望なサッカー小僧たちでした。


目の前で、大好きで親愛なる叔父さまが、

じつに美味そうに、たばこの煙をくゆらせているわけですから、

ごくごく、当然のように湧いて出た疑問なわけですよね。



そこで私は、

『ん~法律でそう決まってるから…サッカーでもそうだろう?

ルールって、守んなきゃいけないもんだろう?』



多少の疑問を感じながらも、そう答えました。


しかし、あまり彼らにとっては、

説得力のある模範解答では、なかったようです。

そうですよね、言ってる本人が半信半疑なわけですから…



さてでは、私の脳裏に浮かんだこの疑問の答え、

みなさんはご存知でしょうか?

『子供は、たばこを吸っちゃダメ~~な法律』

肝心の内容を、みなさんは1度でも読んだことがありますでしょうか?


おそらく普通に生きていたら、

目にする機会は、ほぼないですよね。



正確には、この法律『未成年喫煙禁止法』といい、

明治33年に、衆議院議員、根本正氏らが提唱した、

幼者喫煙禁止法』をもとに、可決、公布したもだそうです。


その後、2000年になって、多少の改定を加えたものの、

実はすでに、100年以上の歴史を誇る法律でもあるそうです。



さて、気になる具体的な内容は、どのようなものでしょうか?

詳細は以下の通りです。



【未成年喫煙禁止法】


◆第1条◆

満20歳未満の者の喫煙を禁止している。


◆第2条◆

満20歳未満の者が喫煙のために所持する煙草およびその器具について、

行政処分としての没収のみが行われる。


◆第3条◆

未成年者の喫煙を知りつつも制止しなかった親権者やその代わりの監督者は、

刑事罰である科料(1万円以下)に処せられる。


◆第4条◆

煙草又は器具の販売者は満20歳未満の者の喫煙の防止に資するために

年齢の確認その他必要な措置を講ずるものとされている。

努力義務という規定のされ方である。


◆第5条◆

満20歳未満の者が自分自身で喫煙することを知りながらたばこ

や器具を販売した者は、50万円以下の罰金に処せられる。


◆第6条◆

法人の代表者や営業者の代理人、使用人その他の従業者が、

法人ないし営業者の業務に関して満20歳未満の者に煙草を販売した場合には、

行為者とともに法人ないし営業者を前条と同様に罰する(両罰規定)。




どうでしょう?

もちろん、この手の法律は、拘束力が強すぎても問題ですが、

こちらも一見して抜け道が多く、さほど遵守されていないのは、

火を見るより明らかですよね。


そして、上記の法律は、社会道徳から見ての未成年への指導と、

なるわけですが、


医学的な側面から見ますと、一般的な成人男性に比べて、

未成年や女性は、たばこによる依存の形成が早く、

しかも抜け出しにくいと、言われているそうです。


更に、未成年に限って申し上げますと、

運動能力、学習能力にも、悪い影響が出ると言われており、

更には、ガンや心臓疾患での50代での死亡率も、

喫煙開始が14歳以下の場合、4~10倍に跳ね上がるという、

データがあります。



もちろん、成人男性の喫煙も決して肯定されるべきものではないわけで、

当然『大人はよくて、子供はダメ』と言う気はありませんが、


未成年における喫煙が、とてつもなく大きな影響を及ぼすことは、

確かなようです。



ですから、身近なお子さんたちが、もし喫煙をしていたら、

『容認』するのではなく『注意』するのが、本来は愛情なのでしょう。

つまり、物分りのいい大人というのは、

裏返せば、子供にとって無責任だということです。


しかし、私が言うまでもなく、実は【未成年喫煙防止法】の第3条には、

前々から、そのように定められているわけで、


今回、この法律に目を通してみて、

実は、我らが先人たちは、100年もの前から、そう行動してきたのだなぁ…

と改めて、気づかされました。



関連:こどもたちの受動喫煙



人気ブログランキングへ


 
関連記事
この記事へのコメント:
いつも有難うございます

リンク完了です
これからも宜しくお願いします
2012/02/09(木) 00:17 | URL | みゆぴよん #SFo5/nok[ 編集]
こんばんは、みゆぴよんさん!

こちらこそ、
いつもお世話になっています!

リンク確認しました。
ありがとうございます!
今後ともよろしくお願い致します!
2012/02/09(木) 04:13 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
先日はコメントありがとうございました。
依存は勿論、病気になるリスクも高くなるし、本当百害あって一利なしですね。
抜けられないおさるが言うのもなんですが・・・(-。-)
2012/02/09(木) 10:57 | URL | *おさるでござる* #-[ 編集]
おはようございます^^

いつも、ブログへのコメントありがとうございます

タバコを吸うと血管が収縮して、血液循環が悪くなり

体や脳に十分な酸素が行き渡らなくなるそうです。

大人の人であれば、この一文で、体の状態が

どのようになっていくのか、だいたいの想像がつくとは思いますが

子どもにわかりやすく説明するとなると、やっぱり難しいですね^^;

そんな保育士のたまごです(笑)

9日の応援していきますねvv
2012/02/09(木) 12:22 | URL | ぱんだの飼い主 #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは

私も以前姪っ子に同じ質問されました。で「○○ちゃんは元気で大人になりたい?」→「うん」→「じゃあタバコはだめ」→「お姉ちゃんは良いの?」→「いいの。元気な大人になったからね。」というような会話をした記憶があります。
説明するのってムズカシイですね。「法律で決まってる」と言えばそれまでなんでしょうが。。。

未成年の喫煙は止めてあげたいですね。子どもたちに明るい未来をあげたいから。
2012/02/09(木) 19:12 | URL | 夢みる廃人 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、おさるでござるさん!

そうですね。
おさるでござるさんは、
禁煙準備中というところですかね?

確かに、僕もニコチン依存から、
抜け出すのは苦労しました。
禁煙実行者はみな同じだと思いますよ。

失敗や挫折にめげず、
自分のタイミングで
何度でもチャレンジしてみてくださいね!

応援しますよ!^o^/
2012/02/09(木) 21:32 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、ぱんだの飼い主さん!

そうですね。
多分、喫煙がダメな理由は、
『体に悪い!』の一言なのでしょうが、
そう言うと、
『何で大人はいいの?』
と、大体切り替えされしまいますよね。

本当は『大人も体に悪い』のですが…

教育対象が幼児だと、
より説明の仕方も難しいのでしょうね。
ぱんだの飼い主さんのご活躍を期待します!
2012/02/09(木) 21:57 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、夢ちゃん!

そうですね。
僕も経験があるけど、
喫煙者が、子供にたばこの害を訴えても、
どうしても説得力に欠けてしまう部分があるよね。^^;

でも、喫煙者だから、分かる部分もあるのだから、
そこは子供たちに上手に伝えてあげたいものですね。^^
2012/02/09(木) 22:03 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは

子どもに教えるって大変なことですよね(>_<)
先日私の携帯番号を知らないはずの従兄弟に(←母に聞いたのでしょう)「子ども(中学生)が万単位で財布から持っていく。どうしたらそういうことをしないようになるのか?」と真剣に相談され、答えに詰まったことがあります。とりあえず、ガツンと怒り、一度家から叩き出す、と答えました。実際自分もそういう怒り方が一番効きました。
やっぴえろさんならどう教えますか?
質問になってしまってすみませんm(_)m
2012/02/10(金) 18:55 | URL | 夢みる廃人 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、夢ちゃん!

ん~どうでしょうねぇ。
あくまでも僕ならですが、

まず、子供の分かる所に財布を置いておかない。
現金をあまり財布に入れておかない…
というのが基本ですよね。

お子さんが、もう中学生なので、
そろそろ話も理解できる年齢ですよね。
なので、あまり子供扱いせず、
お金を稼ぐことの大変さ、使い方とかを
ゆっくり話してみますかね。

いずれにしても、
よい教育のチャンスと思うべきではないですかね。

あまり教育問題に詳しくはないですが、
こういった社会性を教えるのは、
母親より父親の方が向いているそうですよ。

うまく解決出来るといいですね^^
2012/02/10(金) 21:15 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
子供の頃って
大人のすることに 憧れるのですよね
駄目ってされてることほど 
それが 強くなったりして 厄介ですよね

たばこの事に関しては
中学の時だったか
授業で 教わったよーな 記憶があります

法律で 決まってるから 駄目!って 言われても
大人は それを してるのですから
『何故 駄目なのか』ってことを
きっちり 子供に 理解させることが 必要ですよね
2012/02/10(金) 21:43 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

そうですね、
こどものイメージはおそらく、
『たばこ=大人』
であることは、自分経験からも間違いないと思います。

これは、
『口紅(化粧)=大人の女』
に憧れる、幼い少女と同じかもしれませんね。

だから本来は、大人が手本となるか、
子供にきちんと理解を得られるような回答を
用意しなきゃなぁ~と思っています。

でも、
これって意外に労力が必要だったりしますよね。^^;

でも、正直言いまして、
色々調べていると、
最近は『大人もたばこOKではない』
気がしています。
なんか、曖昧な答えですみません^^;
2012/02/10(金) 22:47 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド