さらにディープ、たばこの歴史

放送作家による禁煙総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2016/12/09(金)
堕落した仏教国』。

何となく不名誉な響きにも聞こえますが、

わが国日本は、宗教という観点においてそう呼ばれることがあります。



お盆の送り火や迎え火も焚きますし、

葬儀や墓参りなども、仕来たりに従って行いますが、

私も信心深い方とは言えず、

我が家の宗派も、祖父が亡くなった時に始めて知ったくらいです。



中東において同じように

堕落したイスラム国などと揶揄される国があります。

一時、世界に覇を唱えたオスマントルコ帝国の流れを継承した

トルコ共和国です。



現在のトルコは世界的に見ても、

煙草に対して寛容で、喫煙者は多い国とされていますが、

オスマン帝国時代には、

積極的に煙草を処罰し弾圧した中興の祖がいました。


ムラト4世と言います。

その行動に見えるイスラム社会における煙草の位置付けとは。。。




>> 「スルターン・ムラト4世のたばこ弾圧」 の続きを読む
2016/11/04(金)
連想ゲームといクイズ番組はご存知ですか?

1969年から1991年頃まで、

NHKで放送されていたクイズ番組です。



この番組のコーナーでスリーヒントコーナーというのがありまして、

クイズの答えを知る紅白それぞれのキャプテンが、

解答者に対して、答えを連想出来る3つのヒントを出すコーナーです。



例えば、みなさんは、

小説家』、キューバ』、老人と海

と言ったら何を連想するでしょう。


この場合、私が連想させたかった答えは、

アメリカの大小説家

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイです。



彼は、その自由なライフスタイルから、

一部で生粋のヘビースモーカーというイメージを持たれているようですが、

実は、それって作り上げらえた幻だったりするようなんです。





>> 「ヘミングウェイの幻」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学

2016/09/30(金)
チューリップ・風車・木靴

オランダと言ったら、こんなイメージでしょうか。



今でこそ、あまり縁がないような気がしますが、

日本がオランダの影響を強く受けていることは、

歴史に詳しい方なら、ご存知かと思います。



15世紀中ばから17世紀頃までと言われる、

ヨーロッパ列強がアフリカ・アジア・アメリカなど、

未開の大陸へ向けて探索航海をした大航海時代



結果的に、オランダイギリスと並び海の覇者の一角を成します。

このことは同時に、コロンブスかヨーロッパに持ち帰った煙草を、

世界に広める一翼を担っていたことになるのですが。



煙草とオランダ、日本の関わりとは?


>> 「大航海の覇者オランダ」 の続きを読む

tag : 歴史もの 社会運動・規制などの動き

2016/09/02(金)
先頃、マイアミ・マーリンズに所属する日本の現役大リーガー、

イチロー選手が3000本安打を達成しました。

おめでとうございます!


同じ日本人として鼻が高い気分になりますよね。



もちろん、私たち凡人とは違って、

彼は才能に溢れたスーパースターなのですが、

一流の人間て何をさせても、凄い能力を発揮してしまうような

気がしたりはしませんか?




全く分野は違うのですが、

江戸時代には狂歌という一風変わった和歌の形がありました。


今は廃れてしまったのですが、当時は爆発的な人気を誇り、

この火付け役の一人とされるのが、

大田南畝(おおたなんぽ)という人物でした。

またの名を、蜀山人四方赤良ご存知でしょうか?


南畝といえば、江戸文化が一番華やいだ時代の中心人物なのですが、

9割と言われる江戸の愛煙家たちの中で、

声高に嫌煙を訴えた人物でもあったようです。



さて、彼独特で才能あふれる嫌煙への苦言とは?



 
>> 「大田蜀山人。江戸の五時から男は嫌煙家」 の続きを読む

tag : 歴史もの 社会運動・規制などの動き たばこの雑学

2016/07/29(金)
政治家はモラリストである必要はない


そういえば、子供の頃読んだ歴史小説の中に、

そんな文言が綴られていたような気がします。。。



組織においては、

競争に勝つために、時にモラルを捨てることで這いあがり、

それにより時の実力者となる人物を見かけます。



みなさんご存知、

明治・大正を代表する小説家、森鴎外

実は、その一人と言っていいかもしれません。



鴎外は時折、同時代の夏目漱石と並び評される文豪ですが、

彼は陸軍軍医として、官僚としても、

国のトップへ上り詰めた人物であることはあまり知られていません。



そして、鴎外は大の愛煙家であり、

嗜好品という言葉の生みの親だったりするのですが。。。

彼の抱えた光と影

煙草のエピソードと共に少し覗いてみたいと思います。




>> 「たばこの匂いの軍医・森鴎外の光と影」 の続きを読む

tag : 歴史もの

Before  | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド