ちょっとブレイク、たばこの雑学

放送作家による禁煙と煙草の総合サロン!美容・健康情報もプラスして配信中!
★禁煙所はこちら☆スポンサーサイト★
☆★☆★☆いらっしゃいませ!☆★☆★☆

☆お客さまへ☆
◇やっぴえろの禁煙ブログ『禁煙所はこちら』では、あらゆる角度から、
  『禁煙』『たばこ』及び関連の深い『健康』『美容』について考察しています。
 どうぞお気軽にコメントなど書き込んでいってください。
  (※但し、誹謗・中傷・宣伝などは禁止とします。)
◇尚、当ブログ内の文章・画像・その他の著作権は管理人に帰属いたします。
   無断での転載はご遠慮ください。
  
☆管理人 やっぴえろ☆ 
2016/10/07(金)
自由の国と言ったら、

みなさんはどこを連想するでしょうか?


普通なら、アメリカが脳裏に浮かぶのでしょうが、

実際、日本から移り住むと意外に自由ではない

印象を受けることがあるそうです。



その一方、欧州において自由の国として知られる国があります。


それがヨーロッパの小国、オランダ


みなさんもご存知の通り、大麻(ソフトドラッグ)が合法で、

その他でも、日本人から見ると驚くようなものも認められたりしています。



これには、オランダという国の文化の成り立ち、物の考え方が、

大きく影響しているのですが、

そこには、煙草に対する考え方のヒント

もあるような気がします。



さて、オランダの特有の「容認の文化」とは?



>> 「大麻、売春、安楽死はオランダでは合法。たばこは?」 の続きを読む
2016/04/15(金)
生兵法は大怪我のもと


とても有名なことわざなので、

みなさんも聞いたことがあるでしょうか。



生兵法とは、

まだ熟していない未熟な状態のことを指し、

これを同様に用いた熟語が生意気生半可』。


すなわち生兵法は大怪我のもととは、

浅い知識のみに頼って、戦術や用兵に用いることを言います。



さて、みなさんも何処かで聞いたことがあるかもしれませんが、

市販の煙草を水にしばらく浸して、出来上がったニコチン液

即席の殺虫剤として効果を発揮するそうです。


これを知ってか、家庭菜園

はたまた無農薬農業と称してこれを使用する方もいるそうですが、

実際にニコチンは猛毒ゆえに、農薬登録を抹消せれた物質。

かえって危険なのだそうですよ、、、



>> 「ニコチンは農薬登録抹消の毒」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 社会運動・規制などの動き 煙草の有害性

2016/01/15(金)
あなたは社交的な方ですか?


もちろん状況にもよりますが、

基本的には、私はあまり人見知りをしない性格のようで、

初対面でも、わりと言葉のキャッチボールが出来たりします。



社交的を表す英単語と言えばソーシャル』。

この言葉自体はソーシャル・ネットワーク・サービス

いわゆるSNSなどでも、みなさんご存知かもしれません。



煙草は昔から社交の道具と主張されているせいかもしませんが、

実は喫煙者の一つの形態として、このソーシャルを取り、

ソーシャルスモーカー』=社交的な喫煙者

という言い回しが存在したりします。



立場としては、

非喫煙者以上、喫煙者未満

といった所になるでしょうか?


海外ではわりと使われる単語なのですが、

日本ではあまり。。。ですよね?

なのでここは、喫煙を理解する上でその意味と影響に迫ってみましょう。




>> 「元喫煙者はソーシャルスモーカーになんてなれません」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 煙草の有害性 科学的なたばこの検証

2015/09/22(火)
韓流


一時のような過熱ぶりは、やや遠のいた気もしますが、

みなさんも好きな映画やドラマ、

音楽なんかが、一つくらいあったりすることでしょう。


この韓流ブームと言わるもの。

実は、韓国政府が外貨獲得のため、政策として推し進めたもの

だというのはご存知でしたか?



良きにせよ悪きにせよ、

おとなり韓国は、サッカーやフィギュアスケートなど、

もともと、スポーツシーンにおいても日本とはライバル国。


しかし、このブームによって、文化的な交流も、

かなり盛んになったように思われます。




そして、そんな同国の文化の中でも、

むかしむかし、虎が煙草を吸っていた頃。。。

実は、韓国の昔話はこんな出だしで始まるものが多いそうです。



煙草を吸う虎』???

一体、何のこっちゃ?ですよね?

何故そのような形態をとるようになったのか、

ここは紐といてみましょう。




>> 「韓国の虎は煙草を吸う?!」 の続きを読む

tag : たばこの雑学 社会運動・規制などの動き 禁煙開始

2015/09/18(金)
『ふ、シャバの空気は美味いな。。。』


そう呟きながら、服役を終え釈放された囚人が刑務所を出ると、

おもむろに煙草に火をつける



以前は映画やテレビなどで、よく見かけたシーンですよね?



外国映画などでは、刑務所内でも、

入手した煙草や酒を飲んでいるなんて設定もあったりもしますが、

今は世界の監獄の類は大多数が禁煙とされているようです。



日本でも、以前は留置所への煙草の差し入れが、

法律で認められていましたが、

実は近年、これも変更となりました。


さてでは、現在の刑務所、拘置所、留置所。

監獄の喫煙事情はどうなっているのでしょうか。




>> 「逮捕された時点から完全禁煙」 の続きを読む

tag : 社会運動・規制などの動き たばこの雑学 禁煙開始 やっぴえろのポツリと

Before  | Copyright © 禁煙所はこちら All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド