さらにディープ、たばこの歴史

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2017/05/12(金)
少し前にWBCもありましたが、

野球やサッカーなどの国際試合を見ていると、

だとか大和魂のようなナショナリズムめいたものを

感じずにはいられませんよね。


私もテレビの前で思わず興奮していました。



これって、つまりはイデオロギー

少し難しい言い方になりますが、

歴史を重ねて積み上げた民衆の意識

が根底にあったりします。



祭などの催し物も、同じように子々孫々へと受け継がれながら

信仰心や地元魂がその中核にあることが多いのですが、

前回触れた秦野たばこ祭という

インパクトのある名のお祭りもやはり例外ではないようです。



かつて秦野が、日本タバコ農業の中心だったことから起こり、

この地で受け継がれてきた秦野たばこ祭』。

その成り立ちや変遷は一体どんなものなんでしょうか?




>> 「タバコ農業の中心地で引き継がれた祭り」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 歴史もの 社会運動・規制などの動き

2017/04/28(金)
海外の方から見ると日本人はお祭り好きなんて言われます。

私の住む町でもそうですが、言われてみれば春夏秋冬、津々浦々。

いくつものお祭りが、人々を楽しませているように思います。



その中のお祭りの一つに、

秦野たばこ祭というのがあるのはご存知ですか?

暑さの和らいだ9月の終わり頃、年に一度、

神奈川県の南西部に位置する秦野市で盛大に開催されるお祭りです。



祭りの起源は、

秦野の地がかつて日本有数のタバコの産地であったことからで、

同時にこの地で育てられたタバコ葉は、

日本三大銘葉の一つにも数えられました。


今回はその秦野におけるタバコ産業の盛衰のお話となります。




>> 「日本三大銘葉『秦野葉』の盛衰」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学

2017/03/31(金)
近年ではアイコス」「プルーム・テック

そして新たにグローといった加熱式たばこが登場したことにより、

また喫煙の形が多様化されつつあります。



世界各地で独自の発展を遂げ、

地域に根付くことの多い煙草文化ですが、

そんな中の一つとして挙げられるクレテック煙草という形式。

どこかで聞いたことがあるでしょうか?



形状や使用方法は、

一般的なシガレット(紙巻きたばこ)と変わりませんが、

製造過程において、タバコ葉の中に

香辛料の一種であるグローブ(チョウジ)を混ぜることで、

独特の甘い香りと味わいのある煙草で、

主にインドネシアを中心に愛されています。



クレテックは今のところ、日本でも煙草専門店に行けば手に入るのですが、

例えば、ブランドの一つであるガラムという名前を例に挙げた方が、

ピンと来る方もいるでしょうか。



今回はそんなクレテック煙草

今も煙草天国と言わるインドネシアのお話です。




>> 「クレテック煙草とインドネシア」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学 社会運動・規制などの動き

2017/02/24(金)
実体験を伴わない机上の理論より、

体験者が語ると話と言うのは、

より熱を持ち心に響くものではありませんか?



前回口寂しさからの煙草は、赤ちゃんのおしゃぶりの様なもの

というお話をしましたが、

実はこの理論も提唱者である精神分析医フロイトが、

喫煙者をバカにした発言ではなく、

実体験に基づいたものだったようです。



ご存じな方もいらっしゃるかもしれませんが、

フロイトは生粋のヘビースモーカー


彼の時代は、薬物依存の研究がまだ確立されておらず、

それにより、使い方を誤ったことで、

ニコチンをはじめ、幾つかの薬物に彼自身は生涯苦しめられたようです。


前回の流れを汲んで、

今回はヘビースモーカー、フロイトと薬物の関係

ひも解いてみましょう。




>> 「偉大な精神分析医フロイトの薬物依存」 の続きを読む

tag : 歴史もの たばこの雑学 煙草の有害性

2017/01/13(金)
悪魔の証明って、

みなさんはご存じですか?


簡潔に言うなら、それは

『ある事実・現象が「全くない」ということを証明するは、とても難しい』

ということです。


例えば日本に野性のオオカミが生息するか?という問いに、

『いること』を証明するには、

たった一匹、野生のオオカミを見つければ済みますすが、

『いないこと』を証明するには、

日本全土を調査しなければならず、

証明はとても困難ということです。



これと同じように、歴史を考察した場合、

なかなかそういった事実はなかったと証明するのは、

難しいのですが、状況証拠のように事実を組み合わせていくと、

何となく疑問に対する真実を推測することが出来ます。



織田信長、豊臣秀吉、徳川家康

御三家ともいわれるこの天下人たちは、

時に喫煙者であったともなかったとも言われます。

果たして、どちらなのでしょうか?


真実こそ定かではないのですが、

歴史的な背景を元に悪魔の問いに挑んでみましょう。




>> 「信長・秀吉・家康三大天下人とたばこの流行」 の続きを読む

tag : 歴史もの 禁煙開始

Before  | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド