ビクターJ.デノーブルの依存証明

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2012/02/24(金)
そういえば、私が煙草を吸いはじめて間もない頃、

吸わない友人に、こう聞かれたことがありました。


『やめろって言われたら、すぐ止められる?』

もちろん他でもない、煙草のことです。


その頃の私は漠然とですが、すぐに止められると思っていました。


しかし、喫煙が習慣化してから十数年

様々な理由から、ふと煙草をやめようと思ったのですが、

スッパリとすぐに止めることが出来ませんでした。


そしてその後、

何度となく禁煙失敗を繰り返して、やっとの思いで今に至るわけですが…


さて、ここであえて、みなさんに質問です。

私は何故、煙草をやめることが出来なかったのでしょうか?


*その答えは、おそらくこの実験結果の中に存在するでしょう―――


ニコチンの依存性は強いのか、弱いのか?

そもそも、ニコチンに依存性は存在するのか?



これに関しては、愛煙家と嫌煙家と間で、よく意見の応酬があります。


当然のごとく、愛煙家は、

『他の依存性のある薬物に比べて、その依存性は極めて低い』

と言いますし、逆に嫌煙家は、

『煙草の依存性は、極めて高い』と主張します。



ご覧の通り、互いに相容れぬ状況に思われますが、


実はこの双方の主張、強いか弱いかは別としても、

すでに双方とも『ニコチンには依存性がある』という前提で

議論しているわけです。



おそらく、『ニコチンの依存性』を、世界ではじめて科学的に証明したのは、

大手たばこ会社フィリップモリス社(以後PM)の元研究員であった

ビクター・J・デノーブル博士という人物です。


しかしこの実験、『煙草の販売が不利になる』という理由で、

ニコチンの依存が証明された後、

雇い主であるPM社により、1度は闇の中へと隠蔽されかけたそうです。



どういう事かといいますと、

デノーブル博士は、1980年にPM社の以来を受け、

ニコチンの生理学的な影響』と『安全なたばこの開発』のため、

同社の研究所に勤務することになったそうです。



すると数年後、研究は一応の成功を見せ、ノーブル博士は、

煙草からニコチンを全て取り除き、そこに全く別の薬物を添加。

結果として、依存性を備え、尚且つ、心臓疾患を起こしにくいという、

『安全なたばこ』の開発を、見事に成功させます。



そして更に、もう一方の『ニコチンの生理学的な影響』の研究として、

有名なネズミの実験を行ったそうです。


これは実験用のネズミを使って、ネズミ自身がレバーを押すと、

直接、血管にニコチンが注入されるという装置を作成し、

ニコチンの中毒症状、依存状態などを観察しました。


まず最初は、人間の喫煙するたばこ1本分のニコチン量の比率を計算。

それに比例した量のニコチンを、ネズミの大きさに合わせて注入しました。


すると、中毒症状は起こすものの、1度レバーを押したきりで、

それ以降、レバーを押すという、いわゆる『依存症状』は見られませんでした。



そこで今度は、1本分のニコチンを、

ちょうど人間がたばこを吸うように小分けに10回、

少しずつネズミに与えるようにしてみました。


すると、それを3週間(21日)繰り返した時に、

ネズミは自ら、レバーを押すようになったそうです。


つまり、ネズミに、『はっきりとした依存』が認められるようになったわけです。



しかし、この実験結果が出た途端、いきなりPM社はデノーブル博士を解雇。

更に、会社の顧問弁護士を通じて、

実験結果のデータほとんどを押収してしまったそうです。


つまり、PM社は、この実験結果は、たばこ販売にとって、

マイナスであると判断し、隠蔽しようと考えたわけです。



それはそうでしょう。

もし、この実験が正しければ、

理論上ですが、『依存性のないたばこ』が開発可能なわけですよね。


すると、


つまりは、依存性がないたばこ…

そして、健康に悪いたばこ…


おそらく、今の社会の風潮だと、誰も買いませんよね?



しかし、今現在になっても、そんな製品が開発されたなどという話を、

世界中どこへ行っても、聞いたことがありません。


つまり、今、販売されいる、たばこ製品は、依存を形成しやすい使用法で、

販売されているのに、他ならないわけです。


そして、そこに現在では、少なくなりましたが、

CMやメディアを通して『たばこが格好いい』『たばこはお洒落』

などのイメージ戦略が、民衆や若者の間で定着すれば、

たばこ依存者』を作り上げるのは、ごく簡単だということになりますよね。



そして、デノーブル博士ですが、1984年にPM社を解雇後、

逆に、実験内容を告発する形で、法廷で取り戻したデータを元に、

各種のたばこ裁判やマスメディアにおいて、たばこの有害性を主張。


日本で行われた『健康21』の席にも招かれたそうです。


そこで博士は以下のような事実を発表しました。


『人間のように宣伝に踊らされることもないのに、なぜネズミが

ニコチンを欲しがるのでしょうか?―――


それは、ニコチンが麻薬だからです』



そして、これが冒頭での質問の答えになります。

私はニコチンが麻薬だから、すぐにたばこを止めることが出来なかった

ということです。


それでは、あえてもう1つみなさんに質問です。

あなたはこれ以上、もしくは再び、たばこの虜になりたいですか?



↓こちらのブログもクセになる???☆
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ


関連記事

tag : 煙草の有害性 科学的なたばこの検証

この記事へのコメント:
なるほど・・・・・
とても説得力がありますね。
いわゆる、嗜好品と言われる、たばこ・お酒・そして、私の好きなスィーツなどにも、すべて、「麻薬」的な要素が入っているような気がしますね。
我が家の夫は、子供が生まれても禁煙できなかったのが、ある年、ものすごい風邪をこじらせ、
タバコがのどにしみて、その辛さから、一気にやめましたね。
いま、結婚するなら、たばこを吸わない人・・・を求める、そう答える人が80%を超えたそうですが、
私の友人達は、家族の喫煙で、肺がんを発症しているケースが多いんです。
どうしてやめないのだろうと思うのですが、「麻薬」的であれば、うなずける気がして来ました。
本当に大事なものを考えたいものですね。
2012/02/25(土) 14:51 | URL | アメリカン・ブルー #41Gd1xPo[ 編集]
やっぴえろさん、こんばんは

麻薬・・・そういわれるとドキッとします。嗜好品という言葉に騙されがちですが、これほど依存性が高いと立派な麻薬ですね。心身への影響の強さからも。
ニコチンの依存性はホント高くて困ります。吸いたいと思う時間が減ってきても吸ってる人を見るとついつい吸ってしまう。
始めるは易し、辞めるは難し。。。
2012/02/26(日) 00:16 | URL | 夢みる廃人 #Ots9DzJY[ 編集]
こんばんは、アメリカン・ブルーさん!

やっぴえろです^^

体調を崩して、禁煙という方は多いようですよ。
私の父もそうでした。

それにテレビCMなどが自粛されてから、
タバコのイメージも大きく変わったようで、
喫煙者は、本当の意味で周囲から、
煙たがられる存在になってしまいましたね^^;

僕も、止めるのに苦労した元喫煙者の一人ですので、
今の喫煙者さんには、同情してしまう部分もあります。

本当に大事なもの…
全くその通りですね。^^
2012/02/26(日) 04:09 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、夢ちゃん!

おそらく麻薬の定義は、
依存性、耐性、精神毒性の3つですよね。

でも、たばこは『精神毒性』
いわゆる幻覚や幻聴など症状が、
起きにくいことから、
依存性と耐性を兼ね備えていても、
多目に見られてきたんだと思いますよ。

記事にしといてなんだけど
確かに、麻薬と言い切られると、
ドキっとするよね^^;
2012/02/26(日) 04:15 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
デノーブル博士の話、初めて聞きました。1980年って、ちょうど私が嫌煙権バッジを手に入れた頃ですよ。「タバコが吸えない喫茶店をやりたい」と言ったら、「喫茶は、読んで字のごとく、タバコを吸ってお茶を飲む所だよ」と言われたりしてました。速すぎて周回遅れって感じでしょう?

今は、喫煙者の夫と外出すると、次にどこでタバコを吸うか、を一緒に考えて行動するくらいですよ。世の中、ちょっと変な方向に行ってると思います。

タバコは嗜好品なのだから、依存性があっても、ガンになりやすくなっても、楽しみとして吸うんだと思います。色々な意味で、楽しみを超えてしまった時が問題で、その点では、お酒も甘い物も同じなんじゃないかな。なんで、タバコだけこれ程たたかれるのかが、不思議ですね。

タバコが麻薬だとすれば、お酒もスウィーツも麻薬として、同じく規制されていいでしょう。どちらも過ぎれば病気になりますから。

いつも世の中の流れに逆行してしまうのが癖で、こんな意見を書いてみました。ではまた。
2012/02/26(日) 11:00 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
ニコチンの依存性
あるのでしょーね
だから 煙草が やめられないのでしょーから・・・

同じよーに アルコールにも 依存症があるのに
お酒は 煙草ほど 言われないのは 私も 不思議に思います

煙草の 副流煙のことも このところ 大きく問題視されてますが
アルコールも 飲酒者の口や汗腺から 出てますよね?

どちらも 度を越さず
マナーを守って やる分には 良さそうに思うのですが・・・^^;
2012/02/26(日) 16:34 | URL | kotone #-[ 編集]
こんばんは、もふもふさん!

いいと思いますよ。
意見や答えが様々なのは、
民主主義が健全な証拠だと思います。
考え方は十人十色ですものね^^

ん~今回は、もふもふさんを信頼して。
僕個人の意見を忌憚なく言わせていただきますね^^

実は、僕個人はタバコのことを調べるにつれ、
『たばこ=嗜好品』とは思わなくなってきました。

スーイツはどうだか分かりませんが、
タバコとお酒に関しては、依存性は相当強いと思いますよ。
現に双方とも、販売に規制がかかっていますし、
特別に課税されています。
そして更には、法律で禁止された時代もあります…

やはり双方とも、健康を害して、
ひいては家族に迷惑をかけるのであれば、
本来は慎むべきなのかなぁと思います。

しかし、既得権益というのもありますし、
現行は個人の判断によるグレーゾーン
というのが妥当ではないかと思います。

それにしても、禁煙の喫茶店…
天邪鬼なところが、もふもふさんらしいですね。
ご意見ありがとうございます^o^/
2012/02/26(日) 22:54 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、kotoneさん!

そすですね。
僕はお酒は、そこまで欲しないから、
そう思うのかもしれませんが、
(ちなみにお酒は好きですよ^^;)
実はお酒は、依存を起こすまでが、
結構、かかるのではないかなぁ?
と思います。

でも、おそらく、依存を起こしたら、
酷いのはタバコよりアルコールだと思います。
アル中や酒乱は、本当に凄まじいですもんね^^;

しかし、僕が腹立たしいと思うのは、
消費者ではなく、販売側の考え方です。
『依存性のない、安全なたばこ』が出来るなら、作ればいいと思います。
それこそが、真の選択の可能な『嗜好品』となるような気がします^^;

三姉妹は、どう思いますかね?^^
2012/02/26(日) 23:07 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
やっぴえろさん、おはようございます

1日サボりまして失礼しました。。。
タバコ・お酒が嗜好品に入るのか、考えてみたけれど結局どうなの?で止まってしまいました。
嗜好品には違いないけど、健康への影響を考えると嗜好品ではないのかなぁと。だからこそ‘課税’対象になってるのかな。

>つまりは、依存性がないたばこ…
そして、健康に悪いたばこ…
やっぴえろさんの論に反してそんなタバコでたら買ってみたいですね。あ、電子タバコがそうなのかな?
2012/02/27(月) 08:49 | URL | 夢みる廃人 #Ots9DzJY[ 編集]
おさるも若かりし頃はすぐにやめられると思っていました。
ところがどっこい、気が付かない間にどんどん本数は増え、やめられないところまで落ちていました。
毎日自分が嫌になるくらいやめたいのにね。
2012/02/27(月) 19:35 | URL | おさるでござる #-[ 編集]
こんばんは。やっぴえろさん

たばこは、においも嫌いで私は吸いません
どうも、たばこを受け付けない体質のようです
が、そんな私ですが・・・
男性が一番カッコ良く見えるのは
たばこを吸っている時だと思うのです
歩きながらのくわえたばこは、許せないけど最高です(笑)
たばこが世の中から無くなってくれたら
スッキリするだろうな~と思う反面
たばこ男子がいなくなるのは、さみしい・・・
これこそが矛盾だ~と感じています(笑)
記事には関係ない話でした、すみません^^;

それから、こちらのブログを
こそっと、リンクさせて頂きました
もしご都合悪かったらお知らせ下さい
2012/02/27(月) 21:30 | URL | 小桜 #-[ 編集]
こんばんは、夢ちゃん!

嗜好品であるか、麻薬であるかは、
今のところは個々で判断するのがよいと思います。

とりあえず、僕としては、
答えを押しつける気はないので、
自由に判断してみてくださいね^^

それと、僕のイメージでは、
安全なタバコと電子タバコは、やや違う感じがします。
理由は、薬理作用と体への害の部分ですかね。

何か義務感を感じてしまうのかなぁ?^^
コメントは、全然、
気楽に考えてくれて大丈夫ですよ^o^/
2012/02/27(月) 22:34 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、おさるさん!

>毎日自分が嫌になるくらい
>やめたいのにね。

これ、ものすごーく気持ち分かります。

やめたいと思ってやめれないと、
自己嫌悪の繰り返しなんですよね…

だから、少しでもお力になれればと、
ブログやメルマガを運営してるわけなんですよ。

大丈夫ですよ、おさるさん!
ドラえもんが見守ってます^^
2012/02/27(月) 22:40 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
こんばんは、小桜さん!

初コメありがとうございます。
歓迎いたします^o^/

そうですか、
たばこ男子が好きですか…
そういう方も、いるのでしょうね^^
僕も格好いいと思っていました。

しかし、歩きたばこは、
そのうち軽犯罪くらいにはなるかもしれないなぁ~
と予想しています。
もちろん、まだまだ時間はかかると思いますが^^

それと、リンクは歓迎です^^
こちらも貼らせて頂きました。

気づきませんで、申しわけありませんでした。
相互リンクということで、
今後とも宜しくお願い致します^o^/
2012/02/27(月) 22:49 | URL | やっぴえろ #-[ 編集]
URL:
本文:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド